PSPに3時間って・・・

PSPのシステムウェアがDGできるとのことなので、安心して2.0にバージョンアップ。
ブラウザ搭載とのこともあり、早速PSPブラウザでうちのサイトどう見えるのか実験。
ん、DNSエラーだと・・・IP手動でもダメか・・・。
もしかしてルーター側のせいか・・・ルーターまでは繋がるがネットワーク接続に失敗する。
トライ&エラーを繰り返し、なんとか原因?がルーターの設定にあることを突き止める。
PCは手動接続でないとIP取得がうまくいかないっぽいので、今までも回線接続は手動で行っていたのですが、PSPは自動接続でないとダメだと判明。
とはいえPSPのために自動接続にしては、PCでネットできないのでPSPブラウジングは断念。
っていうか自動接続でブラウズしてみたけど、正直使いものにはならないので、ネット繋げなくてもいいかなという結論に達しました。
この間3時間・・・我ながら暇人だ。(汗;

ま、そんなことよりPSP2.0の最大の目玉としていたのが、背景設定いわゆる壁紙ですよ。
という事でうちのサイトでもバンバン公開予定。(予定・・・?)
ユーザーどれだけいるか、需要等々も読めませんが少なくても自分は使うしね。
何気にゲーム機としてより、オーディオプレーヤーとして使う方が多いからな〜。
こまめに作って、公開していきたいと思います。

W05公開しましたが、ひっそりと作って公開してみました。

w_wp05ano.jpg

W(ダブルユー)05 アナザーバージョン
サイズ1024×768のみ
こちらの方が壁紙らしいと思います。
尚、本公開はしませんのであしからず。
一応公開期限は気が向くまで。(汗;

ガッタス考察

「万才!フットサル」(名盤)を見ていても、初期メンバーからどんどん厳選されたメンバーになっていった遍歴は見れるわけですが、今後定期的に大会等行われるのであれば、やはり11人っていうのはちょっと厳しいのかなと。
もちろん彼女達の本職は芸能活動なんで、そちらが優先されるべきなんでしょうが、今や女子フットサルという一ジャンルを築いた今、選手育成にも力を入れていただきたいところ。
そんなわけで個人的にはサブチーム(2軍ですね)の創設をお願いしたい。
大所帯となったハロプロから、まだまだ才能ある者も眠っていることでしょう。
そんな可能性のあるメンバーを集め、ガッタス2軍として練習積んでいってもらえれば、レギュラーメンバーへの発奮にも繋がるでしょうし、仲良し集団へのいいライバル意識を植え付けることにもならないかなと。
北澤監督も、技術の伸び率が高くてもある程度身に付くとそれからが大変だと言ってましたが、すぐレギュラーに上がれなくても今のガッタスメンバーよりは、技術の伸び率もいいでしょうから、半年・一年後くらいにはベンチに入れるくらいにならないかな。

それといわゆる運動が苦手なメンバーには、音楽っていうのはどうでしょう。
個人的にはビッグバンド、スウィングガールズをハロメンでやってほしいかなと。
こちらはゆくゆく本職にも活かせると思うし、何より運動できなくても出来る。
楽器が出来るという事は、自身のライブパフォーマンスや音楽センスを磨くことも出来るし、もしかすると作曲なんかも・・・。
簡単に出来る話ではないでしょうが、ガッタスも創設から大会優勝までの道のりは長かったので、少し長期スパンで活動してほしいかなと。

ガッタスのおもしろい所は、部活動感覚だけど真剣、それに結果が伴ってくるところだと思うので、ガッタスに参加していないメンバーにも、いろいろチャレンジして欲しいと思います。

由々しき事態

兼ねてからオリコンランキング至上主義ではなかったため、トップ10に入れば売り上げなど全く気にしていなかった自分ですが、さすがに松浦亜弥の新曲の結果には、昨今のハロプロ離れが顕著に現れた結果かなと思っています。
最近の楽曲にしては、長期CMタイアップという事もあったし、リアルタイムでの歌番組出演等プロモーション的には、かなり恵まれた売り出し方だと思っていたので、まあベスト3には食い込めるかなと思っていたところ、6位とはね。
同週発売の中では3位に付けたのに、厳しい結果となりましたね。
出したタイミングが悪かったのか、ん〜やはり一般層共々ヲタの購買意欲も落ちてきているのが現状かな。
ファンが買わない一原因は、昨今の多種多様のグッズ販売戦略が大きいと思います。
よほど懐に余裕がなければ、毎月色々と出るCDやらDVDやら写真集、はてはライブグッズ等々買い漁るのは不可能に近いです。
少しでも倹約するとなれば、CDはレンタル・中古という選択肢もある事から、新盤で買うという事に躊躇してしまうことに繋がるんでしょうね。
娘。ブレイクでバンドブームで衰退していたアイドルというジャンルが復活したのに、その立役者が自分の住む世界を縮小化させているとは皮肉なものです。
なんかね、「義経」見てるとまさに平家=ハロプロの気がしてならないんです。(汗;

