GAME

■そういう世代だからしょうがない
まあ〜なんていうの自分それこそ8ビット世代なもんだから、そりゃいわゆる青春時代に聞いていたJ-POPよりも身体に刷り込まれているサウンドっていうんですか、機械の発するサウンドには「懐かしい」という感覚が湧き上がることが抑えきれず、結果的にはまあPerfumeに傾倒していることは認めざるを得ないところでありまして、ここまでの前段が娘。ファンとしての自分の言い訳な部分なんですけど(汗;)、ごめんなさい、断然リゾナントブルーよりGAMEのリピートが段違いです。
ま、ライブもオクで取るくらい必死こいてしまってますが、一応音楽の幅を広げているという拡大解釈のもと、このブログでも度々出てくるかと思いますが大目に見てやってくださいな。
所詮Perfumeに関しては新参者なので大層なこと書けませんが、一応自分なりのイデオロギーは出していこうかなと思ってます。
とかくハローにはないPVやジャケ写に見られるアートワーク、また娘。以上とも思えるバックグラウンドにあるドラマ(娘。にもあるのだが今に至る道が見えてくると感情移入しちゃう)、ん〜侮れない存在・・・。

BBSの方にちょっと書いてましたが、自分がファンでいる為の線引きからアヤカも卒業だとか。
実際ほとんど飼い殺し(舞台やDJはしてたみたいですが)に近い待遇、ファンとの接点もハロコンやイベントのみという状況下で、むしろ今までよく頑張ってこれたなと思いますね。
実際ココナッツ娘。というユニットにしても実績らしい実績は皆無に等しいので、今後わざわざ一人なのにココナッツ娘。という冠を外してあげれる結果になったことはよかったと思います。
しかしながらハローにはかなり珍しい才色兼備の持ち主だっただけに、全くもって活かしきれてこれなかった事務所の無能さを改めて思い知らされましたね。
ま、可愛い・賢いだけではスターにはなれないのでしょうが、ハローの呪縛を払って輝いていってほしいですね。

キテます

■創作意欲がすごい事になってます
と書いちゃって大丈夫かな?
3月はとにかくPerfumeのMV企画作品に没頭していたので、ハローサイドにはちょっと離れてしまった部分があったんですけど、そのPerfumeのMV企画、そうそうたる作品群の中に自分の作った物があって、しかも本人に見てもらえた(はず)のでちょっと感無量です。
結果云々よりも作る大変さと同時に楽しさを再確認できたいい機会でしたね。
ま、自分も大層な人間ではありませんが、もし壁紙等々作りたいな〜と思う人がいましたら、ハロー人気の回復も含めて協力できる部分はさせていただきたいと思います。

そんなわけで4/26の日記にちょっと触れた程度でしませてしまいましたが、琥珀さん主催の第2回TSIW、まずは企画運営の琥珀さんお疲れ様でした。また稚拙ながら自分の作品に投票していただいた方々にも感謝したいと思います。
ありがとうございました。
昨今ハローのファンサイト自体も縮小化の一途を辿っているうえに、壁紙界隈も非常に寂しい感じなので、そういう一端にある当サイトでも力になれればと参加させていただいたのですが、何分ハローではなくPerfumeの方に力を注いでいたという本末転倒な状況だったことに対し、反省しきりなところです。
結果的に壁紙コンテスト用の作成は後回しにしてしまい、作った本人も正直妥協のあった作品を応募するのは気がひけたのですが、このような結果をいただけたのは嬉しい反面ちょっと複雑だったりします。
というわけで、応募させていただいた作品と同じ素材を元にリアレンジした作品を今回公開させていただきましたが、01の方は当初もっとシンプルでした。
元々デザイン的にはヘキサゴン(番組名じゃないよ)を主体に幾何学的なデザインを施そうと横に並べたライン上に、各メンバーをはめ込んだだけという、作成当時を思い出しても非常に苦肉の策でしかなかったデザインだったんですが、あまりにもシンプルすぎるため、メンバー枠を大きくし、背景余白に「シャボン玉」の英訳詩を重ねるという、個人的にはまとまりのない作品になってしまった感がありました。
そこで今自分の主流スタイルはシンプルかつ配色の少ないデザインなので、リアレンジ版の02はヘキサゴン模様を残しつつ、シンプルかつヘキサゴンの模様を活かせる四方に伸びるラインを出してすっきりさせてみたつもりです。
ま、ぶっちゃけ当方の壁紙デザインからすれば枠にはめただけで結果どんなシーン・メンバーでもいいわけで、素材を活かした壁紙では決してなかったので1位をいただいたという結果に対しても、企画意図とは大分外してしまった壁紙を作っちゃったなというのがまず反省すべき点でしたね。
ま、結果におごることなく何やら第3回もすでにやられる予定のようですので、素材がキッズでなければ是非今度こそ自分の納得の出来る作品で挑んでみたいと思います。

