年度末〜

■新生活へ
といっても、自分はとうの昔に新社会人なる時期は過ぎているので、4月になろうが何も変わらないのですが、明日から社会人となる皆さんは学生時代がどれだけ恵まれていたか痛感することでしょう。
とまずはビビらせておいてなんですが、とはいえ社会人ともなれば、自分が頑張った分の対価が給料という形で出てくるのはすごく嬉しいし、ある程度まとまった金額を自由に使えるのは個人的には社会人になってよかったな〜と思いましたけどね。
仕事も慣れるころにはやりがいとか達成感も出てきて、仕事自体が楽しくなってきたりしてね。
ま、数ヶ月だけなんですけど。(毒吐
とにかくいい上司に恵まれれば、多少きつい仕事でも自身にとってはいい環境だと思った方がいいですよ。
自分は・・・上司はすごく買ってくれていることは分かるし、それに応えているつもりなんですが、どうも感情の波があるのでそれに振り回される時が非常に苦痛。
ま、人間同士の付き合いをしていく中で、摩擦が起きないことはないと思うので、少し社会人として先輩面させてもらえれば、とにかく「忍耐」に尽きると思います。
理不尽なことや横暴な要求もいろんな場面で出てきます。
慣れないうちは仕方ないけど、ある程度年月が経てば、スカし方やいい意味での手の抜き方を自然と覚えると思うので、終身雇用は崩壊してしまいましたが、嫌なことがある度職を転々とするのは絶対いい事ではない(これは言い切れる)ので、教科書よりも役に立つ社会勉強だと思って頑張ってみてください。
必ず自分の技能とか身に付く部分が多いと思います。
お金を稼ぐって楽じゃないよ〜。(わら

アクセ近況

■マウス不精
筆不精ならぬマウス不精とでもいいますか、準備とか作成に取り掛かりつつあるんですが、遅々として進みません。
正直この不景気の中、なぜこんなに忙しいのか、銭にもならないサービス残業を続けるのか、リーマンのつらさが骨身にしみます。
ま、半分言い訳がましいですが、帰ってきてPC立ち上げてもネットとかメールチェックして寝るという、ある種規則正しい生活も送っているわけで、とりあえず先ごろ参加させてもらった壁紙コンテストも投票終わるので、応募した作品を公開できるかなと思ってたりするので、ぶっちゃけ余裕ぶっこいてます。(汗;
一応新規で作る準備はしてるんだけどね〜。
そんな訳で新規はゆっくり作ろうかなと。
っていうか4月からハローの体系も変わるから、サイト内のカテゴリーも変更しないと。
FC準拠にするべきか、独自カテゴリーにしようか悩み中。

MDよ さらば!

■DPX-U70到着
4月末納品と注文時なってたんですが、いきなりメーカーから納品予定になったとメール来てたら翌日届いてきました。(汗;
下手に衝動買いしてなくてよかった〜。
そんな訳で調子の悪かった8年くらい使ったMDデッキともおさらば、すでに録音の手段が無くなっていたし、既存MDだけ聞くのもな〜と思っていたので、これを機にスパッとMDから手を引きました。
まあUSBやメモリ媒体全盛の今、MDは完全に消えかけのメディアなんで丁度いいといえば丁度いいのですが、100枚近くに及ぶ枚数に途方に暮れそうです。
で例によって工賃を浮かすべく車のアクセサリー類は自分で取り付けする人なんですが、接続問題ないのに電源が入ったり入んなかったり挙動がおかしい。
取説としばし格闘しながら最近の機械はちゃんとアース線取らないと動かないことあったな〜と思い(今までは絶縁テープを巻いていただけ)、コードの長さと折り合いつく場所を探しつつアース取ってみるとちゃんと動く〜。(喜
いや〜オーディオ設置なんて簡単な部類のはずなのに、アース線のおかげで30分格闘してしまった。
ま、おかげで今やなくてはならないiPod Touchが線一本で繋がるうえ、フリーハンドでのリモコン操作は実に快適。
欲いえばiPod Touchが固定されてしまうので本体操作も出来る上、アートワークが表示されれば良かったな〜。
あとエンジン切る度にアルバム切り替えがリモコンで出来なくなるのもちょっと不満。
この辺は本体のファームウェア更新なんかで出来るようにならないのかな〜と。
とはいえこれで自分にとって唯一の音楽スペース(車でしか聴かないので)が前よりは充実したかな。

