の・・・乗り切った・・・

今月はとにかくごっちんイベがあったり、仕事がテンパるくらい忙しかったりと、
例年にない濃密な6月だったわけですが、な、なんとか乗り切りました。(自分に拍手
これも月初めにごっちんイベがあったおかげですかね。(わら
とにかくヲタとして、ある種引き返せない道に入ったようなので、このまま突き進むことにします。
あ〜どんどん落ちていくな・・・。(汗;

そんなわけで娘。コンの振込みと会員の更新をして、さらに8月にあるごっちんのカジュアルディナーショーに
申し込み完了しました。
え〜クジ運が悪いと自覚している自分ですが、それでもどこか当選の文字を見たいと思っているので、
どうか神様見捨てないでください。(懇願

忙しい中並行していた作業も大詰めに入ってきました。
細かいところまで間に合うか怪しいですが、なんとか・・・というところ。
仕事は乗り切ったが、あとはこちらに集中して作業かな。

我、覚醒せり

カジュアルディナーショーだと〜〜〜応募するっちゅうねん。(わら
そりゃ横浜イベよりは格段と倍率高かろうが、値段が高かろうが行けるもんなら行こうじゃないか。
遠征がなんぼのもんじゃい。(わら
意外と高速バス平気だったから自信が付いたっつうの。
っていうか、飯食ってアコースティックなライブを目の前で聞けて、握手やポラまで撮れるんなら、
1万4千円なんて安いもんじゃね〜?
かえってハワイツアーとかより濃密な時間過ごせそうなんですけど。
ということでダメ元で応募してみます。
いや〜握手という禁断の果実を経験してしまうと、人は落ちていってしまうものなんですね〜。(わら

なお、ガキのイベにゲストなどとふざけた事やってる事務所には憤慨。
ゲスト扱いとはどういう了見やねん。
そんな事やってるより、早くソロコン予定立てろっつ〜の。

はてなユーザーじゃないけど・・・

巷のブログで回されてる「Musical Baton」なるものが、敬愛するzeinさんからご紹介されたんで、
せっかくなので書いてみます。
こういうのはモロ世代が出るものなので、ちょっと怖いっすね。(汗;

○Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
純粋な音楽ファイルは573MBでした。
ラジオ音源だけだと3.68GBですかね。
これでも外部HDDに結構移したんでもっとあると思います。
基本的にPCでは音楽聴かないので、もっぱらラジオ流す程度かな。
マイオーディオルームは車なんで、MDかCDばっかりです。

○Song playing right now(今聞いている曲)
推しの曲と書きたい所ですが、今はCherish(大塚愛 for TRAPNEST)ですかね。
ライブで聴いてから最近はこの曲ばっかです。
ちなみにNANAなる少女マンガは一切興味なし。(汗わら
ま、自分の音楽スタイルはちょっとでも耳に残る曲は聴く人なんで、色んなアーティストのシングルを
まとめたMDとかを車中で聴くって感じです。
節操なく書けば「流行はとりあえず聴く」みたいな。(わら

○The last CD I bought(最後に買ったCD)
DVDはそれこそ毎月のように買うんですが、CDはよほど気に入ったものしか買わないですね。
大概はレンタルで済ますんですが、とりあえず最後に買ったのは後藤真希の「3rd ステーション」かな。
一応推しは抑えときます。(わら

○Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
ここら辺で世代の違いみたいなものが出るんでしょうが、とりあえず自分の中のベスト5で
いきたいと思います。

No.5 浪漫飛行 / 米米クラブ
自分が初めて買ったCDです。(わら
CMで流れていたのを当時はかなり気に入って聴いてた覚えがありますね。

No.4 Missing / 久保田利伸
バラードでは外せない御大久保田利伸の珠玉のバラード。
R&Bを日本人がここまで体現できるのはこの人以外いないでしょうね。
ソウルフルな楽曲ももちろん好みでドライブサウンドとしてもいいんですが、この曲は別次元。