補足:
そういえば、出荷枚数を抑えているとすれば、買いたくても買えないという状況もあったのかもね。
どちらにしろ、最近のUFAはCDリリースは全くもってやる気は感じられないし、グッズ開発で忙しいんだろうと思います。
なんか歌手としては本末転倒な気もするんですが・・・。

公式サイトのハングル版が出来たということで、韓国ファンをも取り込もうとしているのか、はたまた今更遅い気もするが韓流ブームに乗っかったのか、真意は分かりませんが個人的には手放しで歓迎とはいかないところ。
もちろん親日・中立の人もいるんでしょうけど、ニュース番組に影響されているせいか個人的にはあまりいい感情は持ってないですね。
こういう異文化交流は、一応自分のサイトも海外受けできるようにはしているつもりなんですが、こと韓国・中国にはわだかまりがありますね。
これが親日の多い台湾だったら、もうちょっと違ってたんですけどね。
自分も一部の過激な行動で全体がそういう風に見えてる感も否めませんが、事実ニュースで報道されてるような、認識のズレが双方にあるようだったら、どちらかが折れない限り真の異文化交流など無理だと思います。
ま、文化の違いと言ってしまえばそれまでですけどね。
実際その国に行って直に感じるとまた違うのかも。(これは向こうの方々にも言えますね)

超大作?

現在作成中の壁紙は過去最大数のレイヤーを使ったある意味大作になりそうな予感。
(ちなみに今までの作りこみNo.1はカントリー娘。01の壁紙)
出来はともかく(そこが肝心の様な・・・)作りこみは半端ではない感じです。
これをライナーノーツにしてるんですが、果たしてどこまで解説していいものか、細かい作業が多い分、そこを簡略すると1ページにまとまっちゃうと思うし、正直いまだ完成形も見えてないところなんで、どこに落ち着くのかも怪しい。
凝り性も考えものだなと。

とある方からmixiのお誘いをいただいたんですが、登録しないと他の方は見れないというのと、サイトのコンテンツ化に出来ない、またサイトの方が主体なのでおざなりになりかねないのを考慮しまして、お断りしちゃいました。
(せっかく誘っていただいたのに、ごめんなさいね)
仲間内で楽しむソーシャルネットワーキングもコミュニケーションのひとつだとは思いますが、会員登録する時点である種限られた人しか見れないようでは、せっかくネットという広大な世界に発信している身としては、ちょっと違うかなと思うところがあり、いろんなサイトを見てきましたが、mixi導入後のサイトさんが閑散していく様子を見てきた感じでは、今後もmixi登録する予定はないです。
同じ趣味を共感したり、友達の友達という横のつながりが増えていくのもいいんでしょうが、別にファンサイトしてる時点で、同じ趣味の人は来てくれるでしょうからね。
とりあえずあんまり他サイトさんに書き込まない自分なので、そこら辺はもうちょっと直していこうかなと思ってます。
っていうか、自分の文章は固いなやっぱ。(汗わら
職業柄が出るっていうか、テキストサイトやってる方の文才はすごいなと思いますね。
ここら辺もセンスでしょうから、自分には無い部分なんだろうな。(汗わら


6期国民オーディションで2436番だった子のイメージDVDが発売なるようで、謳い文句がいまだ「幻の娘。」だとか「国民投票1位」だとかいつまでオーディションネタで売ってこうとしてるんでしょうか。
ま、自分も入れた一人ではありますが(汗;)、今思えば静止画一枚で騙された感が強いので、幻で終わってくれたのが良かったと思う今日この頃。
今の世の中コバンザメ商法も受けないよ〜。
なんかAVの売り出し文句の様です。(わら

今週唯一の休日

今現在手掛けてるアクセが思いのほか細かい作業のオンパレードなので、なかなか進まず、休み休みの作業となってます。
今回のは久しぶりにライナーノーツ用にキャプしながら作っているので、作業内容もお分かりいただけるんじゃないかなと思ってます。
まだ基礎部分しか出来上がってないので、完成形にどれだけ近づけるか試行錯誤中なんですが、すでに次作の構想が出来上がりつつあるので、これも久々に公開ラッシュになりそうです。

「のまネコ問題」、いよいよ2chの管理人も動き出したようでおもしろい展開に。
今回のは2chの問題だけでなく、ネットで創作活動している全ての人に関わる重大事件だと思っているので、事の成り行きを見ていたわけですが、個人的にはやられたらやり返す人なので、ある意味大人げない対応かもしれませんが、人の痛みが分からない人にはあえて同じ方法で諭すのもひとつの手だと思いますがね。
これで企業側がネット活動に法的手段を行使しかねない気もするんですが、言論の自由が妨げられるのも考えもの。
お互い法律を盾に動くと膠着しちゃうと思うし、倫理観が問題だと思うのでそこで解決してほしいと思います。
ま、avaxもAAキャラは規制しないと言いつつも(何様だと思うが)、こと類似品を規制する商標登録しては、既存のAAキャラがイラスト・立体化された場合、類似品として規制しそうな気もするんですけど。
仮にしなくても、のまネコの類似品とAAキャラの違いはどこで見分けるつもりなんでしょうか。
自分は絶対問題だと思うんだけどね〜。
ちなみに自分は借り物での創作活動なんで、大きい事は言えませんけどね。(汗;

やばい!アンコールで絶対泣く!

