もう脱退でよくなくね?

■またかよ・・・
すっかり週刊誌の常連となったあのお方。
もう呆れるばかりなので久々に怒りモードな自分なので隠しときます。

いい加減数々の浮名を流す元モーニング娘。は、ハロプロ脱退でよくないですか?
「いいお友達」とか恋愛関係云々は別にして、実際謹慎者がいるわけだし、なぜこの人だけがお咎めなしなのかが分からない。
これだけ昨年の醜聞の数々に、当事者が全く意に介していないというのがハローのファンとしては非常に憤るわけですよ。
イメージ産業にいる以上、恋愛はしててもいいけど隠しとおすのが責務だと思うし、責務だからこそ発覚すればペナルティもあって当然だと思うんですよ。
個人的にはこう何度も責務を放り出されることされれば、イメージを大事にする場所にいる必要もないと思うし、何よりファンももっと怒っていいんじゃないかなと。
今もし追放署名みたいな運動起きれば喜んでサインします。
ハローから脱退されたところで、報道されるたびに「元モーニング娘。の・・・」という枕言葉は付きまとうと思いますが、だからこそ現役メンバーの足引っ張る真似ばかりするなよと言いたい。
こう好き勝手に遊ぶくらいなら、ハローから脱退して好きにやったらいいじゃないですか。
自身が「自分はアイドルじゃない」というくらいなんだから、アイドル集団であるハローにいる理由がないでしょう。
ホント頼むからこれ以上ハローのイメージを貶めるようなことはしてくれるな!

テクノポップ

■Perfume
まあほとんどの方と同じで「ポリリズム」から入った口なんですが、自分の音楽のルーツがTM NETWORKに代表されるテクノサウンド(自分より上の方々はYMOなんでしょうけど)なんで、懐かしくも久しぶりに何か揺さぶられるサウンドなんで今更ながら大ハマリ。
本当の初期のアイドルソングはイマイチですが、メジャーデビュー以降の楽曲はテクノ好きな自分にはたまんないですね。
ま、ハロー追っかけている身なんですが、正直Perfumeにはアイドル要素はあんまり感じていなくて本当に曲が良くて聞いてます。
ま、大ハマリしたのはiPod Touchから見ていたYouTubeでなんですが、PVのクオリティが半端ない。
こういうエフェクト大好きなんで映像処理からも引かれる一因になったんですが、曲と映像のクオリティが高いっていうのはハロー応援しているファンとしては見習う点は多いんじゃないかなと。
真似しろとは言いませんが、色んなコンポーザーやデザインワークの質を上げていくのも必要なんじゃないかなと思いますね。

変革の年なのか

■前向きな解散とは書いたが・・・
26日付け日記では美勇伝の解散をあくまで前向きな解散と捉えましたが、ファンサイトを巡回するにつけ、やはりユニット活動を惜しむ声もかなりありましたね。
何気に美勇伝は美勇伝説1・2参戦したし、握手会まで行った口なので全く思い入れのないユニットではないのですが、やはり後期の露出過多な演出は閉口せざるを得ない状態だったので、このままの路線でしか進めないのであれば「解散」という選択はむしろ歓迎すべき結果なような気がします。
何も美勇伝というユニットが失敗だったとは思いませんが、あえて言うならイメージ戦略は失敗だったと思います。
すでにエロ××という戦略が受けなくなったご時勢にどんどん突き進んでいった結果、確かに最初はインパクトがあっても果たしてそれがユニットの為になったかなと今考えても疑問符しか浮かびません。
お姉さんメンバーの活かし方が、ただ胸を強調させるだとか肌を露出させるといった方向にしか向かなかったからこそ、後藤真希の件もあったんだと思います。
むしろ今回解散という荒療治を行ったんだったら、過去の戦略を十分反省し、ちゃんとマーケティングもして、しっかり所属タレントをプロモートしていただきたい。
それとこれだけエルダーに所属するお姉さん方がほとんどソロになってしまっていることにも危惧しています。
ソロ活動の方が動かしやすかったり、オファー受けやすかったりするのかもしれませんが、これだけソロメンバーが多いと、ファンへの露出具合も大分変わってしまうことが残念です。
特にも歌を歌う機会がハロプロコンでしかなくなるなんていうのは、何のためのソロ活動なんだか分かりません。
美勇伝が前向きな解散とは捉えていますが、石川は大丈夫でも三好・岡田はどうなのかなと。
あんまりソロメンバーばかり増やして言葉悪いかもしれませんが飼い殺しの状態にするくらいなら、一過性だけではないちゃんと音楽が出来るお姉さんだけのユニットもあってしかるべきじゃないかなと。
現状お姉さんでユニットなのはメロン記念日のみ(音楽ガッタスは恒久性のあるユニットとは思えないので)なので、ある種年齢層が高いファンにもちゃんと請求できるだけのユニットを誕生させてほしいなと。
だいたいソロメンバーも歌では大分苦戦してるから、あえて大型ユニットもいいんじゃないですかね。

