ペナルティ?

■その先にあるのは
藤本が例のスキャンダルを起こしてから、どんどん露出が減り、とうとうラジオのレギュラー番組まで終了してしまいましたが、元より10月の改変期で終わる予定だったのかもしれませんが、まあタイミング的にもなんとなくペナルティっぽい感じがします。
と同時に結果的には目下ガッタスのフットサルだけが唯一の活動の場(GAMはスケジュールがないので)みたいで、冬ハロにも産休二人と後藤・藤本が不参加とアナウンスされているようです。
矢口の時も、本業である歌手活動はさせなかったUFAですが、メディア露出はむしろ娘。在籍時より増えるという何のために辞めたのか分からない始末で、この対応が後々のスキャンダル連発を招いた原因でもあるように思っていたのですが、ここにきて藤本へのある意味徹底した活動制限は、もちろん矢口・藤本のキャラクターの違いはあれど、UFAのタレント管理の危機感を感じると同時にある種の不安感も覚えます。
ある種の不安感というのは、これって果たしてペナルティとしての活動制限なのかどうかということで、まことしやかに噂の絶えない後藤の事務所移籍話に端を発するんですが、活動制限というよりも身辺整理のような気がしないでもないんですよね。
むしろこれを契機に事務所移籍やハロプロ枠から離れることもあるのかもしれない。
都合が書けない都合ってどんなだよと思いつつ、杞憂で終わってくれるのが一番なんですが、上半期に色々あったことを考えると一抹の不安は消えてはくれませんね。
だいたい身から出た錆とはいえ、藤本美貴という人材をただ閉まっておくのは非常にもったいないし、ことアイドルという枠で考えるから問題が多々あるわけで、むしろハロプロ枠、つまりはアイドルというカテゴリーから外すことで一歌手として活動できないものかなと思うんですが、まあグッズ資本主義の事務所にしたらハロプロ枠から外すことは考えないだろな〜。

個人的には最近の後藤ブログを読むにつけ、倖田や浜崎のライブ行った話や突然ファンへ向けてのメッセージだったり、冬ハロ欠席の方が不穏な動きとして邪推してしまいます。
まだまだハローの行く末は厳しいな〜。

■続々CCFF7
やっとクリアしました。
ミッションもできるだけやろうと思ったのですが50%越えで断念、っていうか面倒くさくなってきたので、ちゃっちゃと本編終わらせようと思い、いざラスボスへ。
いや〜ラスボスまで乱打で終わるとは思ってもみなかったんですが(汗;)、EDが・・・(泣;
涙腺の弱くなった自分には反則です。
ファンにとってはザックスの結末は周知のはずですが、FF7・FF7ACと続くメインストリームが自分の中では完結できた思いですね。
絢香の歌うテーマ曲になんくせ付けている方々いるようですが、個人的にはぴったりだったと思うんですけどね。
いや〜いいお話でした。
ホントFF7リメイクしてくれないかな〜。

神リスト

■娘。秋コン
関東以北が全くもってハローから遠ざかる、否、遠ざけられている昨今東北在住のヲタさんお元気でしょうか。(わら
いやね、こうもさ朝晩の冷え込みを感じる季節となれば、秋なんて言っててもすぐ冬きちゃうんですが、まさにヲタワークするのに財布からは現金が飛んでいく一方、ハローが出る番組の放送は無いわ、ライブも無いわで、有償の愛それもものすごく一方的かつ搾取されるだけの存在になりつつある今現在、まさに秋風が心の中を吹きすさむばかり・・・。
挙句、写真集の回収率が高いのか、最近やたらと短期間でのリリースが相次いでるのは、ファンの多様性かつ単一化がもたらすものなのかなと、なんだかんだで需要と供給が紙一重で保たれてるような気がするんですけどね。
というよりも数多出るグッズに踊らされているだけなのかな。(わら
ある意味今ハローは未曾有のグッズバブルのような気がしてならないのですが、くれぐれも文字通り泡とならないようにしてほしいなと。