No.3 GOING 2 DANCE / trf(現TRF)
小室ファミリーの隆盛を築いたユニットで、個人的に好きなノレる音楽として嗜好がぴったりな
サウンドを提供してくれて、いまだにたまに聞くとサウンドが色褪せてないというのが感じれる
とにかく自分の青春の1ページに燦然と輝いてますね。
その記念すべき1stシングルなんですが、世間的には「EZ DO DANCE」がブレイクした曲に
なってるんでしょうね〜。
ちなみに自分はちゃんと1stシングルから注目してましたよ。

No.2 さよなら、友達にはなりたくないの / 後藤真希
ここで推しであるごっちんの曲。
PVの完成度と楽曲の完成度が自分の中では高水準で融合した楽曲で、もちろん鬼爆リピート
しまくった曲です。
ま〜「スクランブル」も捨て難いんですが、PV込みでこの曲です。

No.1 先輩 〜LOVE AGAIN〜 / カントリー娘。に紺野と藤本
今のところハロプロ内でこの曲ほどハマリまくった曲は出てないです。
これもPV・楽曲から言う事無しな出来。
うちのサイトでも作った壁紙の力の入れ具合で分かってもらえると思います。
PVの仲良し5人組の画も、それぞれのキャラクターが活かされてると思っているのですが、
自分の中では勝手に藤本とあさみが高2、里田が高3、紺野とみうなが高1って設定で見てたりします。

○Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5人)
ん〜残念ながら他のサイトさんにほとんど書き込みしない人なんで、残念ながら自分からは
渡す人がなく(汗;)、流れを止めちゃいます。

ミラクルルン

娘。コン秋は1公演のみの申し込みだったんですが、これまた無事当選。
期せずしてミラクルとして加入なる久住の真価をこの目で見れそうです。
期待過多で行くと肩透かしくらいそうなので、傍観者としての視点になりそう。

オリコンランキング至上主義者の方々には申し訳ないんですが、当方全くランキングに興味なし。
よくニュースで取り上げられる連続1位だとか、デビュー以来云々とかね。
でもさ、そういう方々の曲って初登場1位取るけど、記憶に残ります?
ヒット曲の指標としてランキングも目に見える形としては意味も分かりますが、
ヒット曲っていうのは、後々でも思い出されるような曲じゃないかなと。
商業的にはそれじゃダメなんでしょうけど、個人的には記憶に残る曲を出していって欲しいし、
それに対して数字が乗ってくれば言うことなしなんでしょうね。
一般層がハロプロ勢の中で、記憶と記録(数字として)としてある曲は「ラブマ」くらいでしょう。
推しとしては特にも記憶に残る曲をごっちんに出してほしいと切に思うわけです。
ランキング1位を目指すために大人買いしたりするのも気持ちは分からないでもないですが、
ファンが独占するのは一般層への請求機会も失うことに繋がってると思ってほしいですね。
昨今のハロプロ初回リリースは、完全にファンアイテムと化している上、出荷枚数も抑えている中、
ヲタが買い占めるという状況は、市場の縮小化に拍車をかけるだけのような気がします。
すでにマニアックな戦略に走っているUPWと、それに追随するヲタ。(自分も含めてね)
その先に待ってるのは必ずしも明るいとは言えないんじゃないかなと思います。

そんな接点が・・・

最近お気に入りのラジオ「FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ」なんですが、21日放送で初めて
行ったコンサートの話をしていましたが、村さんが初めて行ったコンサートが仙台サンプラザの
安室奈美恵のライブだったとは。(驚
なんだよ、自分も行ってったっちゅうねん。(わら
ま、自分もそのライブで大ハマリして、わざわざ産休前のドームツアー行ったっちゅうねん。(わら
いや〜世間は広いようでやっぱ狭いのかね。
今じゃライブする方と見る方になるとはね。(わら
ちなみに自分が初めて行ったコンサートは・・・時代背景がモロバレになるので割愛。(汗わら