本日めでたく20歳を迎えたごっちん。
と同時に2005年待望のソロツアーのスタートです。
ごっちんヲタが狂喜乱舞する様は見てとれるようですが、セットリスト見ただけでやばい。
やっと3rdアルバムの曲が聞けるのもうれしいですが、何よりアンコールのラストが「スクランブル」。
ごっちんのシングル曲では一番好きな曲がラストの感動の中聞けるとなると、これぞヲタ冥利に尽きるってところです。
かねてからアンコール、特にも本当の最後の曲はこれだと思っていたので、なんかね〜感無量ですわ。
今から千秋楽最後に聞けるのが待ち遠しい。

という事で12月に発売されるアルバムは予想通りベスト盤のようですが、実は一般層に一番入りやすい形態だと思っているので、自分は大歓迎。
かくいう自分も好きなアーティストのベスト盤は結構好きなので、間口を広げる意味でもごっちん初心者さんには、いいアルバムになるんじゃないかなと。
ここで「なんだよ、オリジナルじゃないのかよ」とふざけた事言ってるファンはファンに非ず。
矮小的な考えが昨今の閉塞感を生んでる原因でもあると思うので、門戸を広げることは大事。
ファンはアーティストの活動を後押しする存在であって、決して囲い込む存在ではいけない。
時には自分たちの欲求を抑えることも必要だし、控えることも必要。
歌手後藤真希として、今まで魅力に気付いていなかった人がアルバムを通してライブにも来てくれたら、自分はすごくうれしいですね。
そういうベスト盤であってほしい。

DEF.DIVAのアーティスト写真。
ん〜〜〜誰もが思ったと思いますが、「ROMANS」?
一番行ってほしくない路線へ行こうとしてるのかな〜。
後浦なつみの時といい、センスのいいツボの外し方をしてほしいところ。
今は悪趣味としか言えないな。
歌番組出演時には変わっていてほしいと切に願う。

I.W.G.P予選開始。
目下エントリー作品の一覧を見て、多少あった自信も減る一方で、とりあえず一つでも本選出場を果たしてくれればと願うだけ。
まずもってサムネイルだけでなく、実サイズで見れるのでひと安心。
細かい作りこみをしていた分、サムネイル上では全く見えない部分もあったりと心配してました。
ま、作りこみがそう見えず、ただシンプルなだけにとられるとそれまでですが。(汗;
さてさて結果は如何に。

少しヲタらしい事を・・・

第3期メンバー決定から、自分の人生の一部を掴んで離さないその女性は23日で20歳になる。
自分はとうに経験した年齢ではあるが、19歳から20歳の境は何気に大きい。
生活が一変するとかではないが、気持ち的に何か大きい物が芽生えたのは確かだ。
社会的な責任といえばそれまでかもしれないが、未成年といういわば親の保護の下生活してきたものが、20歳という年齢から全て自己責任になっていく。
10代で芸能生活を送っている彼女達は、学力こそ劣っているかもしれませんが、普通に学生生活を送っている人よりも、大人に囲まれた芸能生活を送っている彼女達が責任という重み(プロ意識というべきか)がどれほどのものか十分承知しているものと思います。
自分で稼いだお金が自由に使えるのも社会人の旨みなのかもしれませんが、そのお金を稼ぐのに日々責任の重圧が掛かっているのも事実。
そんな日々の重みを和らげてくれたのがハロプロのメンバーであり、ごっちんでした。
そのごっちんが20歳になるわけで感慨もひとしおなんですが、あの鮮烈な金髪デビューから6年、大人びた少女は紛れもなく大人な女性へとなりました。
明日からは待望の秋ツアー初日。
自分も千秋楽参戦しますが、ハタチになった後藤真希を見せてくれる事でしょう。
ごっちん、20歳おめでとう、これからもよろしく。

とそんなわけで日付変わってから公開となりますが、ごっちんの生誕記念の壁紙公開。
過去にそういう事をしたことがないので、推しとしては20歳という記念すべき誕生日にはと思って作成させていただきました。
結構最後の最後まで使用画像の選定には迷ったんですが、写真集から一枚も作ってないのと昨今作成スタイルの命題でもある空間処理をモチーフに作成してみました。
まあ空間処理はまだ満足のいくところまで行ってませんが、何気にデスクトップ上でごっちんに見つめられるカットはなかなかいっしょ。(わら

ぴあGJ!