ま、過去FC限定物も含めて映像物は片っ端から買っていった自分ですが、最近はさすがにリリースラッシュに追いつけず、また無理するまでもないなと一通り悟ってしまったので、かつてのような熱病チックな購買意欲はないですし、またHDDレコ使ってのエアチェックも当然本人の出演がないものだから、ほぼDVD再生専用になりつつあります。
変なところで諸行無常を感じつつ、今回の本題ですが(前置き長っ)、2007年の娘。秋コンのセットリスト・・・何これ。
マジで「いきまっしょい!」とかさ「ラヴ&ピィ〜ス!」とかさ「好きな先輩」とかさ「男友達」とかさ、名盤と名高い4thアルバムからの楽曲やら「HOW DO YOU LIKE JAPAN?」以降の怒涛の構成なんて、思わず頭抱えてしまいました。(壊
いや〜ちょっとこれは反則気味なセットリストでしょ。
あのね〜公演見れる人、地方で血の涙を流しているヲタがいることも念頭にライブ見てきてくれ!
くっそ〜マジで凹む・・・。
ま、「男友達」が光井なのは多少引っかかるところではありますけどね。(汗わら
(個人的になっちの曲として完全にインプリンティングされてるので、他者が歌うのに多少抵抗があります・・・吉澤は認めれても光井はね〜)

■レス
>みなみさん
ご覧の通り、再び愚痴モードで帰ってまいりましたので、多分大丈夫です。
ハロメンの活躍がいい薬になるんでね。(わら

ちと体調不良・・・

■それは突然に
まあ、月曜も仕事だったんで普段通りに仕事場に行き、いつもと変わらずダラダラ仕事してたんですが、どうもお昼まわってからこめかみ辺りに違和感が出始め、頭痛持ちなのでいつものアレかな程度だったんですが、ものの見事に薬も効かず、どんどん悪化する始末。
なんとか就業時間中は凌いだのですが、家に帰ってもう胃の中からっぽになるまでアレしちゃいまして、月末時忙しいんですがぶっちゃけ軽く死んでました。(わら
いや〜久々にあれだけ酷い頭痛はなかったな〜。
おかげに今は体力落ちてはいますが何とか復活しまして、明日の仕事に備えて体力復活に全力を挙げて寝るところです。
ということで丸一日何にも出来ず、またせっかくアクセのリクしていただいていたのに作業出来ず、自分にとっても本懐ではないのですが、休むのも肝要と決めまして明日以降また活動再開したいと思います。
いや〜急は体調不良だったから我ながらびっくりしましたね。
人間健康第一です。(わら

続CCFF7

■終盤
アーカイブシリーズ手掛けていたにも関わらず、時間をみては進めてきたCCFF7もラストダンジョン最終ボス手前まで来ました。
FFシリーズで特にも7が好きな自分にとっては、もういちいち細かい部分がたまらんな訳なんですけど、主人公の結末が分かっている物語だけに終盤になればなるほど進めたくなくなってしまうんですよね。
この世界観に浸っていたいのもあるのですが、本編にどう繋がっていくのかも非常に気になるところで、まさに痛し痒し。
ま、ミッション重ねがら近日中にはクリアしたいと思ってます。

■レス
>みなみさん
おお、PSP壁紙がうちのサイトのきっかけでしたか。
あまり需要の多いコンテンツではありませんが、自分自身も使えるのが始めたのがきっかけでこうしてサイトまで来ていただけると作った甲斐ありましたね。
ここ最近PCの壁紙ばかりでしたので、しばらくは他コンテンツ用のアクセ増やしていきたいと思います。