■レス
>みなみさん
自分も初期・中期の美勇伝はユニットコンセプトを継承した曲作りだったので結構好きで聞いてたし、ライブも見に行ってたんですが、とにかく後期は酷すぎましたね。
あんな演出されてはよほど熱心なファンの方々しかついていけませんよ。
今後美勇伝というユニットで曲が聞けなくなるのは確かに寂しいのですが、曲自体は残りますからむしろこれを糧にしてほしいなと思います。
ただやはり心配なのはみなみさんだけではなく多くのファンが抱いていると思うのですが、事務所お得意の放置プレイですかね。
解散するけどハローには残るっていうだけなのが余計不安を煽りますね。
ま、とにかくメンバーは残った日々を後悔残さず頑張ってほしいし、ファンも応援していってほしいと思います。

美勇伝解散

■前向きな解散
まだ今後の形が見えてきませんが、正直ここ最近のファンが意図しないイメージ戦略からすれば、かえってこういう形がよかったのかもしれません。
もちろん美勇伝というユニットを愛してやまないファンもいると思いますが、ことメンバーにとってはこれを経験に次に活かして別の活動した方がいいじゃないかと。
何が良くて悪いのかなんていうのは、後々の結果で分かることなんでしょうが、少なくても美勇伝というユニットは続けていくことに意義があったとは思いません。
結成当時のコンセプトを維持ないしは発展させていたら今と違う結果になったとは思いますが、それこそifの世界の話なので不毛なだけだし、今現在の美勇伝が失敗とは思いませんが少なくても迷走の果ての終着であったことは事実だと思います。
そんな中懸命に活動していた3人には敬意を表しますが、個人的にはユニットを組む大変さとか意思疎通の難しさなんかを感じるユニットであったことは残念だったなという思いですね。
ま、タイトルにも書きましたが、こと今回の決定は確かに美勇伝というユニットが消える淋しさはありますが、3人にとっては非常に前向きな解散になるんじゃないかなと思います。
とにかく6月以降は事務所にはメンバーのいい所を引き出せるような活動をして上げさせてほしいなと切に思います。

そういう事!

■文才がないので・・・
17日付けの日記が書いていることを他サイトさん、また現場サイドで書かれている方々がいまして、まさに自分が思うところを書いているので参考にしていただこうかなと。
もろP日記さんとREI:FORCEさんの共に1/20付けの記事なんですが、どちらも真実の物語が今の娘。にこそ必要だと感じているようです。
もちろんこれに自分も激しく同調するところで、文才のない自分の分まで書いてもらっているようでうれしく思い紹介してみました。
自分はASAYAN見てた世代なので今も昔も輝かしい表舞台の裏で幾多の努力があるのだと分かっているつもりですし、それに感情移入し、またそれが元気に歌う彼女たちの魅力にもつながっているものだと思っていますが、残念ながらその魅力を発揮する機会があるのに(ハロモニとかで)活かされていないことが非常に歯がゆい思いをここ数年ずっと感じています。
世代交代した今の娘。だったら、やはり一度原点に帰るべきじゃないでしょうか。
特にも現場サイドで書かれている方では、事務所も当の本人たちも危機的状況をあまり感じていない、もしくは感じていても表に出していないようで、番組云々よりもむしろ当事者たち以上にファンが感じている危機感を何より本人たちに感じてもらいたい。
最近特にもがっかりしたのが、あんまり評判のよろしくないハロモニ@「Mou Tube」初回最後の高橋のモノマネ。
加入当初からしているモノマネをまだやるか。
あまりの進歩の無さに正直がっかりです。
自分、高橋に対しては非常に買っている分、他のメンバーより大分辛口ですが(決してアンチじゃないですよ)、一度メイン所から外してみるのも荒療治になるんじゃないかなと思うんですが。
リボンの騎士で一皮剥けることを期待していたのですが、どうもこの方は得手不得手がはっきりしすぎて、しかも不得手な部分を何とかしようとする気概が感じられないんですよね。
自分が期待しているのは前に出てくる姿勢で、安倍や後藤みたいな華はあるのに器用さがない分、自身でアピールしてほしいんですよね。
とにかく今の状況を打破できるできないは個人的には高橋に掛かっていると勝手に思ってまして、そういうポテンシャルがあるはずだと信じてやまないです。
そういう高橋リーダーの下、復活する娘。のドラマを見てみたいもんですね。