大プッシュ

■期待の新星なんだろう
メジャーデビューを果たした真野恵里菜ですが、昨年の3月に音楽ガッタスを卒業後、約3ヶ月レッスン期間でインディーズデビュー、で何曲か出して女優やったり写真集出したりで、今月がメジャーデビューなわけで、実際ここ数ヶ月の怒涛とも言える猛プッシュは、松浦や藤本の時とは比べ物にならないくらいの力の入れ様は何なんでしょうかね。
毎度初物は様子見の人なんで今回も例外なく事務所サイドの猛プッシュやら、多方面のメディア出演ラッシュにひるむことも無く、ただすごいな〜と見ているだけ。
個人的にはまだ惹かれる部分はないので、これからの逸材なんでしょうけど、ぶっちゃけ松浦みたいなソロでこそ輝く存在というよりも、多であるゆえの個が合うような気がするんですけどね〜。
しかもこの時代に80年代を彷彿とさせるような清純アイドル路線なんて、果たして一般に対して需要はあるんでしょうか。
ま、何が当るかは時流に乗ったものだけなんでしょうけど、これだけのプロモーション能力がありながら、既存メンバーには裾野を広げようとするどころか、むしろ間口を狭め、確実に収益が見込める分野にだけ手を付けているようにしか見えないのは、ちょっと残念ですね。
確かに新人を育てないことには次にも繋がらないのは分かりますが、昨今の斜陽感漂う中でこれだけまだ各所に影響力があることを見せ付けられると、ただ出し渋りしていただけじゃないのかと勘繰りたくなります。
まあスキャンダルなニュースばかり取り上げられれば、当然イメージ産業のこと、波風が落ち着くまで待とうという姿勢にも見えなくはないですが、とはいえ今の異常なまでの大プッシュを見ていると現メンバーファンとしてはちょっと面白くない部分でもありますね。
何となく売らされてる感が拭えないのは気のせいでしょうか。

■ヘキサゴン2SP
以下毒吐き
とりあえずいつの間にかファミリー入りしていた矢口が大いにスカしてくれたので、とりあえず良かった。
しかし里田は何かイチローを見ているようで、何か持ってるね〜。
ここ数週は矢口が出てるのでほとんど見てないのですが、だんだん飽きてきたかな。
特にも今回のSPは合宿というよりも慰安旅行を見せられている感じで、過去のSPより緩急が無かったのでいまいち。
ただmisonoの性格の悪さが際立った感じで、視聴者にはいい印象与えていないと思うけどね〜。

WBC V2おめ!

■5度目の決戦
どうも、スポーツ観戦では代表戦になるとエセサポーターが大量発生しますが、そのひとりです。(わら
残念ながら仕事中だったので、実際の映像は見れず文字情報だけを途中追っかけていたのですが、なんか筋書きがあったかのような劇的勝利だったようで、改めて華のある人って何かしら持ってるんだろうね〜。
帰宅してからプレイバック映像を見つつ、1・3塁という場面が結構あって、本来であればもうちょっと楽な試合だったろうにと思うのですが、9回裏同点に追いつかれ、イチローの打席への布石だったかと思うと、何か大きな意思が介在していたような、仮にそれが神という存在なら日本に味方してくれたのだと思いたいですね。
あ、もちろん各選手の実力があったからこその招いた結果だとは思いますが、事実は小説より奇なりというような試合だったかなと。
生で観戦してたら心臓に悪い試合だったんだろうけど、結果良ければ全て良し。

■浮かれモードがもうひとつ
全国的にはWBC一色なんでしょうが、そういうタイミングを見計らってか藤本の婚約発表。
ん〜正直すでに2年も経過すれば感慨も何も無いのですが、いまだ思うのは同じ同性から見てももうちょっとマシな男だったらな〜と。
芸人なんだからTVで見るのとプライベートでは違うのかもしれませんが、個人的には辻よりも祝福できる相手ではないな〜。
ま、皮肉にも同日騒がれている陣内みたいにならないことを祈る。
っていうか、相手が芸人のカップルで長続きしたのってあるのかね・・・。