メモリアル

■娘。10年
娘。誕生10年を記念して、当サイトでも何かしようかなと7月に入ってからちょっとづつ進めていたプロジェクトもようやく公開に扱ぎつけれました。
「愛の種」から「女に幸あれ」までの35作品全てのPVをモチーフにすることは当初からの計画だったので、まずもって大変だったのがPVのキャプチャ。
当然35作品全てのPVをコマ送りや戻し作業をかけながら、使えるシーンをキャプチャしていく作業なんですけど、完成形では当時のメンバー人数に合わせてのウインドウだけ使ってますが、その数倍のシーンをキャプチャしているわけで、そこから厳選しては配置、気に入らなければキャプチャし直しという作業の繰り返しで、8月中頃までは35作品のキャプチャと、大本のデザインをする準備だけに費やされましたね。
基本的には当時の在籍メンバーが平均的に出るようなシーンを選んだり、象徴的なシーン、PVの雰囲気を重視して使えるシーンを選んだんですが、やはり当時いわゆるエースとして推されてるメンバーはいいシーンも多いので、多少アップ過多にはなっています。
流れ的には安倍→後藤→高橋みたいな感じでしょうかね。
PVを通して見たら、エースの変遷、また後期につれてどんどん作りが単調になっていくのが非常に分かりましたね。
キャプチャしてても「涙が止まらない放課後」以降のPVが、アップ・ダンスシーンで構成されているだけなので、非常につまらなかったです。
ちなみに「Do it! Now」と「笑顔 YES ヌード」のみ特別仕様となっていますが、当初は「Do it! Now」のみ黒背景で行こうと決めてました。
個人的に思い入れの深い曲でもあり、何より自分が壁紙を一番最初に作った時のモチーフになったPVでもあるので、かっこよく仕上げたかったこともあり特別仕様となったんですが、「笑顔 YES ヌード」作成時に結構いいシーンがキャプチャできたこともあり、これも特別仕様とさせてもらいました。
ま、他にも黒背景の似合うPVはあるのですが、あえてこの2作品のみの仕様とさせてもらいました。
これでほぼ2ヶ月に渡って作成してきた娘。アーカイブシリーズですが、35作品3パターン105枚を一挙に公開するという我ながら暴挙に近いことをしましたが、娘。の10年を感じてくれたら嬉しいですね。
さて、いい加減他のアクセも取り掛かります。(汗わら

■レス
>みなみさん
ほとんどプロモらしいプロモもされていないので、何のために立ち上げたのか理解に苦しむところだったんですが、どうやらラジオのレギュラー番組が決まるみたいなので、単発ユニットで終わることはなさそうでひと安心。(わら
メロンの「お願い〜」があの完成度でインディーズ発売するような事務所だから、あんまり期待できないのは分かりきってますが、少し市場調査をちゃんとしておいた方がいいと思うんですけどね。
まあ写真を大量に焼き増ししてセットで500円で売った方が利益率高そうだしな〜。(わら

音楽ガッタス

■あまりにも惜しい
「鳴り始めた恋のBELL」やそのPVの出来がいいだけに、事務所のプロモが全く働いていないことに非常にがっかり。
確かにさ〜グッズ開発に投資しているだろうとは思いますが、肝心の歌手活動がこうおざなりではぶっちゃけ不満です。
相変わらず愚痴からの書き出しですが(汗;)、こう褒める部分が少ないのが今のハロプロなんだよね。

さて紺野復帰の上昇気運をシングル発売の延期や、やっと発売されてもプロモ活動がほとんどなしという、全くもって事務所が何をしたいのかさっぱり分からない昨今ですが、楽曲は近年のハロ系の中でも上位に入るであろう良作だと思うのですが、何よりエッグから人材を入れて育てようとする部分が垣間見れるのは、最近のユニット間越えの単発ユニットよりは、まだやりたい事が見えるかな。
実際フットサルの為というよりも、あくまで今後のハローの戦力として先輩らと組ませた感じがします。
その中でも夏ハロでも話題になっていた真野恵里菜ですか、確かに一際オーラを発してますね。
後藤加入時ほどではありませんが、何かしら持っている子には間違いないようです。
こういう人を惹きつける魅力を持っている子をちゃんと育成させてこそ、今後のハローの未来があるんだろうと思いますが、大事に育ててほしいですね。
っていうか先輩たちが起こした数々の教訓をちゃんと活かしてくれと願うばかりです。(わら

しかし、改めて動いている紺野見れるのはヲタ辞めないでいて良かったな〜と。
シングルVのメイキング必見です。(わら

CCFF7

■期待のPSPタイトル
え〜そりゃも〜しっかりOPは見ましたとも。
模擬戦までプレイしましたとも。
でも今プレイ中なのはDSのレイトン教授・・・。
いや〜ある程度年齢を重ねますと、下手なアクションよりもちまちまプレイできるゲームの方が面白いんですって。(汗;
とはいえFFシリーズで最も好きな7の新作ですから、並行してはプレイしていくつもりなんで、いずれクリアはしたいと思います。
しかし、PSPでこのクオリティは圧巻ですな。
新型PSPも欲しいところではありますが、今は旧型で我慢しよう。
早くFF7自体をリメイクしてくれないもんですかね〜。