正直、PerfumeのPVをはじめ今更ながら攻殻のOVAを見始めまして、幾何学的なデザインが元々好きなので節々に影響が出始めています。
車中のBGMももっぱらピコピコ音が鳴り響いてます。(わら
とかく雰囲気に飲まれやすい自分なので、今後のデザインワークにもそういう部分が見え始めてくるかと思いますので、しばしお付き合いのほど。
シンプルな構図と幾何学って相性いいんだもんな〜。(汗わら

春だね〜

■主張とバカ騒ぎのせめぎ合い
世界中で何かとお騒がせな聖火リレー。
今時オリンピックに政治を持ち込むなとかいう夢想家さんはおいといて、国が違えば主義主張も違って当然、お互いの言い分はあってもお互い理解しようとしないのが、人間なんだろうな〜と。
個人的に某生き神さまが言うように対話で何事も解決するならば、とても理想的で平和的な解決なのでしょうが、人間の歴史を振り返る中で「戦争」なんてものは一度も起きなかったはずだと思います。
もちろん、対話は大事です。
お互いの考えを理解する一歩はまず対話からでしょう。
でもその中に自分が今まで経験してきた中で刷り込まれてきた事柄や、生活習慣、特にも精神世界という数ある宗教という形が、対話というものでは解決できる問題とは到底思えません。
どちらかが屈するか折衷するかでしかなく、そこに非暴力でというのは現実問題としてはありえないと思うし、すでに世界中で起きていることだしね。
かといってそれを止める手立てというのは、やはり非暴力の精神が根付かない限り無理だと思うし、今回の聖火リレーにしたってただバカ騒ぎしたいだけの輩が紛れてるはずです。
ニュース番組を見ていても、抗議している人と単にうっぷんを晴らしたい人との差が正直分かりません。。
ニュース番組では派手な場面ばかりを捉えがちですが、むしろ崇高な意志を持った人たちこそ沿道で静かに抗議していた人なんじゃないのかなと。
ま、聖火リレーだけでこれだけの騒ぎなので、それこそオリンピック始まったらある意味近代史に残るオリンピックになるんじゃないのかなと。
情報規制だってどこまで出来ることやら。
個人的には中国が目指す国際社会への別の意味でアピールの場になるんじゃないのかなと密かに期待しています。
何にせよ開かれた国家の方が断然いいって。

でも日本人も愛国心、少しは必要じゃない?

TSIW

■壁紙コンテスト
PerfumeのMV作成に追われて、コンテスト用の壁紙は正直練り込み不足で個人的には若干妥協した点がありまして、実は当初もっとシンプルでした。
それこそワンポイントみたいな感じの壁紙だったんですが、さすがにシンプルすぎるかなと思い、かえってまとまりがなくなっちゃった様な壁紙になっちゃいましたね。
後日コンテスト用の大元のデザインにて、うちのサイトでは公開したいと思うので乞うご期待?
とはいえおかげさまで1位という結果はいただけたことは素直に喜びたいですし、いち壁紙職人としては何より評価いただけることは、今後のモチベーションにも繋がりますので、飽きずにアクセサイト続けていきたいと思います。
ちなみに今はアイディアがどんどん沸いているのに作る時間が取れないジレンマに陥ってます。(汗;

