復習

■テレビシリーズ
先日SP野望編を映画館で見てきてしまったものですから、いまさらテレビシリーズをレンタルで拝見。
ジャニーズ主演のドラマをよもやレンタルまでして見ようとは今までだったら思いもしなかったことですが、個人的に昨今の刑事物ドラマにハマっていることもありますが、主人公がチート的能力を持っているっていうのは、まあ現実に考えたらありえないんですけど、そういうフィクション部分が面白い。
ってことでいやはや食わず嫌いはいかんですな。

平和日和な日本

■国家とは
この歳でやっと異国の地に足を踏み入れ、自分の生まれ育った国との文化や生活習慣に、住めば都とはいうものの、日本という国に生まれてよかったと今でも思っています。
が、しかしこと国を動かすべき方々には度々というかしょっちゅうガッカリさせられることが多く、今回も隣国で起きた死傷者まで出た国同士の衝突を、仮にも一介の総理が第一報を報道で知ったなんて国がどこにあるんでしょうか。しかも情報収集といいながらテレビを付ける始末のようです。(マスコミ報道を鵜呑みにすればですが。)
いくらなんでも外交官から連絡があって、それでテレビを付けたみたいですが、まず外交官からの一報を聞いたら、マスコミよりも各外交官や閣僚を招集し安全保障会議を開くべきだったはず。
北朝鮮からは以前名指しで日本も標的とされているだけに、改めて指導力不足と危機管理の無さを国民に知らしめた形になったんじゃないでしょうか。
一部民主議員はこの事件によって、補正予算が通りやすくなるとかなんとかで、いかにも対岸の火事のような風潮、あきれもものも言えません。

「踊る」や「SP」等、日本にも潜むテロリストを題材としたドラマ、フィクションなのは重々承知してますが、こう国のトップないし幹部がふがいなければ、、ある思想を持った集団が表れてもおかしくないんでしょうね。(おっと、危険な発言だったかな。)
ま、自分はヘタレなので、ネット弁慶です。

近況というか現況

■とりあえずひとヤマ越えた
たった数十分の為に、2ヶ月前から段取り、数週間かけてデータ作成してって、最近こんな仕事ばっか。
疲れているせいか、日中やけに眠い。
まあ、今はプライベートより仕事に熱中していた方が精神的にも楽なんて、変な逆転現象になっちゃってるからね〜。
いい加減仕事もプライベートも楽になりたいっす。

そんな訳で最近のブログは愚痴ばっかりで、サイトの内容がはっきりいって希薄です。
実際アクセ作業も中断しており、目下算段がついていません。
かといってサイト閉鎖は全く考えていないので、気長に待っていただけるならってところでしょうか。
ん〜アクセも何とかしないとな。

一休み

■もうひとヤマや
何とか事前準備が間に合った。
人の仕事を日中して、自分の仕事を夕方〜夜にかけてやるという強行スケジュールに結果なってしまったのはいかんともしがたい。
かなり精神的にもきちゃってるので、まずは一息入れよう。

自国の英雄

■反権力は正義か
尖閣を巡る対中問題は核心の事件動画が、突如として一般の目に触れることになり、今まさに流出の当事者として、また管轄は違えど事件の主役のひとつでもある海保官員から、さらにネットという大きなそして自由なメディアから発信されたのは、色々考えさせられる事件だと思います。
ニュース報道やネットでは、流出させた海保官員を英雄視する、または肯定的な意見が多いようで、自分も概ね賛同はします。
内部告発は権力者が隠ぺいしようとする不利な証拠を告発することで、社会正義は守られているのだと思いますが、今回のは内部告発でしょうか。
一部の議員に編集されたわずかな映像を公開、しかしそれも当事者(中国側の船長)のいない場でという報道が流れて、海保官員の映像流出は、心情的には闇に葬られそうな海保は悪くないという確たる証拠が公にならないもどかしさからの行動だとは思うが、上段の内部告発とは似て非なる犯罪行為であるのは間違いないだろう。
間違った行動とは思わないが、正しい行動だったとも思わない。
それはその情報を見ることが出来る者のサジ加減(個人の物の見方の尺度)で、どんな事態にでも転ぶからだ。
結果、日本人であの映像を見た者であれば、海保の行動は正しい、非は中国側の漁船だと疑う者はいないはず。
がいかんせん遅すぎた。
海保官員の行動は確かに良い面も出してくれただろうが、実際は政府の無能ぶりと政権の軟弱さをさらに浮彫にし、また「国家公務員」という人たちの資質を問うことに発展しそうな感じもある。
この映像は事件発生時にすでに話には上がっていた物だっただけに、この映像をもって毅然とした国家の姿勢を見えていればと、つくづく残念であり、現政権に更なる失望感を感じます。
一個人として一向に公にならない決定的な証拠を前に、海保官員だったらどんな思いで議員や官房長官、首相の話をメディアを通して聞いて見ていたのだろうか。
耐えて考え抜いた行動だったのだろうけど、やはり時が流れ過ぎたのは痛いと思う。
願わくば、勇気ある行動には賛辞を贈るが、今後の日本の行く末に不安が募ります。

注:決して事なかれ主義ではないのですが、大阪地検の改ざんといい今回の流出事件(もしくは映像公開牛歩戦術)といい、国家・個人の情報を扱う人たちの尺度で動かされていることに改めて怖くなります。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search