■レス
>みなみさん
今の娘。のスペックが素人相手や芸人相手ではどうにもならないレベルなので、むしろ番組構成的にはスペック上げることに終始した方がいいように思います。
少なくても自分発信で何か出来るレベルに達しない限り、現状の打破は厳しいと思うんですけどね。
ライブでは出来ているんだけどね・・・(汗;

壁紙界隈を背負って立つつもりはないのですが(汗わら)、こう更新止まってたり閉鎖されるサイトさんが多いのに、自分が知らないだけかもしれませんが新規で壁紙サイトさんが少ないのが残念ですね。
自分は好きでやっていることなので苦にはならないのですが、作る喜びなんかも知ってもらえるようなサイトになれればいいかなと思っています。
やっぱファンサイトが元気じゃないとね。(わら

■企画云々はプロに任せて
ぶっちゃけ「もろP日記」で書かれている案は自身で企画した深夜番組の内容の焼き直しにすぎず、まあ正直面白そうだとは思いませんが、とはいえ某大手ファンサイトでファンが投稿してる企画なんて娘。映ってるありきのこれに輪をかけたようなつまらなさだと思うので、やはりこういう番組作りはプロがちゃんと作るべきだと思いますね。(当たり前だけど・・・)
ファンの意向は半分以下程度にくんでいただいて、他の具材に頼らない素材を活かした番組を作ってほしいなと思います。

続iPod Touch

■何このタイミング
届いた翌日にFWが上がったんですけど、まあなんていうタイミングで買ったんでしょうか。
我ながら買うタイミングの神が降りてきたんじゃないかと思うくらい。
実際購入するのに大分迷ったんで、購入決断できた自分に拍手。(わら
おかげで快適以上のiPod Touchライフを満喫しております。
ただね〜アクセサリーへの投資がパない。
保護フィルムに保護ケース(シリコンではなくアクリルケースです)、車載キットにFMトランスミッターですでに1万以上使ってるし、何かとお金がかかります。
とはいえFMトランスミッターは高めの物買ったおかげか、過去散々だった物に比べて格段に良かったので満足しています。
あとはコンセント充電用のケーブルと持ち運び用のケース買わないとな。

■死中に活を求めるはドキュメントにあり
ハローの原点といえばASAYANに代表されるバックボーンの形成される様を視聴者が見れていたドキュメンタリーな部分にあったと思うんですけど、今のメンバーに対しても例えばライブが出来るまでの裏側に密着だとか、何かにチャレンジしている過程を追っていくとか、9人も居ればひとりに絞っても結構長いスパンでドキュメンタリーできないですかね。
自分が娘。に興味を持ったのは、楽しそうに歌う姿の骨子に泣いてまでも頑張り努力する姿があって、それを見ることが出来たに他ならず、今のメンバーだってそういう努力を積み重ねているからこそステージ上であれだけ輝けるはずなんだと思うんです。
ハロモニという看板番組で、芸人やら素人頼みの番組にするのではなく、せっかくの素材を活かした番組作りをしてほしいなと思いますね。

■レス
>みなみさん
自分はキッズのテリトリーには一切近づかないのですが、キッズ側から自分のテリトリーに入ってくることには、まだまだ抵抗感がありますね。
下手に先輩メンバーと一緒の活動させないで、独自の活動していった方がいいんじゃないかなと。

PSP用壁紙については、DLカウンタ見ていても新型PSPが出てから格段にDL数が伸びていて、公開停滞気味なのを何とかしなければと思っています。
Winampに至ってはimgStyleを推していくと同時に、第二第三のfreeformスキンを作っていけたらと思っているのでクラシックスキンは作らないかもしれません。
ま、気分次第ですけどね。(わら
メッセBGに関しては元々がGIF画像なので最大256色になることへの不満と、自分がメッセを最近使っていないこともあって、新たなスキン化できるものと入れ替えを視野に入れています。
最近ハロ系壁紙サイトが元気がないように思えるので、自分としては頑張って続けていきたいところなんですよね。

