空気読めてない?

■あさみ・みうな卒業企画
奇跡の「タンポポ畑」以降、ハローで卒業する者や誕生日がライブの日だったりで、その度に企画されるいわゆるサイリウム祭りですが、過去にも何回か日記のネタに使ってたりしているんですが、この度メールにて来年卒業するあさみ・みうなへのサイリウム企画への賛同周知をお願いしたい旨の案内をいただいたんですが、過去にも書いてましたが個人的にはズバリ非協力派です。
ま〜意味なく賛同しないと決めているのではなく、企画意図とその手段がファンのエゴでなければ、もう喜んで賛同させていただくところなんですが、やはりどうも違う意図が見え隠れする辺り、賛同できないかなと思っています。
「タンポポ畑」は黄色いサイリウムが色にちゃんと意味(たんぽぽへの感謝とUFAへの反発)があったわけなんですが、それ以降は好きな色とかこじつけた色になってきたのかなと、なんか卒業する者への感謝を表す手段というよりも、サイリウムあっての色なのかなと感じる部分が往々にあります。
でも頑張って形にしようとしている運営サイドは大変なんでしょうけど、企画終了後はどの書き込みでも「成功した」とは書いて欲しくないですね。
なにを持って「成功」とするんでしょうか?
ちょっと聞いてみたい気もします。

せっかくなので、お断りで出したメール本文を公開しておきます。
自分の考えは全てここに書いてあります。

●企画参加のお断り-メール本文-
初めまして、emの管理人MIBです。
この度は企画参加へのご案内ありがとうございます。
まずもってハロー内で卒業者が出る度、非常に悲しくまた寂しい思いを
しているファンの一人ではありますが、企画参加のご協力が出来ないことを
ご了承ください。

なにも難くなに拒否しているわけではありませんが、自分の中でサイリウムを使った卒業企画は「タンポポ畑」で完結しており、その後行われている企画に関しては、やはり二番煎じ感は否めなく、むしろサイリウムを使うことが義務すら思えるように感じてしまっているからです。
確かにファンが想いも届ける手段としては最適なんだとは十分分かってはおりますが、あの奇跡に近い「タンポポ畑」が、段々薄れていっている感じがして、多少なりとも快く思っていないのも事実です。
以前矢口真里がANNを担当していた時に、自分が卒業する時は何色かな?と発言したときがあり、これを聞いたときに送り送られる側の約束事になってしまったんだなと、企画意図がちょっと違った方向に行ってやしないかなと思ったものです。

企画運営サイドの大変さは、当方の計り知れない部分なのかもしれませんが、卒業する者を泣かせる・感動させること、会場を一色に染めることが主体(その後の書き込み等で、「成功した」という記述を見る度に思います。)になってきてやしないかなと危惧する一人なので、むしろみうなやあさみのパフォーマンスを、一挙手一投足をちゃんと見届けること、パフォーマンス終了後、最大級の拍手と最高の声援がファンが出来る最大のはなむけになるんじゃないかなと思っています。
もちろん、純粋な想いで企画に賛同し、当日会場でサイリウムを振る方々の行動を完全に否定するつもりは毛頭ありませんし、崇高な想いを無碍にするつもりもありません。
当方ちょっと天邪鬼な気質もあっての事なので、大変申し訳ありませんが、こういう考えの元、当サイトでは企画周知のお手伝いは出来かねます。
多分お断りを入れるようなサイトは、当方だけかもしれませんが(汗;)、こういう考えの人も居るんだなとご理解していただきまして、企画運営サイドの皆さん並びに企画賛同された方々の想いが、あさみ・みうなの心に響くことをファンサイトの片隅から応援させていただきます。

テスター募集!

■Winampスキン
兼ねてからクラシックモード以外でのスキンを摸索していたのですが、非常に簡単でモダンスキンを活かせることができるスキンに出会えました。
「iChange_x240」というWinamp5以降から使えるモダンスキンの一種なんですが、シンプルかつかっこいいスキンだと個人的には思います。
また比較的改造も簡単なので、まさに自分好みの音楽・映像プレーヤーになるんじゃないかなと思います。
そこで、当方も「iChange_x240」に合わせたスキン(背景というべきか)を作るべく、サンプル版として2種類作ってみました。