■近況
前回同様シリーズ物を製作中。
多少スピードは上がったものの、それでも全体工程の半分も終わってないんですよね・・・。
我ながらエライものに手を出してしまったもんです。
ま、すごくノレながら作業できているのが救いかな。
公開は来週中くらいを目処に頑張ってます。
ま、ゲームする暇あったら作ればいいのにって話ですけどね。(汗わら

■レス
>みなみさん
どうもネットは犯罪の温床みたいな反社会的な報道ばかりされるので、印象はあまりよろしくないですよね。
どんな便利なツールも使う人次第のところは、ネットに限らずあると思うので法整備というよりも使う側のスキルを上げるような教育とかが必要なんじゃないのかなと思います。
ま、どうしてもインドアなうえ、ただ画面の前で黙々と何かしている姿は印象悪いとは思いますが、かくいう自分も仕事上PCの前に何時間もいますし、家に帰ってからもそんな感じなんですが、休みの日はドライブやらなにやらでなるべく外には出るようにしてますけどね。
何事もバランスが肝心です。

個人的には、「え、これハロプロ?」みたいな一見分からなくてもちゃんとハロプロ色が出せるようなアクセが作りたいのですが、結局既存のグラビアだったりプロマイドからは難しいのかもしれません。
単純にセンスやスキルがないのもありますが、理想はメンバー本人に自分の好きな方向を向かせたりポーズを取らせたり出来れば言うことなしなんですけどね。(汗;
やっぱりスキル上げることが先決かな。

ネットの海を漂う

■良いも悪いもある意味リアル
最近ではケータイ小説やら芸能人のブログ本、掲示板から生まれた本などネット発の本が結構出回ってるようで、ことネット中毒者としてはネットから色々生まれることは非常に楽しいし、ある種限られた人の間で楽しまれているものが、それ以外の人にも届けられていることが全く関係ないんですけど、なぜかうれしいですね。
そもそも自分がネット繋げたきっかけはドリームキャスト。(わら
ぐるぐる温泉なるカードゲームや麻雀を不特定多数とやりたいがためにアナログ回線でテレホーダイの時間帯を使ってプレイしてましたね〜。
ま、当時PC自体はもちろん使っていたのですが、PC=仕事のツール、ネット=オンラインゲームでしかなかったのでメールで何かにするわけでもなく、今考えると何にも分かってなかったんだな〜と思います。
ま、当時はADSLがまだない時代なので、アナログやISDNでちまちま繋げる頃だったんですが、うちは田舎だったのでとにかくテレホーダイで夜遅くネットやる日々でしたね。
そんな中娘。にハマリ出した頃、まだアナログでネットにもぐる日々だったんですが、ちょっときっかけは忘れちゃいましたけど、娘。の動画をアップするアングラサイトを見つけちゃいまして、まあそれから転落するスピードは速かったですね。(わら
動画娘。とかmmmpegとか・・・懐かしいな〜(遠い目
それこそ数十MB落とすのに一晩かかってたしな〜。
今でも回線をADSL1Mにした時の衝撃と興奮は忘れなれない。
ま、おかげでネット依存がさらに激しくなったんですけどね。(汗;
そんなこんなで今に至るんですけど、今こうしてブログなりに自分の考えや思っていることを吐露したりしてるんですけど、ネットというある意味虚構の空間な中で現実には言えないことや時には暴言にしろ、むしろネットという空間が自分らしくて、現実社会ではむしろ自分を隠して生きているんじゃないかなと。
現実世界も本音で生きていけたらどれだけ楽なのかもしれませんが、本音を出す分色んな軋轢を生む原因にもなり得るし、むしろみんながみんな本音で生きていない分、社会が動いているような気もします。
ま、ネット上でも読む人に不快感を与えないようには書いているので、全てを吐露して書いてはいませんが、現実世界に比べて上司や親・友達の顔色を伺わない分、素直な自分としてネットでは存在し得ているのかなと思います。
二重人格のような極端に違うわけではありませんが、自分はネットの世界好きだな〜。
何より普通に暮らしてて絶対接点がありそうもない人と文字のやり取りにしかすぎないんだろうけど繋がれるというのは、自分にとっては財産だと思えますしね。
自分もそう思ってもらえるような人でありたいと思います。