プレッシャーが・・・

ちょっと愚痴っぽくなりますが、いやなに仕事が忙しいわけですよ。
自分の仕事でも精一杯なのに、部署内を総括的に見たり(上司居るのに・・・)、
諸会議の資料作り(これも内容から進行・準備まで)と社長直々に言われるわけでして、
正直オーバーヒートしかけてます。
ただでさえ定例会議の資料も作ってる中、年1回の会議の資料と通常作業と山積みでして、
まあこれも使えない女子社員・直属の上司がいるせいでもあるんですが、
ま、自分で言うのも何なんですが仕事は早いんですよ。
ちゃんと一日の仕事量もスケジュール組んでやってるわけですよ。
でもね〜いかんせん他の人の仕事や、あまつさえ総括的に見てる余裕なんて無いっちゅうねん。
そういうわけでストレス溜まりまくりです。(汗;
やっぱ、疲れてる時こそハロプロで癒されないと・・・「法律相談所」・・・
ははは、追い討ち喰らった気分です。(汗わら
なにノロケ話はいいですよ、ただ今だどうしても責任の取り方にすごい不満。
だもんで逆に茶化されると負の感情が湧き上がりますね。
やっぱごっちんに癒されよう。(わら

実にサイト内は全くもって手付かずですが、カウントダウンは始まっております。
仕事に追われつつも頑張りますよ〜。(わら

シャッフルって・・・

ん〜今回は推しが参加してない事もあって、興味が大分薄いのですが、
案の定PJ見ててもなんかこうビビッと来るものがなく終わっちゃいました。
ま、こういう事は発表された時点で大方の予想通りだと思うのですが、
御大4人組のプリプリピンクがトーク絶好調でした。(わら
やはり番組的にも残りの2組からは大してトークも弾みそうもないのは明白なので、
対メディアを上手に利用できてないなと実感。

で肝心の曲ですがエレジーズ以外は初見だったんですが、ん〜なんかグッとくるものが
なかったのが正直なところ。
基本的にノリがいいのが好きなので、やはりエレジーズかな。
PVもかなり凝ってたので、映像ヲタとしては他のユニットのPVも楽しみです。

ちょっと他の作業しながら「インジビブル」見てたんですが、男なら一度は夢見るであろう
透明人間ですよ。(わら
実際問題夢物語なのは分かっていますが、「あ〜透明人間だったら・・・」と思うことは
一度や二度あるはず。
ま、大概よからぬ考えなんですけどね。(汗;
あえて何したいかは書きませんが、想像通りだと思います。(わら

ジャケ写が・・・

やばい、ごっちんの新曲「スッピンと涙。」のジャケ写。
良曲なのはイベで確認済みなんですが、ジャケ写だけでも買えるなこれは。
久々にシングル買いそうです。(汗;
なんていうか前にも増して「色気」が出てきましたよね。
あ〜一線を超えたヲタは落ちる所まで落ちそうです。(わら

反動?

濃密な時間を過ごしたせいか、いざ仕事となっても身が入らずいまだ夢心地なんですけど、
サイトの方もまったりと作業中。
といってもアクセ関係は全く作業しておらず、目下別の事に追われてましてこれまた
書籍や解説サイトも見ながらの作業。
今回のはスケジュールの都合もあるので、あんまりのんびり作れない関係上、
アクセ関係がさっぱり作れない状況下にあります。
そんなこんなでもしアクセ関係を楽しみにしていただいてる方がいましたら、今しばしお待ちを。
お待たせしてる分、力(リキ)入れて作りたいと思います。
ま、ライブ関係も8月まで何にも無いし、少し集中して作れるかな。

熱き試合!

