夏の終わり〜♪

■ポニョ
ま、さすがにいいおっさんが一人で見る映画ではないので、最近元気のなかったおチビさんを勇気付けに誘って映画鑑賞。
ちょっと前から「ポニョ〜♪ポニョ〜♪」って歌ってるもんだし、大人でも結構な人が頭から離れないメロディなんじゃないかなと思うのですが、話の中身が理解できなくても映画館という大きなスクリーンで見せるのもいい経験になるかなと思って見せたのですが、子供には単純にファンタジーとして見れる映画だと思うのですが、大人な自分は妙な違和感とどういう意図のシーン・台詞なのか分からずとも、なんでかちょっとホロってくる映画だったな〜と。
単純に言ってしまえば、ほんと日本版人魚姫みたいなんですが、どうも拭いきれない違和感を感じていたところ、たまたま某掲示板のスレ紹介サイトで、ポニョに関する考察を書かれているスレがあったので読んでみたんですが、思わずなるほどと思ってしまった。
まあネタばれになるので書きませんが、当然子供向け娯楽作品として全体の体裁を取りつつも、根底にあるのは宮沢賢治の銀河鉄道の夜に通じる部分があったのかなと。
多分、すっごい素直に見れる人は、無邪気なポニョと男の子の物語として見れると思うんですが、ちょっとでも穿った見方をしてしまうと色んな解釈で見れるような何か答えは出ないけど奥の深さを感じる映画になるんだと思います。
っていうか素直に見れなくなった自分はやっぱり大人になってしまったんだなと改めて実感。(汗わら
深読みとかあのシーンの意味とか考えることが、子供と大人の境界なんでしょうね。
ちなみに上記に書いた考察スレでも触れられていましたが、パンフをよく読んでみると(特にも婦人役のコメント)余計深読みを助長するようなことが書かれてたりするので、単純なファンタジー映画ではないと思いますよ。

■24TV
ハローが縁遠くなっていたのでここ数年はまともに見てないんですが、自分が歳を重ねる度に、こういう病気・障害者がいて可哀想だな〜と思う自分がすごく偽善者みたいな気分になるし、自分が健常者で良かったと安堵感を感じたりするのがすごく嫌だし、された方だって気分いいはずないですよね。
とはいえ毎年ちょこちょこ見てるのは、そういう感情を持っても自分がそういう立場にならない保障はないわけで、むしろ現実に立ち向かっている人たちを見ることは、自分が社会の一人として動いている以上、ちょっとした気遣いが出来る人間にはなっていきたいとは思っていて、自分より弱い(適切な言葉が見つからないのですが)立場にいる方に対しては、さりげなく動いてあげているつもり。
まあ、自己満足や善意の押し売りみたいな部分と捉えられても、過去左足骨折して病院通いやら何やらで松葉杖生活を経験している者としては、実はドアを開けて支えてもらっているだけでも嬉しかったりするので、そういう部分での貢献(まあホント些細なもんですが)は出来る大人にはなりたいなと。
ま、毎年心構えを見直すつもりで、多少でも見てたりします。

季節の変わり目?

■秋物出したのに
つい3・4日前までは日中でも20℃を下回るくらい肌寒く、長袖引っ張りだしてきたのに、ここ連日の雨で湿度とともに蒸し暑さがぶり返してきやがりました。
とはいえ、8月も終わるとなるとうち辺りはもう秋の気配がうっすらし始めますので、去年のような猛暑という猛暑も少なく、クーラーかけながら寝た夜なんてホント数えるくらいしかなかったですね。
ある意味今年の夏は過ごしやすかった感じで、あとは数ヶ月後にまたくる白い悪魔(雪)との神経戦になりそうです。
ま、季節的には秋が一番好きなので、これからは何かと楽しみ事があればいいな〜と。

■アクセ近況
頓挫しているわけではありませんが、モチベーションと作業時間が中々取れない、というよりも他のことしている(映画鑑賞だったり、PC関係の作業だったり)ので、なかなかアクセに手が付けられていないというのも多分にあるんですけどね。(汗;
ぼちぼち復活させます。