近況

■サイトリニュ?
アクセ作成の合間に現行のデザインにしてから苦慮していたインラインフレームの処理。
IE系ブラウザで見ている方は問題ないと思いますが、FirefoxやSafariでブラウズしている方には崩れて見えているかと思います。
実際、iPod Touch上のSafariじゃ崩れてたね。
なんとか現行の形でオールブラウザに対応できないもんかと、ネット検索しまくってテストしてみたんですがどうやら無理みたいです。
ま、アクセス解析みてもIE以外で見に来てもらっているのは10%弱なので、しばらく我慢してもらおうかなと。
レイアウト崩れて見えてても各アクセへのアクセスやDLは問題ないはずなので、次期アイディアが思いつくまで現行でやっていこうと思います、というか思いました。(わら

さて、そんな中作業すすめてたアクセ、ま、亀井の壁紙なんですがちょっと凍結させまして、娘。の壁紙作成に取り掛かります。
以前よりPVが公開される前に曲だけで勝手にPVの出来も期待しすぎて作成意欲満々だったのが、非情に落胆させられたので作成辞めようと思っていたのですが、発売が近くになるつれ(すでに発売中ですが)他のバージョンが存在することも分かり、暖めてきておいたデザインでのアクセが復活しそうです。
目下そちらの作業に集中しようとしていますので、なるべく早いうちに公開したいと思います。

■ピノ
かなり世間では話題が高くなってきたPerfume。
ま、そんな自分もメディアに踊らされている新参にすぎないのですが、ハロ系では昨今見られなくなったタイアップが次々決まっているようで、かつての娘。の隆盛を思わせるような活躍ぶりのようです。
楽曲もさることながら、自分が特にも惹かれるのがPVのアートワーク。
今回ピノとのタイアップによるアルバムGAMEの中のシークレットシークレットのPVなんですが、過去のPVを監督していた方が変わったとかで確かに雰囲気が違うのは感じられるのですが、個人的にレトロフューチャーっていうんですが、ああいう世界感大好きなんでもう堪らんですね。
欲いえばピノが出るシーンはいらないので、純粋なシークレットシークレットのPVという形でみたいもんです。

しかしアルバム告知のタイミングとはいえ、やたらとメディア露出が高い気がするのですが、出すぎて消費されすぎたなんてことにならなければいいな〜と老婆心ながら思うわけです。
売れたら売れたで失うものも多そうだしね。(プライベートとか)
ま、知れば知るほど娘。に負けず劣らず、むしろ娘。以上のドラマを持っているグループのようなので、そういう部分に惹かれる自分が居たりしますね。
やっぱどんなジャンルにせよ、下積みがあるものは経験値もさることながら、ハングリー精神だったり、ファンへの思いなんかも高いですね。
娘。もかつてはそういう逆境の中から這い上がったグループというドラマがあったのに、現メンバーは売れた後の加入という側面は拭いきれない分、損しているところはあるのかも。
ま、下積みというか売れない時代があった方がいいとは言いませんが、ハングリー精神は必要だよね。

すごっ

■メディア効果
里田がブレイクするきっかけにもなったヘキサゴンへの出演当初もそうだったんですが、今日のアクセス解析が結構すごいことになってたんですが、うちのサイトを貼っていただいてる綜合壁紙紹介サイトさんから、岡田唯カテゴリーでのアクセスが19〜20時台ですさまじいアクセス数を叩き出してました。
うちのサイトでこれくらいなんだから、それこそ美勇伝なり岡田唯をコンテンツにしているファンサイトもかなりのアクセス数なんじゃないのかな。
ネットって基本口コミ伝播みたいなもんだから、ファンサイトの末席にいる自分のサイトでも少しは岡田唯ないし、それに付随して他のメンバーも顔と名前が少しでも伝播でしてくれたのかなと嬉しく思ってます。
いまやネット発信なんてばかに出来ない存在なんだから、内々な商売ばっかりしてないで、少しでもTVのメディア露出上げてってほしいですね。
ま、噂では過去売れに売れていたときのツケが回ってきたようなって話もありますが、基本TVは持ち上げておいて落とすのが常套手段なんだから、むしろそういう部分も利用してやるような狡猾さも出していってほしいですね。

ちなみに期せずしてほぼ同時期にネット発信を始めた後藤・加護。
個人的には今のハロー(元を含む)メンバーがブログで近況を書いていくというのには個人的に反対です。
散々脇の甘さが指摘されている事務所運営・本人たちの自覚の無さを考えれば、いずれほころびが生じるのは明白だし、それこそ小さなほころびを見つけることに生き甲斐を感じているような輩の餌食になりかねないし、すでにその前兆が見え始めている状態。
莫大なメディア広告費を考えても、ブログって安価にイメージ戦略できる手段だと思いますが、文字で感情や心情を表現するっていうのはかなり難しい作業なので、それこそ表現手段としては身近でいい媒体なんだと思いますが、それゆえの危険性も考えて同じ過ちは繰り返さないでほしいなと思います。

復活?