第2回フジ739カップ見ました。
いや〜格段にレベルアップしてるっていうか、やはりガッタスとカレッツアが戦術・テクニックとも
他のチームより上ですね。
まだ他のチームはボールに2・3人群がる感じですが、ガッタス・カレッツアはポジショニングを
ちゃんと取ってるようで、指導者の力加減が分かるというもの。
適当にボールを蹴るのではなく、意識を持ってパスワークをしているのがこの2チームだけだと
思いました。
CHOOPは混成チームのせいか、チームワークがやはりないですね。
個々の能力は高そうですが、これでチームとしてプレーしだすと、カレッツアより怖いかも。
対してカレッツアは、やはり小島頼みというかワンマンチームだというのがよりはっきりしたかな。
同レベルとまだ行かなくても、追随できるメンバーがまだ居ないというのが現状か。
ま、今回キープレーヤーらしい人が不在っぽかったですが、小島を抑えればそんなには強い
チームとはいえないんじゃないかな。
で我らがガッタス、どうしても贔屓目で見るせいかもしれませんが、選手層は大分厚くなったかな。
レギュラーメンバーは、藤本・石川・吉澤・里田でほぼ決まりでしょうか。
とはいえベンチスタートのメンバーとの実力差は僅かのような気がします。
特にもPK戦で一躍ヒロインになったみうな、対ドリーム戦などでのスルーパスは感嘆に値するもので、
パスの正確さはいいものを持っているんじゃないかなと。
それと紺野のレーザービームのようなロングパスはびっくりした。
山なりなパスではなく、野球でいうバックホームへの返球のような鋭い弾道で度肝を抜かれました。
娘ドキュでも練習してましたが、実際の試合中には活かされてなかったようなので
(逆にカレッツアにやられてましたね)、肩の強い紺野のパスも大きな武器なのかなと。
それと覚醒した感もあるあさみ。
ストライカーとして欠かせない存在になったんじゃないかな。
是永頼りのチームではなくなったと思います。

決勝はさすがに見応えがありましたね。
因縁の対決、ライバル同士の対決と言われるいわば女子芸能界フットサルでは2強のチーム。
試合展開もライバル心むき出しというか、負けられないという強い意志が感じられた好ゲームでした。
今回の放送前に結果は分かっていながらも、お互い何がしたいのかが分かる戦術プレーの数々に、
遊びでやってるんじゃないんだなと改めて思いましたね。
結果試合では2-2のドローで決着はPK戦にかかってきたんですが、これも結果分かっていながらも、
一喜一憂し、選手の緊張感が伝わるものでした。
両チームの選手も責任・プレッシャーの中、泣きながらでのプレー・応援でしたが、今大会の
MVPともいえるみうな。
あの空気の中、自ら志願してPKに挑む心境はどれほどだったんでしょう。
最後は技術云々より精神力の差で勝った気がします。

次大会は7月。
今度は追われる立場になるガッタスですが、是非とも縁起のいいお台場での試合。
初優勝の感動をもう一度お願いしたいところです。

充実の2日間!

金曜深夜から日曜朝まで実に夢心地を味わい、また観光スポットを巡って小旅行を満喫したりと、
過去例を見ない濃密な時間を送ってきました。
ま、帰ってきてからも興奮冷めやらずといった感じだったので、夜行バスで十分寝れなかったのに、
日曜も家でゆっくりするわけでもなく映画見にいってきちゃいました。
かねてから見たかった「電車男」なんですが、うまい具合に映像化されていたので、
十分納得出来る作品でした。
ポイントはちゃんと押さえてあったし、文字のやり取りをうまい具合に視覚化され、
無機質を感じさせるデジタル感を逆に人間味溢れる表現だったのは非常におもしろかったですね。
映画・ドラマ化のためか原作本と告白の場面は大分違い、一度主人公に挫折を味合わせてますが、
原作のテイストは残されていて(当たり前か)、これはこれでアリかなと。
しかし原作読んでてエルメス像はずっと「中谷美紀」だったから、改めて映像化されると
なんか不思議な感じでしたね。
ま、残念ながら映画という時間の制約か、エルメスの友人との会食シーンがしただけで、
その後の住人とのやり取りには全く影響されずちょっと残念。
また原作は「電車男」側での話のため、エルメスさんの心の変遷が見えないのも残念かな。
ここら辺は最後にチラッと映ったTVドラマ版のキャストに期待したいところ。
もしかしてドラマ版でのカコイイリーマン役は、映画版の主人公になるのかな・・・。(期待
まあ「電車男」自体がフィクションかノンフィクションかは問題ではなく、自分の心に響くものが
確かにそこにあるのは事実で、ネットコミュニケーションの良さが出てる気がします。