通常表示
通常

アルファチャンネル
アルファチャンネル

iChange_x240用スキン
Download

iChange_x240本体
こちら

適用方法としましては、まずiChange_x240本体をDLしてきて、本体をWinampのskinフォルダに格納します。
で当方謹製の背景を、player>DisplayBaseフォルダに保存します。
DisplayBase0〜39までがデフォルトの背景画像ですので、その中のどれでもいいので当方の背景ファイル名をリネームします。
(例:mm_ic_test.png→DisplayBase0[0〜39のどれか].png)
あとはWinampを起動し、スキンをiChange_x240に指定し、Winampのオプション>設定>Modern Skins>デスクトップアルファプレディング有効にチェックマーク入れていただければ完了です。
サムネイルのように表示なっていれば大丈夫だと思いますが、表示がおかしい場合は教えていただけると今後作成するうえで大変参考になります。
(日本語のファイル名になっている場合、メイン画面で表示されないのは仕様のようです)
使ってみた感想なんかも聞かせていただけると、これまた今後の参考にさせていただきます。

■追記
メインパネルに流れるトラック名の日本語ですが、xml>infowindows.xml内のfontが"Arial"になっている部分を"MS Gothic"にでも変えてみてください。
全てのフォント配置デザインに対応していませんが、漢字含む日本語でのトラック名が表示されると思います。

またデフォルトだとメイン画面上部に薄く白いマスクが掛かっているのですが、xml>player-elements.xml内部分のMainGloss1〜5.pngの記述を実際にないファイル名にリネームするか、playerフォルダ内にあるMainGloss1〜5.pngのファイル名をリネームしてください。
Winamp本体を起動し直すと、白いマスクが外れているはずです。

年末進行2

■落ち着いてきた?
日曜も仕事片付けてきたおかげか、今週は大分仕事も落ち着いてきた感があります。
ま、他人の仕事がまわってこなければの話ですが・・・(汗;
そんなところで、アクセ作成も本格的にといきたいところなんですが、すでに平成18年も残すところ一週間とないので、早急に作って公開したいと思います。
あ〜その前にハロモニ見ないと。(わら

■カレーDVD
見事にアマゾンに発注するの忘れてた・・・(汗;
会社に着いて朝いちでアマゾンで購入手続きをしました。
明日には届くかな・・・。
今秋の娘。ツアーは、仙台にて一番端っこで見ただけで、しかもステージの見える範囲を限られていたこともあり、正面からどう見えていたのかさっぱり分からずだったので、DVDでやっと全体像がつかめそうです。
なんか春ツアーは東北完全に干されそうなんで、DVDで我慢すっかな。
っていうか、ごっちんの春ツアーの予定は?

年末進行

■休みを取るのも大変
8月といい12月といい、こうも休暇のために忙しくなるってどういうこと?
月末作業の仕事が全部前倒しになるから、正直何から手をつけていいものか・・・(汗;
ま、なんだかんだ言いつつも仕事片付けてたりするんですけどね。
仕事が忙しくなると、相対的にネット特にも自サイトは大分おざなりになってしまうんですけど、案の定家に帰ってくると、無気力になっちゃうんですよね〜。
アクセのネタはあるのに時間がない状態なんですけど、今年最後くらいはなんとか公開したいな〜。

■スパム投稿
ここ何日かで海外からハローのファンの投稿があったりと、返事を書くのに機械翻訳駆使して返してはいるのですが、自分のレスで対スパム投稿用のフィルターに引っかかってしまい、規制を見直して設定甘くしたら、再度スパム投稿が連投されるようになってきたので、英文における対スパム投稿フィルターの設定見直しを図りました。
一応書かれれば書かれるほどフィルター強度が上がっていくんですけど、やっぱイタチごっこにはなりそうかな。
対処はしていますが、くれぐれも怪しいURLはクリックしないようにしてくださいね。

まさにこれ!