23時を回っておもむろにメールチェックする。
電子チケットぴあの当落確認をするためだ・・・。
一度深呼吸をし、メーラーを起動する。
6つあるアドレスを順を追ってチェックしていく。
ん?ぴあからメールが来ている。
件名には「プレリザーブ結果通知[後藤真希(宮城)]」の文字が。
再び深呼吸して届いたメールを開く。



[****]様

プレリザーブにお申し込みいただいた、
[後藤真希(宮城)]
のチケットのご用意ができましたのでお知らせいたします。

[結果]
第1希望:○



よっしゃ〜!!!きたよコレ。
FC枠で外した夜確保完了〜。
この際席はどこでもいい。
ディナーショーのうっぷんをこれで昼夜と晴らせるってもんです。
千秋楽、しっかり見届けたる!
(これで再追加公演あったら泣くな・・・汗;)

スランプ?

9月に入ってから手を付けたアクセがことごとく暗礁に乗り上げ、気分転換にサイトのトップ回りをいじったりしてましたが、頭に描いたデザインがフォトショ上に具現化出来ず、職人気取りで言わせてもらえればスランプってやつなのかもしれません。
I.W.G.P用に気合入れすぎたために燃え尽き症候群かもね。(汗;
とはいえあくまでうちはハロプロアクセサイトなんで、いろいろ案件は出てきてるものの一向にモチベーションが上がらず、難儀しとります。
とりあえずデザインの神様の降臨を待つ。

以前レンタルでも見てたんですが、TVで流れた「黄泉がえり」をまたしても視聴。
前回見た同じ場面でまたしても喉の奥が閉まる感じ。(わら
あのね〜山本扮する兄弟がキャッチボールするシーンが何度見てもやばい。
あれは男兄弟なら分かるシチュエーションだと思うんですが、言葉を交わさないというのが非常に心情に訴えるものがありますね。
ストーリー的にはファンタジーなのでありえないわけですが、なんか優しくなれる映画だね〜。
ちなみに自分が今まで見た映画で一番好きなのは「天使にラブソングを」の2作目。
1作目も好きなんですが、2作目の方が音楽の力というのがすごいものなんだと実感させられる作品です。
音楽好きには是非見ていただきたいですね。
ちょっと毛色は変わるけど「スクール・オブ・ロック」もお奨めです。

で音楽の力をまた実感したのが「学校へ行こう!MAX」での女子十二楽坊との共演を果たした高校生の話。
国は違えどどこか懐かしい癒される音楽が個人的にも好きな女子十二楽坊と独学で楽器を覚えた沖縄の高校生とが、観衆の前で「地上の星」を披露したんですが、やっぱ音楽っていいな〜としみじみ思うわけですよ。
ジャンルは違えど、娘。や他のハロメンの曲で人生が楽しいものになっている人っていっぱいいると思うんです。(自分も含めて
ある意味自分も人生を狂わされた一人ですが、少なくても楽しんでこれたし、これからも楽しめると思います。
Life is Music,Life is Hello Pro.

連休疲れ?

体調が良くなったり、また悪くなったりで一向に安定しないっす。
これが仕事モードになると良くなったりするしね〜さっぱりですわ。
そんなわけで大分日記も書いてませんでしたし、アクセも全く手をつけてません。
とりあえずここ数日はネット・ハロモニ関係も大分未チェックしてたんですが、なんとか復帰?
久しぶりにメールチェックしてみたらスパムだらけに閉口。
電子ぴあで千秋楽ごっちんコンの案内が来ていたので夜公演だけ申し込み。
これでもだめだったらいよいよオクかな・・・転売屋にもうけさせるのは嫌だけどね。

さてさてネット巡回も全くしていなかったら、うちとリンク貼っていただいてるあいもよう。。。さんに何やらトップに載せていただいたりと、全く大したことはしてないというか、余計なお世話はしたかもしれない。(汗わら
うちとは格段にアクセス数が違うサイトさんなので、恐縮至極です。(わら

FF7AC雑感

FFシリーズでも最も好きな7の後日談が映像作品として生まれ変わると、かなり前から期待してたんですが、いやね確かにすごかった。
「FF THE MOVIE」という商業的には失敗した過去があるので正直不安な部分もあったりしたんですが、個人的には十分合格点を上げられます。
というか期待以上だったので十分満足したといった感じ。
そもそもゲームのデモCGには定評のあるスクウェアですから、見た目は心配してなかったんですが、肝心のストーリーも説明不足はあるものの、納得の終わり方でよかった。
実写ではありえないアクションやカメラワークもCG作品ならではなんでしょうけど、やっぱ魅せ方が上手いな〜と感心するばかり。
スタッフロールの映像部分にCG作品の未来を見た気がします。
あ〜なんかゲームしたくなってきた。(わら

こういうの見るとインスパイヤされまくりなんですけど。(わら

イケてる?