世代交代

■08年一発目ユニット
昨年携帯からのファン投票でメイン曲を決定し、なっちとキッズの子がユニット組んで発売されましたが、同じハロ内でのシャッフルでもアンチキッズな自分がこういう風に組まされると否応なく耳にしたり目にしたりする機会が増えてしまうことに、なんか目に見えて世代交代してるんだなと感じますね。
誤解ないように書いておきますが、アンチといっても特段罵詈雑言を書きまくるわけでもなく、ただ単に興味がないということと、自分から一切近寄らないだけな話だったんですけど、今回のように前々からいるメンバーにキッズが絡んでくると、自分としては非常に面倒くさい事態になるわけです。
うちのサイトもご覧の通り、キッズ関連のアクセは一切作っていませんし公開していないのですがひとつだけ例外があります。
2005年のシャッフルユニットでの壁紙作成時に非常に悩んだのがセクシーオトナジャン。
当時も当然ながらアンチキッズだったので、キッズメンバーを含みこのユニットをどうしようか非常に迷いました。
とはいえその為に他の2組を犠牲にするのはしたくなかったので、おおげさかもしれませんが断腸の思いで公開しています。
ま、今は藤本の現況を鑑みて外してもいいんですけどね。(わら
そんな中BBSの方でもキッズメンバーのアクセリクエストがあったり、ファンサイトを見て回ったりしてもキッズメンバーへの需要が高いことも改めて感じましたね。
ここだけの話、リクエストいただいた時もお断りしようかとも考えたのですが、意固地になるよりもむしろ現況を理解して、自分発信でなくてもリクエスト・要望には出来るだけお応えしようかなと思って作成してみました。
ま、今回はPSP用壁紙だったので大判での作成ではなかったのですが、アンチキッズとはいえどそこは手抜かないで作成しましたよ。
見た方はどう思うか分かりませんが、変に細かい部分作り込んでいたりとちゃんと作ってます。
一応こういうアクセコンテンツを置いているサイトとしては、素材がどうあれ作り込む時は作り込むんです。(わら
これだけは書いておきたかった。(わら

■アンチキッズの理由
何よりキッズという括りが出来た当初、小学生の子供がハロプロに加入するという時点でまず嫌悪(今もですが当時のハローに子供は必要ないと思っていました)、オーディションをして何十人かに絞られていよいよ発表という時に全員合格という非常に承服しかねる結果だったこと、加えてろくにレッスン・経験を踏まえずに映画等の活動があったこと、とにかく自分が嫌だと感じるものが全てあったので、なるべくしくアンチになりました。
まあ今は当然年齢も重ねていることだし、経験だって積んでいて学芸会レベルではなくなっているのでしょうが、生い立ちの印象が悪すぎて今に至るって感じでしょうか。
今はエッグといういわば育成コースみたいな位置付けのメンバーが、抜擢されたりある程度のレッスンを受けてきていると思いますが、当時のキッズはまあ当然ながら素人、お遊戯見せられるこっちとしては憤慨するだけという悪循環がしばらく続いたので、今の印象もあまり変わらないのかもしれません。
ま、6期加入時もあれだけアンチ6期だった自分ですが、おとめ組で印象変わったので生のライブで感じると違うのかもしれませんね。
とはいえね〜実は生ライブ見てるんですよ自分。(わら
見ようとして見たわけではないのですが、「安倍なつみ 歌とトークのふれあいコンサート」申し込んだあとにキッズがゲストって決まった公演だったんですが、ぶっちゃけ何も響いてくるものもなく、小さい子が歌って踊ってるな〜程度でまさに直立不動で見ていましたね。
その時から比べればプロらしくはなってるんでしょうけど、いまだにハロコンのDVDなんかでは飛ばしますからね。(汗わら
なんかすでに食わず嫌いの部類なのかもしれません。

iPod Touch

■触るだけで楽しい
昨日のワクドキ感はiPod Touchが届く日だったんですけど、いや〜ガジェット好きには堪らないわ〜。
まあ色々ゴニョゴニョ出来るってこともあって、深夜まで悪戦苦闘です。(汗;
ネットで情報集めして自分のiPod Touchでも試してみるんですけど、なかなか同じような状態にならず、とりあえずDGでゴニョゴニョして落ち着きました。
あとは公式でネイティブアプリが動くまで我慢しておこうかな。
ま、文字通り触って楽しいツールなんですけど、肝心の音楽転送がiTunesっていう重いソフトを介さないといけないし、フォルダから直接D&Dできれば文句なしだったんですけどね。
できれば今後のファームウェアでストレージデバイス化ならないかなと。

ワクドキ!