■こういうのが見たかった!
SanDiskのsansa e2000シリーズのCMキャラクターになったようで、スペシャルサイトの方にもごっちんが登場してたりするんですが、ぶっちゃけ惚れ直したっす。(わら
このサイトでプレーヤーの宣伝(こっちが主体なんでしょうが)兼ねて「SOME BOYS! TOUCH」のPVが見れたりするんですけど、正直本編のPVより遥かに出来がいいです。
魅せ方としては、こちらのPVの方が正しいアプローチだと思います。
ま、合わせ鏡を使った表現なんて古臭いやり方なんでしょうけど、個人的には断然こちらが好みです。
過剰な露出もなく、製品がメインにも関わらず、後藤真希を見事に表現しているPVだなとただ感心するばかりです。
個人的には、透明な板の上で寝そべっているごっちんを下から撮っているショットがお気に入り。
本編のPVでも寝そべっているシーンはありますが、魅せ方は断然こっちだな〜。
ごっちんは布面積を減らす露出というよりも、かもしだす色気こそ持ち味だと信じてやまないので、事務所はぜひSanDiskのPVを作成したスタッフと仕事続けてください。(わら

■Winampスキンの新しい可能性
PC関係の雑誌立ち読みしてたら、何やらWinampスキンの新しい形があるみたいで、すっごい惹かれるデザインでした。
今のところ当サイトで公開しているのはクラシックモードに対応したスキンだけなのですが、正直作成は手間が掛かります。
しかし、このスキンはモダンモードに対応しているうえに、背景画像を入れ替えるだけというお手軽さに加え、見た目がやはりかっこよくなります。
過去ASPにもチャレンジしたことがあったのですが、まあ難しいうえにえらい手間(しかもあまり見た目が綺麗じゃない)なこともあり、作成を断念した覚えがあります。
しかしながら今回雑誌で見つけたモダンモードに対応したスキンはすでに枠や色がいろいろ選べる上に背景画像は単品導入可能と非常に作成する側には優しいスキンのようです。
正直気に入った画像を指定サイズに切り抜ければ誰でもお好みのWinampスキンになるというお手軽さは、スキン職人の端くれとすると作る楽しみは激減するんですが、それでも見た目が良くなるのは非常に魅力的です。
すでに当方のWinamp5には導入してみましたが、なかなかかっこいいですよ。
後々こちらのスキンにも着手していきたいと思います。

いや〜ん♪いや〜ん♪

■恐ろしいまでの中毒性
あれですよ、「わ〜MERRYピンXmas!」がノロウイルスも真っ青なほどの猛威を振るっている状態ですよ。
ホント怖いくらいの中毒性です。(わら
ミニアルバムといえど、なんだかんだで新曲5曲なわけで、既存シングルが入っていないだけでアルバムくらいのボリュームがあるわけなんですが、いや〜ここまでハマるとは。
秋コンで見て聞いていたものの、生では大した反応もなかった曲だったんですが、CDとしてちゃんと聴くと、すごい勢いで鬼リピートしている始末。
詩に曲が付いている歌というよりも、曲に詩が載っているような曲なんですが、とにかくノリとフレーズがすっごい頭に残る曲です。
やはりここでも成長著しい久住の声優経験が遺憾なく発揮されていると思います。
むしろ歌うまくなった?(純粋に歌と言えるかどうかは別にして)と思うほど。
なんでライブだと印象薄かったのかな〜。
初見だから観察モードに入っていたせいかも。
とにかく重ピンク・こはっピンク侮りがたし。

■アクセ
前々から作業を進めていた素材を破棄し、一から作成し直しです。
素材を切り抜く作業までしていたのですが、どうもデザイン的に煮詰まってしまったので作成辞めました。
今年も日数少ないので早めに何かしら公開したいので、思い切って素材から変えてしまうことにしました。
時節的にぴったりな感じに仕上ていきたいと思います。

年末進行突入か?

■近況
年の暮れも大分近づいてきたことから、仕事のスケジュールも過密になってきました。
ま、デスクワークなんで年内中に片付けるような案件ばかりなので、今のところ10月のような忙しさではないにしろ、いろいろ片付けなきゃならない状況に追い込まれつつあります。
自分で言うのもなんですけど、正直仕事出来る方なんですよ。
急に入る案件でも何とか対処してしまうので、社内でもいいように使われちゃいます。(汗;
ただ単に断れないというのもあるんですが、PC関連は全て一手に引き受けているので結局やらざるを得ないですけどね。
そんなこんなでアクセ作りはやってますけど、大分時間がかかっています。
年内あと何作品公開できるのかな〜。