■共鳴する憂鬱
かなり期待値の高い娘。シングルがいよいよ発売となる週ですよ、皆さん。
ぶっちゃけ精神状態は芳しくないのですが、そうもいってられないのが非情な世の中。
お仕事しなければ趣味だって何にも出来ないってことで、なんだかんだでやっております。
娘。の新曲もPVのanother ver.見るにつけ、リゾナント ブルー=共鳴する憂鬱という意味だそうで、まさに自分もヘルプミーな心境なんですが、ま、頑張るしかないよね。
そんなわけで現況としては、リゾナント ブルーのPVが当初のダンスシーンのみではなかったことで、かねてやろうとしていたアクセが出来そうです。
シングルVが発売になるまで、下準備は進めていこうと思います。

ま、Perfumeのアルバムも楽しみだったりするんですけどね。(汗わら

大人って大変

■小鬱
深いため息しか出ないのですが、いやね、自分という存在を親・兄弟・近しい人たちと比較すると、「自分何やってるんだろう」という自己否定が始まるわけですよ。
歳だけ取っていって中身が伴わないというか、年齢を重ねるごとに積み重なっていくプレッシャーと、今自分がいる立ち位置とか精神状態とのギャップというか、回りの人たちがすごく大人に見えるんですよね。
ま、ここでいう大人っていうのは単に成人しているということじゃなく、自分の考えがしっかりしていて、自立しているような人のことなんですけど、今自分の環境が恵まれているがゆえの甘さなんかを実感していたりするわけです。
確かに好き勝手にやっていた部分もあるし、金銭的にもルーズな部分はあって、理想の大人像にはほど遠いんですが、基本ものぐさなうえに自分事優先が今になってツケが出てきたのかなと。
少しあれだな、我慢も覚えなきゃダメだな。(汗;

■サイト近況
現在軽くアクセ作成には着手しております。
リハビリかねてそんなに凝らないような感じの予定。

さて、どうしよう

■軽く燃え尽き症候群
長期に渡るPerfumeのMV製作のはて、壁紙コンテスト用の壁紙も応募した今、一般公開すべくアクセ関係着手がなかなか手がつきません。
近年稀に見る非常に濃い3週間だったので、急に気が抜けたせいかデザインアイディアが枯渇しております。
調子戻すべく軽い感じで作っていこうかなと。

■MGS4
目下ゲームする時間はほとんど無くなってきている中、MGS4プレミアパックを予約してしまいました。(汗;
ガンメタ仕様のPS3もなかなかそそるものがあるのですが、何よりMGS4が楽しみでしょうがないっす。
6月更新止まったらそういうことです。(汗;

■加護復帰
どうやら芸能界に復帰すべくいろいろ動いているようですが、なかなかお美しくなられたようで何よりです。
ま、復帰とはいえアップフロントにはさすがにならないでしょうけど、こと芸能界にいる以上いまだ石黒だって「元モーニング娘。」という冠はなくならない現状、現メンバーへの影響も多少なりともあるのではないのでしょうか。
報道では赤裸々は告白をしているようですが、内外に対してもリストカットした云々は心証はあまりよろしくないと思うんですけどね。
喫煙や男性関係はともかく自殺未遂っていうのは、仮に使う側としてもすごく気を使わせる部分だったり、敬遠されるところじゃないのかなと。
ま、真実を話すのも結構なんですが、時に知らなくてもいい真実もあるんだと思うんですけどね。
何気に最近は脱娘。した人たちが現役メンバーより活躍してたり、好待遇と思えるような仕事をされてる現状、正直者がバカを見るような状況を作らないようお願いしたいですね。