さて肝心の横浜レポ。
長くなる事必死なので、飽きたら飛ばしてね。(汗わら

まずは10日深夜の夜行バスで現地入りを目指す。
初利用だったんですが、これは確かに熟睡できないっすね。(汗;
肩・腰が悪い人は堪えますね。
で11日6時頃には横浜着。
さすがに朝早いせいか閑散としています。
イベント自体は2回目なので午前中は完全に観光モードなんですが、
どこの観光地も大概10時頃開くので約3時間は時間潰ししないといけません。
あいにく空模様は芳しくなく小雨が降っている感じ。
とりあえず横浜中華街には行こうと思っていたので、まずは外へ。
が悲しいかな横浜駅構内から脱出出来ず(汗;)、ポルタ・そごうを外周する羽目に。
初っ端から田舎者丸出しです。(汗わら
なんとか東口から新高島方面へ脱出、とりあえず現場見ておこうと思い一路横浜BLITZへ。
実際移動してても思ったんですが横浜駅から近っ。
すぐ見える場所にあって全く苦労もせず発見。
決戦の地を横目に見つつ、近くのコンビニで朝食を買い、天気は悪いが臨海パークへ。
臨海パークまでの道中、天気も回復し横浜ベイブリッジを見ながらベンチに腰掛け朝食。
曇天ではありますが清々しい朝食となりました。
そこで7時30分頃まで時間を潰しましたが、手持ちぶたさになったので腹ごなしに散歩しようと、
中華街方面へ出発。
とりあえず今度の目的地は赤レンガ倉庫かなとし、港沿いを散策。
ランドマークを仰ぎながら赤レンガ倉庫に無事到着。
着いてもまだ8時・・・体力温存と思っていたが時間潰しを考えて一気に横浜中華街を目指すことに。
さすがにだんだんと蒸し暑くなってきた頃、山下公園に到着。
ここでベンチに座りさらに時間潰し。
ガイドブックに氷川丸の営業時間が9時半からみたいなので、まずは氷川丸乗船。
さすがに若い人は居ません。(汗;
すごく浮いております・・・特段船が好きでもないので感慨もなく一回りして終了。
時間もやっと10時を回ったので中華街へ。

今回中華街へぜひとも行きたかったのは、4/3ハロモニでの5周年SPでの新垣ツアーの場所を
実際に行って見る事。
まずは「ブタまんの江戸清」。
場所もなんなく発見したんですが、番組でも取り上げられてた通りあまりのでかさに買い食いは躊躇。
次に「老維新號」を目指したんですが一旦通り過ぎちゃいまして、再度ガイドブックみながら探索。
意外と小さい店でした。(汗;
飯田さんが振り回したと思われるヌンチャクは発見しましたが、真似はしてきませんでした。(わら
続いて「横浜大世界」に移動する前に「関帝廟」に寄り道。
中華式の参拝をしつつお願い事をしてきました。
で「横浜大世界」へ移動、京劇見ようかと思ったのですが、時間の折り合いがつかず断念。
とりあえずお土産をこちらで購入してきました。
時間もお昼になる前に早めに取ろうと思いまして、中国料理世界チャンピオンの店「皇朝」へ。
正直味に疎い自分はよく分からなかったが、マンゴープリンはめちゃうまかった。(わら
イベント時間への調整のため中華街近くのゲーセンでMJ2をプレイ。
2局ともコテンパンにやられる・・・っていうよりリーチ後の振込みはしょうがない・・・。
という事で時間も時間なのでみなとみらい線で一旦横浜駅に戻り、荷物をロッカーに預けて、
横浜BLITZへ徒歩移動。
2時15分頃到着したんですが、すでにぞろぞろとヲタの集団が。(ま、自分もその一人なんですが)
記念にポストカードとトレーディングカードを1セットだけ買って開場待ち。
この辺りからいつものライブ参戦とは違った緊張をしてきました。
以下バレ含みなので追記に続く・・・
<いざイベントへ>
開場15時でしたが遅れ気味で開き、身分証・チケット・有効期限等々チェックされ入場。
事前に確認していた座席へまっすぐに進む。
完全に後方な上、前の座席に自分の2倍以上あると思われる巨漢ヲタが。
とりあえずシャツの重ね着は勘弁して欲しかった。(汗わら