■麻雀格闘倶楽部(DS版)
オフラインである程度段位上げして、いざWiFi繋いで全国デビューしてみました。
あれですね、オン・オフラインでそれぞれ個人段位は別なんですね。
また十級から始まったから、ちょっとガッカリしちゃいました。
ここ3日間ほど夜間に繋いで対戦しまして、すんなり段位獲得したんですが、オフラインでは「白虎」、オンラインでは「朱雀」となりました。
やっぱオンラインでは早上がりをしようとするんですよね。
3日間のべ8試合を行った(他回線切れ3回)んですが、2位以下に落ちていないという好成績っぷりにちょっと感動。
あれだね、ちょっとHNは忘れちゃったけど、手牌にドラ5枚あったのに山残り12枚、捨て山に上がり牌が2枚出てて(自分は頭牌の単騎待ち)、引きも弱かったし下家に親満振ってたから半分ヤケクソでリーチしたら、本来自分にとって山から引く最後の牌が空振りに終わり、上家が引いて流局となる場だったんですが、対面が鳴いて上がりラス牌を海底ツモッた時は(結果親倍満)、すっごい笑けてきました。
いや〜最後まで分からないもんだな〜と。
鳴いた対面の方は結局ハコかぶしちゃいましたけど(トドメも自分でしたが・・・汗;)、ホントバカツキなだけだったので、お気になさらずに。
ちなみにネットと同じHN「MIB」で対戦していますので、もしWiFi対戦で見かけたらお手柔らかに。
基本面前でリーチ大好きです。(わら
なお三元牌や風牌で鳴かない限りほとんど三飜以上(基本満貫狙い)の手作りをしているので、リーチした際はご覚悟を。(わら
ちなみに追っかけリーチされると高確率で振込みます。(汗;

娘。の希望となるか?

■娘。8期
え〜まずもって8期が決まった訳ですが、気にならなかったと言えば嘘になるのですが、今日の今日まで実はかなり心配してました。
ぶっちゃけると結果的には非常に満足です。
さすがに8期は複数かなと思っていたのですが、最少人数での加入ですし、何よりセミプロ・オーディション荒らし・スパイウェアが入らなかったことがまず以って嬉しいです。
娘。のいい所はやはり成長過程だと思うし、ある程度完成された異物は必要ないと思っています。
というより単に子役子役した様は癇に障るだけですけどね。(汗;
オーディション荒らし(道重とはまた違ったナルシストっぽく捉えたが・・・女王様気質というか自信家というか)はまあ置いといて、あの人がもし合格していたら、まず間違いなく娘。ひいてはハロプロ内にスパイウェア仕込むようなもんですよ。
確かにあの中では一番娘。のファンだろうけども、当時のガキさんとは違い、濃いヲタですからね。
個人的にはこの3人以外だったら誰でも良かったといった感じでした。
で恒例の最終選考の模様ですが、大した面白味もなく、ドラマもなかったですね〜。
娘。との初対面もドラマチックな演出もなく、ちょっとこうなんか侘しさを感じます。
ただ入ったからには先輩にいくらかでも追い付けれる様頑張ってほしいですね。
それよりもつんくPが結成10年の来年何かしようとしてるのかが気になりますね。
「アジア」というキーワードが出ましたが、単純に考えれば娘。のアジア進出かな〜。
ん〜できればせっかく10年なんだから国内でなんかしてほしいな。

■8期追記
まあぶっちゃけると今現時点のビジュアルは〜そんじょそこらのお子さんですよ。(クセのあるというか)
でも少なくても画面を通して見る限り、低姿勢なのは好印象です。(こういう捉え方が自分歳くったな〜と思うところ・・・汗;)
ま、散々6期の時は悪態ついた自分ですが、今じゃこんな感じなんで加入時点でとやかく言うまいと言い聞かせています。
そら〜洗練されてきた先輩たちと比べられる方がかわいそうってもんです。
ある程度磨かれた宝石よりも、個人的には原石がどんな感じに磨かれていくのかって部分が醍醐味のような気がしますね。
下手にこなれてない方がいいって。
長い目で見ていってあげたいと思います。
吉川はおしかったかな〜。
でも娘。向きではなかったのかもしれないですね。
ただハローでは抑えているかもしれない。

■硫黄島
これは土曜日放送のドラマなんですけど「硫黄島から最後の手紙」を本日見まして、いや〜だめだ〜。(泣;
戦争物はよく見るんですが、見るたびに泣けて、そして今の時代に生きていられることのありがたみを感じます。
「硫黄島からの手紙」も劇場で見てこようかな。

追加あるよね?