昨今とかくネット犯罪だとか言葉の暴力、罵詈雑言の嵐だったりするのがネットの暗部として注目されがちですが、デジタルな世界でも人を介在している分、明暗が出るのはしょうがないと思うんですね。
有識者の方々からすれば、匿名がその温床となりうるのだとのたまいますが、むしろmixiのような個人が特定されやすい現状こそ問題だと思います。
やはり不特定多数が対象のネット世界では、数の倫理が物言う世界なので、時にそれが正義にも悪にも転じる危うさがあります。
匿名ということは時に武器に、時に盾となる自己表現・自己防衛の手段だと思っていますが、それを凶器に変えることが問題なのであって匿名が非とは思いません。
有識者の方々は、果たしてネットの現状ちゃんと理解しているんでしょうか。

とかく現実世界ではPCの前で黙々とキーボードを打ってる姿は、仕事しているときならともかく、自室で部屋の明かりを消してモニターの明かりだけでPCの前に座っている根暗な印象が多いようで、まあドラマの影響もあるんでしょうがなまじPCに詳しいだけでオタク呼ばわりされる始末。
ある意味違うヲタではありますが(汗わら
まだまだPCに詳しい人ってイメージよろしくないのはちょっと残念ですね。
実際問題部屋暗くしてPCしている人っているのかな・・・目疲れません?

■近況
現在は娘。24以降に着手し同時進行させていたアクセの内、片方を一時保留しつつ、もう片方に全力を注いでいる最中です。
とにかくメモリアルイヤーでもある今年に相応しい壮大なシリーズを目下作成中。
膨大な作業量はともかく、3歩進んで2歩下がる状態(一部直すとシリーズ全体を直す羽目に)なので、完成の目処は今のところ未定。
直しがなくなれば一気に進みそうですが、何とか早く形にしたいところです。
波に乗りそうなので、今は作っていても非常に楽しいです。

■レス
>みなみさん
こちらこそありがとうございます。
見事当てられたのでファン認定させていただきます。(わら
まあユニットで推していった部分もありましたし、やはり万人受けっていうのは難しいんだなと実感しました。
目下目指しているのは、社内のデスクトップにしてても恥ずかしくないハローの壁紙なので、今後も追及していきたいと思います。
老兵仲間がいることだけでも心強いです。
ま、タダでは死にませんけどね。(含わら

Touch Catch

■iPod Touch
iPhoneから電話機能を除いた機種だそうですが、ぶっちゃけこういうガジェットそそられます。
ちょっと店頭でデモ機動いていたら、その名の通りちょっと触ってみたいです。
MP3がダイレクトで転送できるんなら、ちょっと検討しようかな。

■娘。25
壁紙コンテストに参加した作品を一部修正して公開しています。
ま、修正といってもホント細かい部分なのでデザイン的にあまり変化はありませんけどね。
今回時系列的にはNo.24が今作の後に作ったものなんですが、どちらの素材も使いたかったグラビアのものだったのですが、どちらも「かっこいい娘。」を表現してみたつもりです。
今回の作品は、最近自分でも好きでよくやるパターンのものなんですが、美勇伝02や松浦亜弥06、後藤真希24みたいな虚構の世界との合成をなるべく自然に違和感なくを目標に作成したので、まあ作成過程はライナーノーツを見ていただくにして、現時点では非常に満足のいく出来に仕上がったと思います。
まあコンテストの方は見る方々の嗜好に合わせられなかったのですが、まずもって投票していただいた1名の方(わら)ありがとうございました。
アンチキッズを公言しているので、参加作品の一覧を見た時にこれはアウェーだなと感じたのですが、時代の主流はすでにキッズなのかなとちょっと実感させられましたね。
老兵は消え去るのみか・・・(わら

まずはコンテスト参加の職人の皆様には敬意と受賞をお祝いさせていただくとともに、今後も機会があったら腕試しさせていただきたいと思います。
いい意味で刺激を受けましたし、時代の本流ではないのかもしれませんが、自分もスタイルを確立させて日々これ精進していきたいと思います。