当方も参加しているI.W.G.Pのプレ公開が始まりましたが、さすが名立たるサイト・職人さんが参加しているだけに目を引く作品ばかり。
こう一覧として並べられると、魅せ方や配色など参考になりますね。
ま、当方で何作品出品したとか書いちゃうと俄然つまんなくなるので書きませんが、我ながらMIB風を消しきれなかったと思います。
現時点の集大成のつもりで作成したから、らしさは残ってしまった感がありますがもう少し色々試しても良かったかなと。
ちなみに一度公開した物をデザイン修正する事は、自分のサイトでもしていないので(綴り間違いは直しますが)、一度出品した物も修正しません。
あ・・・松浦05の壁紙だけは公開後直してますね・・・。(汗;
あれだけ例外です。(汗わら
しかし細かい作りこみしていた分、縮小されるとやっぱ潰れちゃうし、意図した部分が伝わりづらいな〜。
結構自信あったやつも普通に見えるし、何より元画を知らないと分かんない部分だったりするしな〜。
コンテスト用に分かりやすく、しかもインパクトあるデザインをしてみれば良かったかな〜。
他の作品さんと比べると粗ばかり気になるしね〜。(汗わら
これぞっ!っていう作品がどこまで行けるかが楽しみであり、心配な部分かな。(わら

万才!ガッタス!!

2市またいで探してきましたよ、「万才!フットサル」。
これね、マジ名盤。
ガッタスサポーター(現場・在宅限らず)を自負している方は見なきゃダメです。
発足から伝説の5.23までのメンバーそれぞれの苦悩だったり、成長過程だったり、TV放送では流れなかった部分が盛り沢山。
正直発足当初は一過性のものだと思っていましたが、ここまで本格的で他事務所巻き込んでの規模になるとは想像もできなかったんですが、それでもこのDVDも見ると必然だったのかなと実感。
でね、やっぱり劇的な優勝を飾り伝説を作った5.23第2回739カップ。
試合の模様は以前にも見てるんですが、あのね〜このDVDに収録されている試合の模様が、これまでの練習風景やらメンバーの苦悩やらを見た後なんで、PKでみうなが手を挙げた瞬間、涙出てくるんですよ。
CS放送時の感動なんて半端じゃないくらい、めちゃくちゃ泣ける。
結果ももちろん知ってるんですが、選手の成長過程・前大会での悔し涙を見せられた後だからか、みうなが手を挙げたシーンは心を揺さぶるものがありますね。
個人的には合宿時の模様(練習風景以外のも)も収録してあったら完璧でしたが、何にせよここ最近のガッタス関連Sals3とDVDは外せないものになりましたね。
vol.1と明記してるから、もちろんvol.2出すよね〜?
期待してますよ。

ネタなし・・・

BBSに書いたのを日記にすれば良かったかな。(汗;
なんてことない日常なんで、家帰ってきてもみんゴルしてたくらいだしな〜。
まず明日ですよ「万才!フットサル(題名もうちょっとなんとかならんもんだったのか?)」をフラゲしてきたら、速攻で見ようかなと。
それくらいかな。

あ〜そういやノートン更新しなきゃ。
またしても出費がかさんでいくな・・・。

世の中は騒がしいが・・・

やれ選挙だ、キッズが卒業したとか世間・ヲタ界もなにかと騒がしいようですが、結果の見えている選挙には興味ないし、ましてアンチキッズと公言している自分にとっては、まさに対岸の出来事。
だからお子様には芸能活動なんて向いてないんだって。
一般教養身につけてからだって遅くないって。
いい大人が振り回されすぎ。
だんだんハロプロも狂信じみてきた感があるので、自分は大分冷静に見始めてますね。
コン参戦時も一種の新興宗教ぽい、ある種異様な空間である事は間違いないでしょう。
ま、そういう中には自分と同じように冷静に見てる方々や、純粋に歌・ダンス等パフォーマンスを楽しむ方々も居ると思います。
付かず離れずくらいのスタンスが丁度いいのかもしれませんね〜。

本日の休日の過ごし方。
前日のライブ疲れも心地いいくらいで起床したが、朝飯食って再度かなり早い昼寝。(汗;
給料日前なのでちょっとお出かけも出来ず、暇を持て余し始めたのでかなり溜め込んでいる動画エンコを開始。
それも飽きてきたんでPSPみんゴルで育成。
友人よりもランク上げるためにも、やたら真剣にプレー。
なんとかみんごる王まで昇りつめたが、やり込むつもりは毛頭ないので惰性でキャラ育成にいそしむ。
夕方NHK-hiの「義経」を鑑賞。
総集編っぽいが、後半能子、兄との対面シーン。
前話ではシャープに見えていた能子がまたしても丸く見える。
中正座の姿勢に萌える。(わら
悲しい表情が伝わるいい芝居。
立ち去る後姿に再び萌える。(わら
夕食後、サイト微調整しつつI.W.G.Pが14日にプレ公開されるという事でちょっと楽しみに。
「のまネコ問題」を気にしつつ現在に至る・・・。
我ながらしがない休日ですな。(汗わら
とりあえず「万才!フットサル」が楽しみでしょうがない。

やっぱライブ最高!