■娘。2007春ツアー
まあ東北が干されるのはすでに慣れっこですが、せめて東北の中心部仙台ではやって欲しいな〜。
もちろん地元で公演あるのがベストなんでしょうけど、地元の会場より仙台サンプラザは格段にいいからな〜。
あんまり娘。さんたちを酷使して欲しくはないけど、追加公演あるよね〜?
ファンのエゴだとは思うけど、ぜひ仙台に追加公演ありますように!

■麻雀格闘倶楽部
PSP版(全国対戦版)とDS版、非常に迷ったんですがDS版買ってきました。
決め手はやっぱ無料でWiFi使ったネット対戦できることですかね。
PSP版は初代を持っているので、後々中古でいいかなと思ったし。
まだやり始めたばかりなので、少し段位が上がったらWiFi接続してみたいと思います。
もしくは友達対戦も面白いかもね。(わら

娘。10年記念隊

■続く・・・のか?
来年は娘。が結成10年を迎える年ということもあって、それに付随したユニット結成があるみたいですが、まずもって発表なったのが安倍・飯田・後藤・久住によるCDリリース。
ん〜正直微妙といってしまえばそれまでですが、楽曲次第かな〜。
でもな〜化学反応はあまり期待出来ないかも。
月島名義の久住がミラクル起こしているものの、いわば大先輩とのコラボは正直期待できないかな。
ましてや後藤がある種異質になってしまった点も、他の3人とどこまで融合できるのか、多面性が発揮できればと思いたいです。
とはいえまさか10年を記念してこの4人で打ち止めって事はないでしょうね〜。
1期・3期・7期ときたら、2期・5期、4期・6期なんて組み合わせも出してきますよねUFAさん。
個人的には現娘。とOGとの組み合わせより、OGと現娘。でそれぞれ出してもらった方がよかったかな〜とも思うんですけどね。
なんだかんだいっても、ハローの核は娘。ですから、来年こそ大々的にプロモしていってほしいなと切に思います。

■20世紀少年
とうとう実写映画化ですか。
原作の味をどこまで表現できるんですかね。
配役も気になるところですが、昨今の映画は複数の連作が多いようで、こちらも例によって何部作かになるようです。
浦沢作品はとにかくキャラクター描写が秀逸なので、原作の雰囲気は残してほしいし、有名無名に関わらず、原作にあった俳優さんを使ってほしいな〜。
駄作に終わらないよう邦画も頑張ってほしいですね。

し、白い・・・

■白い悪魔
積もってるよ・・・降ってるよ・・・とうとう来たか白い悪魔め。
うっすらとはいえ辺りは白一色ですわ。
土曜日にスタッドレスに履き替えたばかりなのに、我ながらへんにタイミングいいな〜と感心しつつも、とはいえ朝晩緊張する運転の日々が始まるかと思うと、やはり憂鬱ですな。
これから2月いっぱいまでは、神経を使う運転してかないと。

■TSIW
同じ素材でいろんな壁紙職人が作ったらどうなるかという企画に参加させていただいたんですが、おかげさまで久住小春Verが上位入賞を果たすという結果となりました〜。
改めて運営側・企画参加された方々に感謝申しあげます。
今回10月はめちゃくちゃ忙しかったんですが、自分のサイト用も後回しにして3作品投稿させていただいたんですが、かなり難しかったですね〜。
まず後藤真希35(番号は当サイト用表記)を最初に作ったんですが、見た瞬間から衣装と背景を馴染ませることは思いついたんですが、いざ作成始めてみたところすっごい地味でして、いろいろ背景デザインを考えてみたものの、衣装と背景を馴染ませる部分が崩れるので結果過去ごまっとうWinampスキンを作った時のデザインを引っ張ってきました。
で当初は後藤1作品で終わる予定だったのですが、せっかく素材が3種類あるので残りの高橋・久住でも作ってみようと作成に着手したわけなんですが、普段やらないことにチャレンジしようと高橋ではパーツ分割のエフェクト処理を施し、久住ではモノクロから色の復元がどこまで出来るかをやってみました。
久住の場合は、写真集の他のページから色がどういう風になっているのかを確認し、身体全体を肌色に統一したレイヤーを作成、その上に水着・上着・髪の毛(眉毛・まつ毛)・唇それぞれのレイヤーを重ねていっています。
特にもメッシュ地の透け具合は自分でもなかなかうまく表現できたなと思っています。
とはいえ完成形を見ても、自然な感じには仕上がらなかったので、まだまだ改善の余地はありますね。
またこういう機会があったらぜひとも参加したいと思います。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search