ハローも10年以上経てば、そりゃ既婚者タレントが出てきてもおかしくないし、現状ママさん・奥さんタレント化に何人かなってきているのは必定だったのでしょう。
少なくても藤本に関してはリーダー就任僅か足らずで写真撮られたから脱退という、まあスマートな顛末とは言い難いけど、まあとっかえひっかえな人やデキ婚や千秋楽で突然いなくなるような人達よりは、周りから何言われようとも一途な面が見えるのは、意外といっては失礼かもしれませんがケジメとしてはいいと思うし、まだ(あくまでまだ)好感持てますね。
ま、個人的には最近歌出して雑誌コメントでも「お前が言うな」みたいなことを言い出し始めた人に早く寿退社していただきたいんですけどね。
大体ライブやイベントですでに歌ってるし、元々ソロ活動している人がTVの出演機会がないっていうのに、自分だけ被害者面が腹立つし。
寿退社の際は盛大に祝福したいと思います。(皮肉含む

とりあえず本体に動きが無ければいっかって心境です。

潮時・・・か

■ハローへの気力激減
ん〜何ていうか、すでに惰性で追っかけてるという状況に近いのですが、現場系でもなければグッズ系のファンでもないので、こうも地方おざなりな状況ですとネットでもない限りモチベーションの維持はかなり困難だといわざるを得ない。
前回の青封筒にはなっちの夏コンが仙台でやるのは分かっていたのですが、一度アコースティックを体験しているのでもういいかなと思ってしまう時点で、大分興味も無くなってしまったんだなと痛感。
実際申し込みすらしなかったのは、足を運ばせるほどの訴求力も感じなくなってしまった・・・というか移動が面倒だと思ったら終わりだよね・・・(枯わら
何かヲタを辞める人の気持ちが段々と分かってきたのは、さすがに末期かも。
いかん、いかん、何とかモチベーション上げないと。
頼むよ、事務所さん。

■そこでPerfume
移り気気味で申し訳ないですが、ワンルーム・ディスコ。
当初の曲だけのファーストインプレッションは大したことなかったのですが、PV見てから俄然好感触。
前作のDream Fighterはシンプルなセンスの良さを感じたのですが、今作は非常に凝ってます。
曲のイメージに沿って制作されているのは従来路線通りなのですが、それをさらに膨らませたような出来で個人的にはPVセットで見る・聴くことをお奨めします。

PV見た方は分かると思うのですが、仮にワンルーム・ディスコという曲が娘。ないしハローワークスだったとすると、おそらく部屋上のセットの前で踊らせて終わるだけのPVしか作れないんじゃないかな〜と。
お金掛けなくてもアイディア次第な部分はかなりあるし、本業の根本にこそ力を入れるべきなんだと思うんですけどね。
ま、最後もグチ書いて終わるわけですが。(汗;

注:当方、娘。とPerfumeとはどちらも比較するものだとは思っていません。
前々から書いているのは、作る側の姿勢だったり、本人たちのやる気みたいな部分は見習うべきだと常々思っています。