仙台昼コンに参戦。
仙台は当方の主戦場、いわばホームでもあるところなんですが、今までは汽車(自分も列車ではなく汽車だな〜※1)移動だったんですが、今回は車移動。
ゆうに2時間以上は掛かるんで、ドライブがてらと今後の為に道覚えとくのもいいかなと思い、早めに家を出発。
途中田舎者ドライバーによくある都市部で道に迷う(路地が苦手)こと30分、普段駅から歩いてだとスムーズに行く道のりが結構大変なものに。
おかげで道は大分覚えたな。(わら
とりあえずレポというよりほとんど総括的な内容ですが、春ツアーの流れがいい具合で昇華されているのかなと。
メンバーで曲を持ち回すのも春ツアーより合流の仕方やセットの使い方、組み合わせも工夫されていると思います。
何よりツアータイトルにもなっている久住(くっすみ)。
まだ形をこなすだけで自分から色々出していく段階ではないとは思いますが、いやいや頑張ってるんじゃないんでしょうか。
同期がいない分、かえって先輩との付き合い方がうまくいい方向に向かってる結果だと思います。(もちろん個人の努力も)

さてセットリストは他のサイトさんを参考にしていただくとして、まだツアー始まったばかりなので主観と多少ネタバレも含みそうなのは以下追記へ
今回の座席も俯瞰視点の3Fセンター通路側。
ま、仙台サンプラザは遠目でも肉眼で顔認識できる会場ではあるものの、いい加減俯瞰視点は飽きてきました。(汗;
FCさん、いい加減地上に降ろしてくれ。

とりあえず初っ端からラブマ→ラヴ&ピィ〜ス!の流れは最強。
っていうか前にも書いたけど、ラブマ自体パワーのある曲はメンバーが変わっても凄い。
TVやDVDで見るよりも一番ライブで体験して欲しい曲。
ライブで聞く見る度に鳥肌立つんですけど。(わら

プッチのバイセコー大成功。
ん〜唯一選曲ミスと思われる曲。
おもしろい曲だけど、ライブ向けではないと思うので非常にノリにくい。
俯瞰視点から見てるとサイリュウムの動きがバラバラ。
その前の小芝居に合わせた曲なら、小芝居の方を手直しすべきだったなと。

タンポポのラストキッス。
やはり高橋の存在の大きさに感嘆。
娘。が歌手として成り立てているのも彼女のお蔭なのは明白でしょう。
(藤本は元々ソロだしね)
自分の中では、娘。ボーカルとしてメインが高橋・藤本、サブが田中・新垣だと思っているので、オリジナルは超えられないもののなかなか聴き応えがありました。
サブに小川と書きたいところなんですが、音楽の素養がない自分が書くのもおこがましいのですけども、小川は歌はうまいと思ってるんですが特徴がない。
田中はなんといっても高音域、新垣は抑揚の付け方がうまいと思ってます。
小川にはうまいだけではなく、武器になるものが欲しい気もします。
ま、音楽に詳しくない者の戯言だと流してくれていいので。(汗わら

涙が止まらない放課後。
つんくPも紺野の為に書いたと言わしめる楽曲。
リリース時もメインはりましたが、今回はソロ。
正直誰が予想したでしょうか。(わら
成長の歩みは遅いけど、確かに少しづつ成長している、それを思わせてくれるパフォーマンスでした。
決してうまいとは言い切れませんし、声量が不安定な部分もまだまだありますが、赤点で入った子がここまでになるとは・・・とりあえず感無量。

基本的に春ツアーと違うところは、アルバム楽曲主体からシングル主体になったところでしょうか。
バリバリ教室と銘うったからか、新人のために娘。の歴史をレクチャーしていくというコンセプトなのかな。
かえって古参ファンが楽しめる作りだったと思います。(わら
春ツアー時でもそうでしたが、こうメンバーで持ち回すのはダレがなくていいね。
ライブの統一感というか時間を忘れる事が出来る構成なので、今後も続けていって欲しいな。
カラオケコンはいいけど、選曲も大事だなと。
もうちょっとライブのノリっていう部分も大事にして欲しいかな。

※1
なっちも汽車というらしいので、寒い地方ならでは?なのかも

AAは誰の物?

以前7/24付の日記でも触れましたが、「恋のマイアヒ」に登場する「のまネコ」なるキャラクター展開に2ch住人が憤慨、Flash公開当時やそれが商用CDに採用されるまでは大絶賛だったのに、キャラクターグッズが販売されると一気に怒りの対象となったわけですが、自分はねらーでもないし、AA自体使いませんが著作権にうるさい企業がそういう事しちゃダメでしょう。
ま、キャラクター展開するうえでコピーライトとかが必要なのは分かりますが、手を出した物が悪すぎ、対応も悪すぎ。
しかも一部改変してオリジナルキャラクターだと言い張るのでは反発食らうのは当然でしょう。
「のまネコ」の権利会社(avexの関連会社)なるところの見解では、既存のAAにインスパイヤされたものを映像化し、オリジナルティを加えたものと発表されましたが、いやいや既存の物を一部改変しただけでオリジナルという意識の低さに愕然。(パクリ容認か?)
CCCD売り出している企業のなせる業とは思えない所業に、ネット社会に住み着いてる者としては由々しき事態だと思っています。
(自分はこういうサイトをしている手前、でかい顔は出来ませんが・・・汗;)
ま、2chの住人が怒りをあらわにしてるのは、一部企業が利益を上げるという事よりも、コミュニティが育んだキャラクターを、勝手に改変しかも名前変え権利を主張している点なんでしょうね。
電車男や人気ブログの書籍化等々、ネット発のものは最近の流行傾向なのかもしれませんが、今回のキャラクター展開はいまだ法整備の曖昧なネット文化(だから良いのかもね)から、おいしいところをぶんどった悪行と言わざると得ません。
個人的にはのまネコの権利も放棄して、ネット共有財産としない限り誰も納得しないんじゃないかなと。
しかしavexも調子こいてキャラクター展開なんてしなければ良かったものの。
ネットの力をバカにし過ぎ。
多分今以上に事が大きくなっていくと思うよ。
やってる事は中華・韓国と変わらん。