イベント開始を心待ちにしていると暗転していよいよごっちんの登場。
あ〜もうね〜やばいっすね。
なんかライブだけだと曲に集中できるんですが、メインイベントを考えると変に意識するというか、
緊張感があるというか、はたから見たらノリが悪いだけだったかもしれません。
サイリュムも準備してたけど、とりあえず要所要所の拍手で精一杯でした。(ヘタレだ・・・

イベント自体はごっちん登場の挨拶後、なにやら拉致される風な映像を見せられ、スクリーンの
後ろから椅子に座ったごっちん登場。
そのまま取り調べ風の質問応答コーナーへ。
その後MC役のお笑いコンビが登場し、先程の質問応答に対しての補足。
終始納豆話で終わったような感じですが、その後の映像もごっちん流納豆の作り方みたいな
VTRだったので今回のイベントは納豆を推すようです。
再び登場後は、このイベントの為に練習してきたというマジック披露のコーナー。
正直ネタはバレバレでしたが(帽子の中でカップの音が鳴るのは・・・ご愛嬌)、
ごっちんが可愛いので許す。
ライブ前にそのマジックの練習風景がスクリーンに映し出されたんですが、練習着に萌え。
と同時にマジシャンが羨ましいね〜。
何か芸の一つでも身につけておくといい事あるんだなと。

あ〜そうそう今回ミニライブの選曲はファンの握手の大きさで決めるということで、
「溢れちゃう...BE IN LOVE」・「ペイント イット ゴールド」・「横浜蜃気楼」から
2曲との事なんですが、自分は「ペイント〜」・「横浜〜」に拍手。
見事この2曲が選ばれました。
セットリストですが、なんと待望の3rdアルバムから「19歳のひとり言」、「ペイント イット ゴールド」、
「横浜蜃気楼」、新曲の「スッピンと涙。」の4曲。
「19歳のひとり言」と「スッピンと涙。」が聞けたのはうれしかったですね〜。
本人もMCで言ってましたが19歳のうちに歌えた事が良かったみたい。
新曲もセミバラードっぽい感じで、なによりピアノの旋律がいい雰囲気です。
またひとつ良曲が誕生したって感じ。

さてライブも終わってごっちんが袖に下がると、お笑いコンビが登場して場繋ぎ。
っていうかいよいよだと思うと耳に入らないっすね。
そんな感じで準備が整い、ごっちんもスタンバイすると2階席から握手開始。
自分もすでにうっすら手の平に汗かきつつあるんで、必死に押さえつつ順番を待つ。
1階後方なんでもちろん終盤なんですが、終盤なほど握手していく方々を見ているので、
自然と緊張感が高まってきます。
握手会は初なので高速なのかどうかは分かりませんが、伝えたい事を頭の中で復唱し、
いざ自分の番へ。
壇上への階段を上がるとちょっとパニくりそう。(汗;
2人前の女の人ががっついてくれたおかげで近距離で横顔ウォッチ。
ポーっとなりつつ、いざ自分の番。
一瞬頭の中が白くなりましたが、手を触れ、ちゃんと顔を見て話しました。
「これからも応援しています」と。
最後カミそうになりましたが、なんてことない一言ですが嘘偽りのない気持ちを伝えてきました。

ニヤける顔を抑えつつ会場を後にし、とりあえず一息つこうと新高島駅に下りていって、
券売機の前で初めて実感が湧いてきました。
なんていうの、文字では表現しきれない感動というか、とにかく眩しい存在というか、
ごっちんヲタでよかったと思うひと時でした。
まあ残念ながら記憶の方は、他の人が握手している横顔を見ていたときの方が鮮明なのは、
いかんともしがたいところ。(汗わら

これで横浜に思い残す事はないのですが、帰りはこれまた夜行バスなので深夜まで時間潰し。
ランドマークの展望台に行ったりとか、観光スポットを歩いて終了。
する事もなくなったので、時間までバス停に居たんですが、とにかく横浜最高!
ごっちん最高!!の一日でした

いよいよ出発!