■早く明日になれっ
ヲタごとじゃないんですが、明日ある物が届きそうなんで今からワクワクしっぱなしです。
詳しいことはちゃんと届いてから書きたいと思いますが、とりあえず週一ブログにならないように一応書いておこうかなと。

■娘。アーカイブ35
みかんのPVがPV集のみ収録という、クリップス全部持ってる身としましては非常にやっかいなことしてくれまして、ま、10周年だからということで大目に見まして早速作成公開とあいなりました。
一応公式で10thアニバーサリーにはみかんまで含んでいるようなので、当方の壁紙もそれに合わせて追加した次第ですが、今後新曲が出るごとにどうしようかなと思案中。
難しく考えずにこのまま娘。の歴史を紡いでいくのもいいのかなと思ったり。

前作を超えるか?

■宝塚×娘。
8月に新宿コマでまたまた娘。と宝塚とのミュージカル?があるみたいですが、コラボの前作でもあるリボンの騎士があまりにも素晴らしかっただけに、今回のコラボも否応なしに期待しちゃうんですけどね。
何より2年前はほとんど遠征しない自分が日帰りとはいえ観劇に赴いたほどでしたので、おそらく今回も・・・になるのでしょうか?
ま、おそらく今回もバーターとして娘。以外のメンバーが起用されるでしょうが、OGやソロメンバーならいざ知らず、とにかくキッズはてはエッグからなどという起用だけはしてほしくないですね。
メンバー自身も前作越えは心中にあるでしょうから、キャスティングで質は落としてほしくないかなと。
とにかく2年前のあの生で見た舞台のスケール感や空気感以上の宝塚とのコラボレーションを見させてほしいですね。
演出はまた木村さんなのかな?(わら

■アクセは始動中
2008年一発目の公開に向けて現在画像の選定から作成着手に掛かりつつあります。
一応メイン素材から複数のアクセコンテンツを作ろうと思っているので、それに合わせた素材をチョイスしています。
といっても昨年からすでに使おうと思っていた素材なんで全く悩んでいなかったりするのですが、どうしてもハロプロの活動スピードに自分が追いつけていないので、時節で大分遅れてたりします。
なるべく追いつきたいのですが、なんだかんだ言ってもハロプロの展開は早いですね。

とりあえず仕事してます

■ハロコンには縁がないので
正月らしい正月を終えまして、今日から仕事初めなんですけど意外と身体がなまっておらず、初日からシャキシャキ働いております。
娘。さんたちはすでにライブ活動始めているので、正月気分もあんまり感じないんだろうなと思うに、普通の生活を犠牲にして(本人が好きでやってる部分ではあるでしょうけど)ファンにプライスレスな感動を与えてくれるのは頭が下がります。
去年もいろいろ不平不満はぶちまけましたが、演者は必死にしている事に対してはファンであってもなくても文句は言っちゃいけないなと。
ま、反故するような行為には俄然強めに出ますけどね。(汗;
個人的には藤本をこのまま寝かせて芸もない芸人のネタに使われるよりも、ちゃんと筋通すなり片つけるなり、何らかの結果を出すべきなんだと思うんだけどね。
とりあえずめちゃイケ見ながらは何となく辻・飯田に続く既定路線に乗っかっちゃうのかなと思ったり。
既成事実作られちゃうとファンとして何も昇華できないモヤモヤが残るだけなので、とりあえず順番だけは守ってほしいかな。
何となく2008年も波乱はありそうな予感。

ちなみに娘。春コンのチケ代も無事振込み完了。
腰痛持ちなんで、3月末までには腰鍛えとくか。

あけおめ

■今年もよろしく!
実は大晦日から体調すぐれなかったんですけど、何とか年越せました。
とりあえず今年も当サイト変わらずご贔屓いただけますようお願いいたします。
まずもって大きな目標ではないですが、今年はなるべくコンスタンスにアクセ作りに励んでいきたいと思います。
ハローにとっても明るいニュースの絶えない年であってほしいな〜。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search