move木村氏、デビュー曲から聴いてるけど、男だね〜。
改めてファンで良かったよ。

痛いな〜

なっち壁紙公開したばかりなのに、DS Downloaderなるソフトでおそらくサイト解析しながらDLしたのであろう160ファイル×8回アクセスって・・・。
しかも25分間の間に・・・。
うちの借りてるサーバーは週の転送制限があるとこなんで、一応転送量考えながら公開してたりするんですけど、さすがにこの時はまずいと思ったね。
大体新しいアクセを公開するとその日・次の日くらいは1000以上/日するんですが、今回は1000以上/人でしたから、対策講じなかったら2000オーバーしてたところでした。
なに、DLソフト使うのが悪いんじゃなくてDLの仕方が悪いよね。
公開してる壁紙全部DLしても166ファイルなわけですよ。
だから普通にDLすれば最大でも一人166アクセスで済む(2〜3回重複アクセスは大目に見てます)ところが、一人で1000オーバーはひどい。
週転送量を加味して今回は日付変わるまで入れないようにしましたが、できれば色々制限はしたくないので普通にDLしてください。
いちいち保存するのが面倒なのも重々承知してますが、心無いユーザーがいる以上対処しなければサイト存続もできなくなるので、ご了承くださいませ。

うちは大手サイトさんのようにでかくするつもりもありませんし、逆に知る人ぞ知るみたいなちょっとマイナー系で十分なので、宣伝広報はすすんでしませんし、あんまり他サイトさんにも書き込みしませんが、うちのサイトを見つけてくれた方やブックマーク、お気に入りにいれてくれている方々は大事にしたいと思っていますので、サイト運営にご協力ご理解くださいませ。

とりあえず安心か

巨大台風が列島横断の進路をとっており、当方住んでる地域は7日夕方から8日にかけて暴風域に入ると天気予報を見て、不謹慎ながら娘。コンに直撃しなかった事を喜んでいるMIBです。
悲しいかなヲタなんで・・・その日のことよりライブの方が気になるとは。(汗わら
とりあえず快晴であってくれ。

なっち14壁紙公開中。
自分には珍しい部類に入るパステルカラー調で仕上げてみました。
「恋の花」をイメージした作品なので、詩と合わせて胸にもなっちの好きなガーベラをあしらい、頭にも飾ってみました。
今回は今までにも数点しか作っていない日本語表記にしたり、なっち画像のエフェクトの工夫、ロゴ加工と普段あまりやらない方法とか普段そこまでしない部分に手を加えたりとかしてみました。
ま、ぱっと見はあんまりいつもと変わらないかもしれませんが、この1枚仕上げるのには普段の2〜3枚作れる労力を注ぎ込みました。
なっちもこの曲をアルバム作れるくらい頑張った曲だと聞いてましたからね、自分も頑張りましたよ。(わら
そんな訳で今回特にも時間掛けて仕上げたのはロゴ部分。
今までのはフォント決めたら色指定とか枠組するくらいで、ロゴ自体をいじる事はなかったんですが、今回はロゴデザインまでしてみました。
とにかく全体的に花素材は欠かせないだろうと、ラジオ出演時に好きな花はガーベラと言っていたので、それをモチーフに花が咲き乱れる感じを出しつつ、くどくないように配置。
色も淡目にしてあんまりロゴ部分も目立たないようにしてみました。
とにかくなっちらしさ、楽曲の雰囲気を大事にして作成したつもりです。
果たして伝わるかな・・・(わら

やっぱりな・・・

どうやらごっちんディナーショーとは縁がないようで、今度も席がご用意できないとぬかしやがるもんですから、ヤケ酒をあおるMIBです。(いやいや元々下戸ですから
無理だとは思っていたが、やはり心のどこかでは僅かながらでも微妙に微かでも期待してた部分もあったので(十分期待してたやん)、とことんFCにはあきれ果てた感じ。
狭き門なのは重々承知してたけど古参ファンは大事にしとけよ!(捨て台詞・・・

最近到着が遅くなってきた青封筒、やっと届きました。
追加コンは今回自分がそう簡単に行ける場所ではないのでスルー。
問題はFC限定のDVD、そうごっちん横浜イベのDVDですよ。
おそらく当日最終日の模様だとは思いますが、自分は2回目参戦なので晒されてはいないでしょう。
秋コンが決まった今、当日の肝は何といっても握手しかないので(手品は正直微妙)、多分行った人しか楽しめないDVDだろうな。
っていうかディナーショーが映像化なったら発狂しそう。
生バンドでのライブを切望してる自分にとっては夢空間ですからね。

とはいえ今回ごっちん秋コン再追加もないという事は仙台が千秋楽でファイナルアンサー?
となると昼公演だけで満足か自分!
夜行っちゃう?