ちなみにNo.25の壁紙に大きな文字を隠しているのですが、気付いた方居ますかね?
一応元画像見た時から考えていたのですがサブリミナル的に"M"というアルファベットを隠しています。
中央のクロスした梁と両脇の柱を見立てているのですが、久住とリンリンの間、ジュンジュンと田中の間の梁を消すことで"M"に見えるようにしてたりします。
ま、科学的根拠は何もないんですけどね。(わら

■レス
>みなみさん
ま、好き勝手に書けるのがブログですからね。(わら
ファンも千差万別なら思う所、感じる所色々あって当然だと思います。
その中のいちファンの戯言程度に捉えていただければと思います。
愚痴が多いですけどね。(わら

メロンみたいに遊べるユニットで、かつ年齢が高い大人なユニットはハローには貴重な存在なので、是非とも今後もその方向性で活動していってほしいと思います。
何気に(失礼)良曲の多いメロンですから、一度はライブ行ってみたいんですけど、ちょっとオーディエンスが怖いんですよね。(汗わら

ハロプロの旗手として

■期待の表れ
昨日の投稿にせよ、あるメンバーには厳しめの意見を書いてたりしますが、あえてここに書いているのは期待ゆえであって、特にも一言物申したいメンバーこそ、ハロプロの行く末を担う人材であると感じています。
自分の中では安倍・後藤・松浦・高橋の4人に関してはこれからも辛口になっていくと思いますが、この4人が引っ張っていかなければ後には誰も続けないと思っていまして、もちろん表に出ない面でも頑張ってほしいメンバーはいますが、ハローのプロパガンダとして特にもこの4人には並々ならぬ期待をしています。
(本当は藤本もだったんですが、どういうポジションに落ち着くのか分からないのでとりあえず除外)
まあ安倍に関しては経験値も豊富だし、実績も積み重ねているので心配っていう心配はないのですが、後藤に関しては現在の路線でどこまで引っ張るつもりなのかという不安がありますし、松浦に関しては自身に対して過度な気負いがかかっているんじゃないのかという不安、高橋に関してはとにかく一皮むけて欲しいと思っています。
ハローを取り巻く環境が過去最悪な今こそ、ハローの顔としての暗雲を吹き飛ばすような活躍をしてほしいなと思いますが、まあ期待というエゴを押し付けてるだけなんで大目にみてください。(わら
後藤に関してはアルバム出てからちょっと書いてみたいと思います。

■メロンの試みは面白い
メジャーリリースに昇格した「お願い魅惑のターゲット」ですが、ジャケ写もさることながら、メンバーを登場させないPVの作りもUFAにしては結構思い切った手法を使ってきたなと思いました。
でもこういう遊びが出来るのがメロンの強みだろうし、アリだなと思わせる説得力がこの曲にはあるので、こういうのこそプロモーションちゃんとしていただきたい。
と同時に公式でこのPVをモチーフにしたエアボーカル選手権が開催されるようで、保守的な事務所にしてはこういう企画立てて実行できるスタッフがいることがうれしいですね。
当然自分は参加するような度胸もなにもないのですが、これちょっと楽しみです。

■レス
>みなみさん
推しの方々からは何言ってんだあいつと捉えられたかもしれませんが(汗わら、率直な部分で書かせてもらいました。
「Naked Songs」は確かに出来はすばらしいです。
歌手としての松浦亜弥がここまで出来るというのを見せ付けてくれたアルバムだったと思います。
がそれがかえってアーティスト志向や生音至上主義を強めた原因じゃないかなとも感じています。
それが良い悪いということではないのですが、自身と世間の松浦亜弥という歌手の立ち位置が、まだ隔たりがある中で果たしてどうその隙間を埋めていくのかなと。
現状でその作業はうまくいっていないと感じています。
アップフロントはアイドルからアーティストを育てるのが下手なのではなく、むしろアイドルを育てるのが下手なんだと思います。
元々演歌歌手やシンガーソングライターらが在籍していた事務所ですから、むしろ今の現状がまさに手探りなんだと思います。
もし松浦をアイドルとして育てずに、ハローから離れた位置で歌手として育てていたら、それはそれで違っていたのだと思いますが、なまじ娘。が成功した分、時代の流れでアイドル松浦亜弥が誕生するのは必然だったんでしょうね。
アイドルからアーティストへというのは歌手を続けていくうえでいずれは越えなければならない壁なんでしょうが、アイドル松浦亜弥という壁が大きく高い分、急いで乗り越えようともがいているように感じます。
何気なく話しているだけなのかもしれませんが、最近やたらとお酒のエピソードを話しているようですが、自分ひねくれているせいか(汗;)大人になったこと、アイドルではないというアピールにしか捉えれなくてちょっと(いや多少か)違和感を感じているところなんですが、気負ったりあせったりせず時間を掛けて歌手松浦亜弥を形作っていけばいいんじゃないかなと思うんですけどね。
今はとにかく肩に力入りまくっているように思います。
個人的には今度の秋ツアーのセットリスト、アルバム主体になるとは思いますが、ある種今後の方向性が見れるんじゃないかなと思ってます。