パラレルパラレル

■リアル鬼ごっこ
正直活字離れして著しい自分なので、最近の映画特にも小説が原作物は映像主体なんですけど、とりあえずソフトバンクのCMに出てた時に気になってた谷村美月が出てたというのもあるのですが、よくよく調べると魍魎の匣にも出てたし(気付かなかった・・・汗;)、時かけの声優もしてたのね〜自分でも知らないところで目にしてたのか。(汗;
まあ肝心の映画ですが、柄本明はこうちょっと不気味な役をやらせるとぴか一だな〜。
映画とはいえ役得みたいなシーンもあるし。(羨
正直、追いかけられている人を映す場面が、主要人物とか単体だけだったりするので、映画全体の緊迫感は限られた人というかシーンのみでの構成だったのは残念だったかな。
逆に佐藤姓ではない人とのギャップがTVクルー以外の部分で見せたり、都市部ではない地方でのシーンを入れてたりしてたら、なんか単に住宅街の一角だけで鬼ごっこしてただけにしか見えなかったので、正直B級感は否めませんでした。
しかし、何か久々にショート(ポニテフェチな自分)の子で何かしら惹かれる女優さんだな。
今後も注目していこうと思いますが、下手に某CMでブレイクしたような女優さんのように歌までは手出さないでほしいな〜。
何か日本だと若手女優でブレイクすると歌出す傾向が強いからな〜意味ないと思うんだけどね〜。

なんだこりゃ

■路線変わんね〜じゃん
エイベックスのa-nationに後藤真希出演したようで、しかも新曲披露とのことですが、まあ曲自体は聴いていないので良し悪しは書けないにしても、あのばっくり開いた胸元は何すか。
実にけしからん。(照;
とまあ、ぶっちゃけUFAを辞めたのも、弟のこともあったでしょうが方向性の違いとか何とか言ってませんでしたっけ。
まあ確かにアイドル面の強いUFAに在籍していた限りは、どうしてもアイドル色の払拭は難しかったはずなので、事務所移籍は賢明な判断だったし、非常に納得いきますが結果露出要員になるようだったら、あんま変わらないんじゃねと思ったり。
個人的には大胆に見せるより、こうチラリズムの方がそそられる・・・って個人の嗜好の違いですよね、すいません。(汗わら
まあ今個人的には娘。というハコ押しという観点から、OG陣のメディア露出が増えてきているように感じるのは気のせいでしょうか。
いいことなんですけど、これ唯一の露出だったハロモニが終われば、マジで娘。というユニットの希薄さに拍車が掛かりそうなんですけど。
下手すると台湾・韓国で行っているオーディションやらも、あんまり動きが伝わってこないから、もしかして頓挫してんじゃないの?
ここは明るいでかいニュースが欲しいところですね〜。

OP観戦週間終了

■国の維持を見た
完璧主義の体裁を維持でも保ったオリンピックだったかなと。
その中で選手たちの素晴らしい活躍振りで、ひとまず成功ではなかったのかなと。
ただオープニングでの口パクやらCG演出やら漢民族だけの子供たちやら、中国の悪しき部分というかとにかく上辺で着飾る部分・見栄えの良さの追求があったのは、逆に中国らしいな〜と。
完璧を求めるがゆえの粗というのかな、かえってイメージの悪さを露見するのもある意味中国らしかったかなと。(わら
スポーツと政治は別物という考えはすでに通用しないながらも、スポーツだけを見ればやっぱソフトボールの決勝戦はしびれましたね〜。
せっかく選手たちが素晴らしいプレイをしているので競技単独で見れば、やっぱスポーツっていいなとも思ったり。
ま、とりあえずフィナーレもチャン・イーモウ監督らしいので見ながら書いてますが、やっぱダイナミックさと色彩感覚は素晴らしいな〜と。
ただね、子供の作り笑顔は気持ち悪いっすよ。(汗わら

MGS4クリア

■といって昨日ですが・・・
PS3同梱版を購入してから早2ヶ月、やっとクリアしました。(汗;
まあそれだけやる暇がなかったということなんですが、MGSシリーズもこれで終わりかと思うと感慨深いものがありますね。
とは言っても自分はPS2のMGS2から入った口ですけどね。
プレイした順番とすれば、MGS2(PS2)・MGS(PS挫折)・MGS(GC)・MGS2(2回目)・MGS3(PS2)となるんですが(PSPのOPSシリーズが未着手)、やっぱ個人的にはMGS2が一番好きかな。
ちなみにPSで出たMGSは、最初にMGS2をプレイしてしまった為に、操作系統の違いとハードウェア的な違いが大きすぎてMGSをプレイするためだけにGC買ったという(汗;)、何気にハード各種持ってたりします。(無いのはX-BOX360くらいかな)
でシリーズ完結のMGS4ですが、まあまだ未プレイな方にはネタばれは書かないとしても、発売当初から各サイトで書かれていた通り、ムービー主体と捉えられても仕方がないくらい、正直スネークを操作している感覚は少ないです。
とはいえ、MGSサーガの完結としては十分満足のいくクオリティだったし、何よりFF10に続いてゲームで泣く一歩手前まで持っていかれたのは、さすが小島監督といったところでしょうか。
エピローグ、オタコンとサニーの会話は反則です。(泣;
そんな涙腺がここ数年ゆるゆるの自分ですが、元々映画が好きなのですんなり受け止められるゲームでしたが、ゲーム主体や今までのシリーズのプレイ感覚が好きな人には、ちょっと物足りないゲームだったんでしょうね。
ただ、最後のキャストロール流れた後の展開は蛇足だった気が・・・まあ個人的には感動した時間を返せみたいな気分でしたが。(わら
さてこれで付属DVDやっと見れるわけですし、アサシングリードや龍が如く見参をやろうかなと思っているのですが、早くFF13出ないかな〜と。
埃かぶる前に。(汗わら