とうとう来ちゃいました、自分の中では一世一代のメインイベント前日。
仕事も無事片付けまして、夜行バスにて出発します。
明日はあいにくの空模様のようですが、な〜に始まったらこっちのもん。
めいいっぱい楽しんで、ごっちんを身近に感じてきたいと思います。
とりあえず言いたい事も考えたし、あ〜なんか変なテンションの上がり方しとります。(汗;
まあ、何より行くぞ横浜!!!

台風が・・・

なんてこったい、11日当日は雨模様確定じゃないですか・・・。
傘持参となるとまた荷物が増えるだけなんですけどね〜。
こればっかりは自然の力なんで、どうにもすることはできないんですが、
雨降っても暴風雨にならなければいいかな。
まずは仕事片付けないと。(汗;

なっちのふれあいコンサートには、なにやらキッズの新しいユニットが帯同するようで、
個人的にはすげ〜がっかり。
なっちはすげ〜見たいけど、正直ガキはいらん。
事務所がロリ路線にシフトするなら、自分は完全についていけないな。

祝!W杯本戦出場!!

リアルタイムで観戦出来ませんでしたが、ついにやってくれましたね〜。
勝って予選突破出来たこと、何より一試合目で不覚にも接戦を演じた北朝鮮に、
力の差を見せた試合だったようで喜びをひとしおですな。(わら
試合中にも蛮行に及んだ北朝鮮の選手には、とりあえずスポーツやる資格無し。

忙しさにかまけてサイトが多少おざなり気味ですが、なんとか水面下では活動中。
とりあえずメインイベントの横浜終わるまではこんな感じです。

これくらいの苦労なんて・・・

土曜休み取るために今週は休み無しで働かないといかん。
という事でめっちゃ忙しいちゅうねん。
10日の夜行バスで出発するにしても、出発日ギリギリまで仕事片付くか不安。
ま、意地でも片付けますけどね。
自分はやれば出来る子と信じて・・・。
決戦は土曜日!!

必勝祈願!

時差の関係で対バーレン戦は深夜になるみたいですが、土曜はお仕事なんで夜更かし出来ず、
まあ録画しててもいいんですが、朝起きたらいやでも結果分かるだろうからニュースで我慢。
夢の中で必勝祈願しておきます。
で予選最終戦の対北朝鮮戦もリアルタイムで見れないんだよね〜。
ジーコの悪運に期待しておきます。

あと一週間で夢心地を味わうかと思うと・・・(照

ごまヲタの為?

FCの青封筒到着したんですが、これまたツアーの予定のないごまヲタの為なのか
大量のグッズ作戦に乗り出した事務所。
いやいや、欲しいのはツアーの日程ですから!!
といいつつもフォトブックは外せないな。(汗;

当サイトも早3年になりつつあるのか・・・。
裏サイトの時を入れてもサイト運営は4年近くなるって事は、ファンサイトとしても
多分長く続いてる方なんでしょうね〜。
ダレ感は否めないので、そろそろ心機一転かな。

ランキング操作のための組織票って、結果として出て果たしてうれしいもんなのかね〜。
なんか違うような気がするんですけど・・・。
仮に組織票のおかげで1位や上位ランクに出たとしても、組織票がなければ上位にすら
出ないという現実を思うと空しくならないですかね。
ま、国政選挙からして組織票頼みだからな。(汗わら

衣替えですね〜

早いもんでもう6月。
うちの方では暑かったり肌寒かったりと体調管理が大変なんですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
目下横浜に向けて気分高揚中でして、たまにニヤける自分がいます。(わら

今年は娘。FCツアーもハワイではなく香港だとか。
昨今の対中関係のご時勢に事務所も思い切った事しましたね〜。
しかし最低でも14万からってのは高くない?
なんかすげ〜暴利のような気がするんですけど。
ぱっと見で通常のツアーを検索してみると、4万からスイートルームに
泊まるプランでも13万前後ですよ。
いくら娘。と写真・ニギニギ権が付いてくるにしても最低で14万だからね。
よほどいい所に泊まれるんでしょうか。
ま、こんな事を書いてても自分には関係のない話でして在宅決定です。(汗;
自分は横浜で十分です。(わら

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search