端境期

■アーティストの重み
松浦さんの約1年7ヶ月振りの新曲「笑顔」がファンの中では好評のようですが、リリースが奮わないようです。
ハローに限らずCD枚数不振なのは昨今の音楽業界の常になりつつありますが、とはいえ1年以上もソロで出していないのに、ある意味これは異常事態とも言えると思います。
ま、自分は評論家気取るわけではないのですが、いちファンとして思うことをちょっと書いてみたいと思います。
かねてから、特にも19歳の年の松浦さんは、やたらアーティスト志向が強かったように思います。
当然周りのマネジメントだったり、プロモーションだったりしてたんでしょうが、自身が何よりアーティストとしての松浦亜弥にこだわっていたように感じていました。
実は過去にも松浦に対しては以下のように記事にしてました。
当時書いた内容と今現在もほとんど思うところは変わっていないのですが、新曲が発売になって辛辣なことを言えば、懸念はむしろ酷くなったという部分です。
よりあけすけな部分だったり、アーティスト志向はさらに強くなったように感じます。
ファンの間でも評判な「笑顔」にしても、1年以上空けたことによる声や表現は、本人がしたいことは伝わってきます。
ボーカリストとしての成長も十分実感できるのですが、個人的に思うのは自身の掲げたハードルやら肩書きに潰されてはいないかなと感じる部分。
これがアーティスト松浦亜弥だ!みたいな力みをどうしても感じてしまいます。(もしくは久々のシングルのせいかもしれないが)
歌の世界を伝えよう伝えようという思いは確かに感じるのですが、それが力みだったり、歌手松浦亜弥の情念みたいな部分であったりで、歌の世界の表現までは至っていないように思います。
多分、歌の世界を表現し伝えるということがアーティストであり歌手なんだと思いますが、何より自身の過去が作られたモノとして自身で自身を否定する方向であれば、それは絶対自分のためにならないと思うし、薄っぺらい歌手にしかならないと思います。

昨今同じソロとして活動中の安倍なつみさん、この方のシングル「Too far away」もリリース的には奮いませんでしたが、ミニアルバムを経てのこのシングルで個人的には一皮向けたんじゃないのと感じました。
ラジオや雑誌媒体のインタビューを鵜呑みしているだけかもしれませんが、今までの活動を包括的に捉えられたすえに出来上がったミニアルバムでありシングルのようなので、ある意味納得したのを覚えてます。

松浦自身も過去の自分を否定せず、アイドル松浦亜弥があっての今の自分、また歌手としてこうでいなければならないみたいな自身にかけるプレッシャーは取り除いて、もうちょっと肩の力抜いてもいいんじゃないかなと思います。
かえって「YOUR SONG」歌ってたときの方が、歌の表現という点では出来てたと思うんですけどね。
個人的には今回の新曲「笑顔」は、あと2〜3年経ったときに聴いてみたいです。

■レス
>みなみさん
ライブはね〜ハロプロメンバーの魅力が最大限に発揮される場所だと思うのですが、と同時にファンの痛いところも露見する場所ですからね。(わら
とにかく現場来てみって言いたいところなんですが、まあファンも慣れると大丈夫ですよ。
むしろ昔より見るからにいかにもファンですみたいな人たちは減ってきているので、今は一見さんでも来やすいんじゃないかなと思います。
とりあえず来年まで何楽しみにすればいいんだろ・・・(汗;

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search