ミーハー魂

■おくりびと
まあね、ミーハーなんでアカデミー賞受賞した映画がどんな感じなのか見てみたんですが・・・めっきり涙腺の弱くなった自分はダメでした。(泣;
ちょっとネタバレ含むので続きに・・・
まだ未見の方はアカデミー賞を受賞したからではなく、是非見てほしいですね。
お彼岸近いのでいつものお墓参りが違った感覚で行けると思います。
■おくりびとの続き
もうね〜ぶっきらぼうな亭主が納棺師に奥さんをきれいにしてもらって号泣するシーンなんて、もう目が痛くなるほど我慢したんですがダメでした。
それと銭湯のおばちゃんが亡くなって、火葬場の裏で息子が燃える棺にあやまるシーンなんか、いづれ親を看取る番も自分に来るかと思うと、出来るだけ後悔しないように送りたいな〜としみじみ思ったり。
個人的にも死生観みたいなものは、日本人が死の儀式に対しては荘厳さを感じつつも、死そのものや遺体に対しては忌み嫌う対象というか、死=穢れみたいな感じは誰しもが持っているものなんだと思いますが、この映画を通して若干見方というか感じ方が変わってきた気がします。
何が変わったというものではないのですが、死者に対してちゃんと見送ることが生きる者の務めのような気がするし、何より死が終わりではなく次代に繋がっていくというラストシーンの意味がよく分かった気がしますね。
見終わったあと、不思議とこの映画が海外に評価された理由がよく分からなくなってきました。
受賞後の色々なニュースを見てて、日本人の死に対する考えが伝わったのかなと思ったのですが、個人的には多分本質は理解できていないと思うんです。
確かに様式美や家族の在り方を問う映画ではあったと思いますが、多分海外の方にとってはただ物珍しい光景にしか映ってないのかなと思ったり。
日本人にとって、死者は実は身近でかつ死んでからこそ不変な存在なんだということは、死んだ間際だけを捉えたこの映画では全て伝えきれてないと思うし、日本人だからこそ火葬場の門番(劇中参照)が言う台詞の意味も理解できるのだと思います。
仕事柄全くの赤の他人の葬儀に出席すること多々あるのですが、改めてそれぞれの人生があり、家族・友人に何かしらを残していくものなんだな〜と感じましたね。
しかしながら、劇中でも触れてますがこういう人の死に関わるお仕事をされている方々には、ある種の偏見も気付かされました。
ぶっちゃけ、葬儀屋は不況知らずだな〜と思ったこともありますし。
ま、中には仕事としてしか動いていない人もいるんだと思いますが(それこそ偏見かな)、もし自分が送る側送られる側になったら、やっぱり劇中の納棺師みたいな人にやってもらいたいなと。

Q.E.D.最終回

■今更感想
ここ数日体調崩してたので貯め撮りしておいたQ.E.D.最終回を鑑賞。
ん〜高橋可愛いね〜。(わら
結局はそこに行き着くんですが、最終回の謎解き、なかなか唸る出来だったと思うんですが。
視聴者としては裁判の流れも分かったし、今までの謎解きでは一番しっくりきたかな〜と。
結果有罪だったけど、その過程に矛盾があったなんて、実際これから裁判官に指名された時に、ありえなくはないのかな〜と思ったり。
実際問題人を裁くという点で自分も見ながら有罪・無罪を考えていたのですが、現況証拠だけならやっぱり有罪だと思ったのですが、個人的に決め手にしたのは銀行で目撃されていた事と実際に現金を持っていたことですかね。
今書きながら思ったんですが、裁判の時って被害者の証言って判決の材料にはならないのかね〜。
なんだかんだで犯人をまじかで見ているのは被害者だし。
しかし、声を上げなかったのは被害者と犯人が顔見知りだったという点、検察側が見逃していたのは実際ありえるのかな〜。
多分人間関係当りは調べますよね。
それを立証しなかったってありえるんでしょうか。
ま、ともかくあんまり評判が良くなかったようですが、個人的には非常に楽しめたドラマだったので満足だったけどね。

■ケンウッド
DPX-U70に決定。
フロントにUSB・AUX端子持ってて日本語表示できる2DINタイプはこの機種しかなかったし、値段もお手頃だったんですが、どこにも無し。
メーカーから来るまで納期一ヶ月とのことなんで、しばらくは今の機種を騙し騙し使うしかないかなと。
もうちょっと持ち堪えてほしいな〜と。

戦いは、赤壁へ

■レッドクリフ Part1
1日遅れでやっと届きましたよ〜。
佐川の運転手は言い訳していきましたが、だったらネット検索のシステム見直せって話です。
ま、無事届いたから良しとするか。
で早速見た訳ですが、映画館では予備知識無しで見たので曖昧な部分が多々あったのですが、映画館鑑賞後やたらと三国志熱が上がりまして(すぐ影響されるタイプなんで)、予備知識付けたあとでDVD鑑賞となったわけですが、やっと最後のシーンで鳩飛ばしたのか意味が分かってひとり納得。
ぶっちゃけPart1はいいところで終わるのですが、俄然Part2見たさに映画館に行こうと思いますね、っていうかすでに4月10日が待ち遠しい。
個人的に武侠モノは大好きなので、予告編だけでもかなり期待しちゃっていいのかなと。
しばらくは特典DVDで三国志漬けになりそうです。

佐川・・・コラァ!!!