茶番すぎる

■ガソリン安くなるのは嬉しいが
こんな田舎のガソリンスタンドでも今日から安くなったみたいで、いつ安くなるのか分からない自分は1日に入れてしまってちょっと涙目です。(汗;
ま、単純に安くなるのは嬉しいのですが、とはいえ政争の具になっている現状が非常に解せないですね。
おそらく今回の暫定税率が期限切れを向かえたのは、今のままだと1ヶ月後くらいにまた元に戻るでしょうし、そうなると国民感情的には与党支持率低下、野党支持率上昇、総選挙で野党民主大勝でウハウハみたいな流れを民主が画策したんだと思いますが、少なくても表向き民意を反映したっぽいですがやる事なす事反対ばかりで特段対案出すわけでもなく、不信感は与党同様に高いです。
必要なものにお金が掛かるのは分かるのですが、世の中節制に努めているっていうのに、したい事があるから税金が必要なんだじゃなく、これしか集まらない税金の中で、出来る範囲でやっていくというのが肝心なんじゃないのかなと。
足りないから集めるではなく、ある分でやりくりしていくみたいな考えがどの政治家も示してこないのが、所詮お金の価値感が違う人種なんだなと思いますね。
ま、このご時勢単純に減税は大歓迎なのですが、あんまり国民を振り回すような真似はしないでほしいですね。

■なっち絶賛
なにやらなっちさんの出演しているミュージカル、かなり評価が高いようでますます夏コン楽しみになってきました。
ある意味、ハローの中では一番アイドルから歌手としてうまくシフトしているのがなっちなのかなと。
あとはシングルでソロとして数字としての実績がほしいところですね。

■嫌な流れ
8月に行われる娘。と宝塚のコラボミュージカル「シンデレラ」のSPユニットが組まれるみたいなんですが、ん〜個人的には歓迎できかねますね。
そもそも最近のユニット間越えのユニット結成に異を唱えるものとしては、今回もまた各ユニットから選抜されたような組み合わせは、双方にあまりメリットはないと思ってますし、何より昨今の乱発でハロー内の方向性がブレまくりなのに非常に危惧しているところです。
昨年数々の粗相によって直接・間接的にでも在籍しているユニット・ソロ組には大なり小なりダメージはあったと思いますし、少なくても勢いのあるキッズ組と旧来のメンバーが組み合わさって果たしてメリットあるのかなと。
正直今の娘。は今までの恩恵からは脱却できていない中での露出だし、かたや事務所がプッシュしているキッズ組では、コラボするよりかは各ユニットで集中して活動させてやった方が絶対いいと思うんですけどね。
大体今までの旧来メンバーとキッズの組み合わせみたところで、先輩メンバーに萎縮しているだけにすぎないのは明白でしょ。
果たして萎縮している姿や気を使う姿、当り障りの無い会話を見せることは、なんのメリットに繋がっているんでしょうか。
個人の成長の部分では確かにメリットはあるのかもしれませんが、せっかくユニット組んでも持ち味が発揮できないのであれば、それは決してプラスにはならないはずです。

美勇伝のラストシングルのPVを見ましたが、最後の最後で結成当初のコンセプトに戻ったような感じなのはあまりにも遅すぎですね。
個人的には昨年のハローが受けた大ダメージを回復するには、ハロー内でシャッフルしたりではなく、各ユニット・ソロ組の明確な方向性の提示こそが必要なんだと思いますけどね。

とりあえず8月のミュージカルを楽しみにしていた自分としては、頼むからミュージカル出演は娘。だけ、ないしは出てもソロ組のみ、絶対キッズ出演は止めてほしいと切に願います。
ん〜事務所プッシュしているのが外目でもわかるから怖いな〜。

■傾倒
いや〜元来ミーハー気質なせいか、世間で話題になる→興味を持つ→見る聴く→ハマるというまあ大概の方と同じ図式でその都度応援するアーティストが変わっていくのですが、やや違うところはハマると長いところですかね。
それこそ大体露出が無くなったり、リリースが無くなったりするまでファンでいられるのですが、あんまり過去振り返るとおっさんぶりが発揮されてしまうのですが、娘。の前はMAX(新メンバー加入してしばらく)でしょ、その前は安室(産休するまで)、でTRF(今だに聴いてますが)というような流れで今に至るのですが、とはいえ学生の頃まで振り返っても後藤加入来の娘。・ハロ歴ほど長いことはなく、このまま続くのかなとも思っていたのですが、ここにきてPerfumeの存在が大きくなりつつあるのは感じていますね〜。
ま、別に今すぐハロに見切りつけるわけではありませんが、自分の中で過渡期にきているのは間違いないみたい。
5月のライブに行ったら変わるのかな・・・(汗わら