凛として・・・能子

来ましたよ、能子最大の見せ場であり、義経の物語でも最大の山場壇ノ浦の戦い。
超有名は歴史中の出来事なんで、知らないという輩は学校イチからやり直せ!

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ
(平家物語〜)

学生時代は読みや現代訳ばかり覚えていた気がしますが、大人になって社会に出て色々経験すると、実に深い意味があるな〜と思う。
「隆盛を極めても、いずれかはその勢いも衰える」確かに。
人生誰しもピークとなる時期があるんですよ。
自分はどうかな〜これから先もあるんかな〜小学生の時がピークか?(汗;
できれば年金もらうくらいの時に今が一番幸せと思いたいところです。
さて、肝心の能子さん。
正直今までのごっちん出演シーンは多少(多少ね)顔がむくんで見えてた為、ちょっと丸顔っぽく見えてたんですが、第35話は違うね。
演技なのかすごくシャープに見えて、かっこいい能子でした。
久々に目力みなぎるごっちんの演技、かくて死を覚悟した船の中で崩れた髪形。
かっこいいまさに雑誌に書かれているほど「凛として」が様になってました。
多分来週くらいが最後かな・・・ともあれ05年大河ドラマの最大の見せ場に後藤真希という女性が存在感出してたことに拍手。

また仕掛けてきましたな・・・

年末に向けて昨年の後浦なつみに引き続き、今年はDEF.DIVAとして安倍・後藤・松浦・石川でのユニットとのこと。
確かにハロプロで実質のトップ勢を集結させた形なんでしょうが、各板でも自分が感じた事が書かれている。
・後浦なつみwith石川
・Def techの模倣?
否定的ではないが、新鮮味と似た名前のユニットがすでに存在している懸念は多少あります。
正直すげ〜とかの感情は薄い。
ごまっとう→後浦なつみの流れがすでにあるから新鮮味は薄いし、単に石川を入れただけと言ってしまえばそれまでだしね。
加えて今年は選抜メンバーのシャッフルもしちゃってるし。
それとDIVA(歌姫)とユニット名にしてまで、肝心の楽曲がおちゃらけたり、ダンスに特化した曲だったら・・・。
石川が居る時点で多少の不安(歌という部分でです)があるものの、やはりビジュアルインパクトはあると思うので、どこまでアピール・プロモーションできるのか。
最近のプロモーションは対ヲタ向けにシフトしているので、おそらく今回もイベントありきではないかなと。(また握手会か〜?
TV番組もあんまり期待できないし、タイアップもないようなので相変わらず売る気あるのか心配になります。
ま、まだユニットコンセプトでもあるビジュアルも公開されてないし、楽曲もどんな曲調なのか分からない上ですが、私的にはネガ7:ポジ3くらいかな。
個人的にはカレッツァに負けず、ガッタスもCDリリースして欲しい。
っていうか本業だしね。
自分達で応援歌作ってくれれば、サポーターも応援に熱が入るってもんですよ。

なっちお奨めの映画

以前マシューで出た時だったかな、なっちが好きな映画ということで「アメリ」を紹介してましたが、BS2で放送あったので見てみました。
フランス映画は「Taxi」シリーズが結構好きだったりくらいで、個人的にはあんまり馴染みがないんですけど、確かになっちが好きそうな映画でした。
他者との関わり方が苦手で夢想家の主人公が、登場人物の人生を変えつつ、自分事だけは実に回りくどい方法で気持ちを伝えようとする恋愛?映画。(分かりづらいな・・・汗;
フランス映画っぽく全編的に洒落た(品のあるお洒落ではなく)雰囲気の映画。
登場人物に全て意味を持たせているのは、なるほどと思わせる出来。
個人的には父親の旅する人形のくだりが好きかな。
人生をやり直すというか見つめ直すというのが、実は些細なきっかけだけなんだと感じましたね。
自分もね〜たまにハロプロに掛けた年月と金額を考えると「これでいいのか?」と自問自答しそうになるんですが、でもその時々に感じる心の充足感とかって価値としては出せないものだし、ある意味お金を出して買ってる部分もあるんでしょうが、それだけではないですよね。
まさに「ハロプロに掛けたもの=プライスレス」な訳ですよ。
だからハロプロに費やした年月は決して無駄ではなかったと思う。
ま、これもいい思い出に変わる日が来るんだろうな〜。

なっちとAV女優がトークする番組って何気にすごいな。(わら
及川奈央さんお世話になりました。(汗わら

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search