■やってくれやがる
おいおい、Amazonから10日発送で11日到着予定の品が営業所にまだ届いていなくて、到着も明日になるだと〜。
ネットでのお荷物問い合わせサービスは飾りか〜オイッ。
営業所届いてたけど、配送車が出てるから俺がごねてすぐに持って来いとでも言うと思ったか。
しらばっくれても機械通してきたんだから間違いないだろうが。
嘘つかれたことに腹立つわ〜。
楽しみにしてたのに〜レッドクリフ・・・。(泣;

唯一のサウンドスペース

■カーオーディオ故障か?
ん〜ここ最近カーオーディオの調子がすこぶる悪い。
基本音楽聴くのは車の中だけなので、運転中に音が無いのはドライブしててもつまらんしな〜。
今はiPod TouchをFM波で飛ばしているのですが、ピタッと音楽止まったと思ったらフリーズしていて、メイン電源入れて復活する、でまたしばらくしてかなり不規則にフリーズするの繰り返しなので、買い替え時なのかもしれないです。
ま、本格的に壊れてくれれば、兼ねてから買い替え考えていたiPod対応のオーディオに交換するんですが、昨今の社会情勢で自分もご多望にもれず財布の紐はきつめなので(変なとこゆるいですが)、壊れるまで使い倒すつもりでいたのが、ここにきて限界を向かえようとしているみたいです。
しかし、今年車検だし夏のボーナスなんて当てにできないしと思うと、うんともすんともいわなくなるまで使おうかなと思ってしまう次第。
世知辛い世の中です。(汗;

ちなみに散々すったもんだした給付金ですが、自分は親に進呈(まだ配付なってませんが)。
降って湧いたお金(とはいえ税金だし)なんで、普段迷惑かけている親に少しでも返しとかないと思いまして。
親は親で何やら地上デジタル移行を考えているようで、それはそれでいいんですけど、そうなると自室のテレビも買い替え?ってことになるのかなと思いつつ、出来ればBDレコーダーとセットで買ってほしいな〜。(ま、足らない分は自分かな・・・汗;)

Q.E.D.残すはあと1話

■高橋の表情に釘付け
可奈主役回ということもあって色んな表情を見せてくれた回だったな〜としみじみ。
今回はコスプレ度低いですが、考えことをしていたり、ちょっと物憂げだったり、すねたり、ちょっと怒った表情だったり、照れ笑いだったり、胸キュンな表情だったり、とにかく色んな表情を可奈を通して見れたのは何よりな回でしたね〜。
まあお話し自体は特に推理物として見るべき点はないのですが、とにかく最後の方燈馬のくさい台詞やら手をカメラに見立ててとか、非常に青臭いやり取りが今この時代のドラマとして成立するんだろうかと、青春時代なんてすでに忘却の彼方(思い出すと恥ずかしいですが)なので、いい大人が見るにはちょっとしんどい。(汗わら
というわけでいよいよ来週は最終回。
なんだかんだでちゃんと続けてみているので、なんか終わるのも勿体無い気がするしな〜。
燈馬役の子にもなんか変な愛着湧いてきたのに。(わら

2ヶ月ぶり

■更新頻度アップなるか?
昨年年末に公開して以来のほぼ2ヶ月ぶりとなる壁紙を昨日公開したわけですが、まあ相変わらずシングル出た度に作っている娘。アーカイブ版で恐縮です。
ま、一応この間何もしてなかった訳ではなく、先日から投票の始まった壁紙コンテスト用を作っていたわけで、何気に毎月何かしらはやれていますね〜。
今年は何とかこのペース維持を前提に、ペース以上に動ければいいな〜と思いますね。
まあ全て自分次第なんですが・・・(汗;

■映画三昧
レッドクリフPart1のDVD発売まで後一週間弱、久々にこんなに待ち遠しい作品はあったでしょうか。
映画館で見たもののPart2も来月公開だし、とにかく待ち遠しい。
おくりびともTVでこれだけ騒がれると見たくなるのですが、映画館で上映中とはいえ今月18日にはDVD出るんですよね。
同日にアイアンマンとか容疑者Xの献身とか出るでしょ。
ん〜今月は久々に映画三昧になりそうです。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search