続・娘。春コン

■現メン最強は揺るがない?
約1年半、娘。のライブを生で観戦できなかったので8期は初生見だったんですが、すでに1年ほど経過していることもあってか、特にも初々しさはあまり感じなかったのですが、ジュンジュンは上背があるおかげがダンスは迫力があって見栄えは悪くない感じ、リンリンはまだ振りが身についていないのか怪しい部分が多々あって動きも重そうに感じましたが、何とかついていこうとする一生懸命さは伝わってきましたね。
ま、今回娘。全シングルを歌うということは事前に公表されていたわけですが、かつて知ったる曲ばかりなので、前にも書いた通り非常にメンバー・ファンともにタフさを要求されるツアーです。
基本ゆったりな曲が少なく激しい曲の多いシングル曲のオンパレードですから、これ見る分にはまだしも娘。メンバーは大変だろうな〜と、これが一日2公演も行うんですから、若いから出来るんだろうなと感心させられます。
ライブ全体的にいえば、全てシングル曲なのでメリハリみたいな部分は少なく、また基本ダンスを忠実に踊るので、ライブ特有の遊びの部分が少ないです。
また一昨年のツアーのようなモニターを演出として使う部分もなく、単純にメンバーが映し出されるだけ、またMCも過去の娘。コンに戻ったようなお決まりの台詞に終始していたりと、過去のツアーと比べるとやや退化してしまったように感じる部分もありましたね。
正直、ライブ構成的には型にはめ過ぎかなと思ったり、遊びがあまり感じなかったのは、今回2時間でシングルを全部歌うというコンセプト上、練り込む時間の無さとか時間的余裕の無さを感じたんですが、それを差し引いても娘。の歴史をなぞっていくライブは懐古厨としては嬉しかったし、何より今までのシングルが全てライブで味わえるというのは、個人的には懐かしさと現役メンバーが歌う頼もしさを感じたりしました。
事前にレポなんかも見ていたんですが、大方の方が高橋with娘。みたいな印象を受けていたようなんですが、個人的には確かに中心メンバーであり、歌手として娘。というユニットを形作っているのは間違いないと思いますが、特段際立っていたという印象はありませんでしたね。
おそらくやたら目につくのは、一人だけやたらダンスの振りが決め決めだったこと。
ひとつひとつの所作がかっこよく決まっているので、9人の中でも目立って見えることはありましたね。
個人的には新垣・亀井の存在が大きかった。
高橋・田中が車のエンジンだとすれば、この二人はまさに両輪。
エンジンのパワーを活かすも殺すもこの二人次第なんじゃないと思えるライブだったので、今のメンバー的に歴代のメンバー構成上最もバランスがいいんじゃないのかなと。
とはいえ、過去の娘。のようにエンジンを何台も積んでいた状況とは違い、仮に高橋・田中のどちらかでも欠くようなことがあれば、娘。というユニットは機能しないでしょう。
懐古厨ゆえにライブを通して、シングル当時のメンバーとをだぶらせながら見ていて、バランスの良さを感じるとともに、脆さも実感したライブでした。

■なっち千秋楽
ここ最近PerfumeのMV作成に現を抜かしていたら、なっちの夏コン千秋楽に申し込みしていたことを忘れてまして、当選確認を青封筒で知った次第・・・。
ということで、このまま追加がなければ仙台千秋楽参戦決定ということなんですけど、実はこれちょっと楽しみだったりします。(当落チェック忘れててなんですが)
今、なっちさんはやたらと豪華なメンバー出演のミュージカルに出演されてるじゃないですか。
そのミュージカル明けでのライブ、しかもアコースティック、何かワクワクしません?
昨年唯一参戦した娘。記念コンでも、なっちってやっぱすげ〜な〜とやたら感心していたんですが、ミュージカルを通してどう化けるのかがかなり楽しみです。
しかも今のところ千秋楽、何かが起きてくれるといいな〜と、今から期待してしまいます。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search