■ハロモニ終了?
なんか9月いっぱいで終了というのが、ほぼ間違いないようですが、まあリニューアルから迷走の限りを尽くして、あげくMouTubeなんて他メンバーのVTRネタをみんなで見てリアクションするなんてつまらない終着点にたどり着いた時点でこりゃ現クールで終わりだろうなと思っていたので、全くの予想内で驚きも落胆もなし。
ま、他アイドルが深夜、BSやCSといったマイナー枠でやっている現状、娘。として今まで続いてこれたのが希有なだけで、むしろ今まで放送され続けれたことがすごい。
まあ毒気の抜けた現娘。にとって、唯一のテレビ露出を失うわけですから、まあ今更だけどこれで危機感を感じるようでは遅いんですけどね。
正直現況まだまだOGの威光によるモーニング娘。というブランドの上に立っているだけにすぎないので、ブランドを維持するか壊すかのどちらかになるんでしょうね。
個人的には壊してこそ再生があると思っているので、いい意味いい方向性を信じて解散という切り札を使うタイミングは近いのではないかなと勝手に思っています。
ブランド力を失うのは大きいけど、そのブランド力の弊害もOGにしろ付きまとっているのも事実ですからね。
「元モーニング娘。」という冠が有効的に使われていない現状、冠自体外すのも容易ではないので、まあ過去ユニットを組んでいた人達が「元○○」の誰それと紹介される呪縛から逃れなれないように、いくらブランドを放棄したところで芸能界にいる以上ずっと付いてまわるんだろうな。
相田翔子の結婚のニュースにしたって「元Wink」という冠は外れていないしね。
今の女性アイドル界はことメディア露出に関しては第何期から分かりませんが冬の時代だと思うので、深夜枠でもいいしBS・CS(個人的には地上波より歓迎)で細々と続けていくしかないんじゃないのかな。
ともあれ、ハロモニが終わるということは、何かしらひとつの時代が終わったんだという感じはしますね。
これでますます首都圏・東名阪主体のライブ活動に移行加速が進むことでしょうね。
地方ヲタこそ淘汰される存在なのかも・・・。

■アクセ近況
現在はお盆明けの呆け気味もあり停滞中。
切り抜き作業がどうしても集中できず、ゲームしたり、オリンピック鑑賞したりで進捗は芳しくありません。
まあこれもソロでシリーズ物作っているせいもあるのですが、元画からの切り抜きがかなり細かい作業しないと合成できない状態なので、とにかく手間作業を片付ければ後は一気に完成まで進むと思います。
最近、DLカウンタ見ていてもPSP用壁紙の需要が結構高いみたいなので、数は増やしたいなと画策しております。

ため息・・・

■休暇最終日
5日間俗に言うお盆休みが今日で終わるわけですが、まあ何にもしない5日間でしたね。
車動かしたのも1日のみだし、まあ無理して出掛けるほど天気も良かったわけではないので、まさに寝お盆となりました。
クーラーかけないで過ごすお盆も珍しいくらい今年は暑くないので過ごしやすいのですが、こういう天気のせいか、チビ共にせがまれる虫取りも今年はほとんど姿が見れず。
こんな田舎なのに天然物の昆虫の王者カブトムシ♂が見れないとは、まあ環境のせいにはしたくないけど、田舎も田舎ではなくなってきたということでしょうか。
っていうか単に鳥より早く起きれないので、無残な姿ばかりを見つけているだけなんですけどね。
鳥よりは早く起きれん。(汗;
そんなわけで明日からはお正月に向けて後半のお仕事。
中々厳しい世の中ですが、何となく転機を迎えそうな予感です。

■ミュージカル
2年前はそれこそ行く気なかったのを公演が始まってから、絶賛の嵐のレポ読んで急遽チケ手配、日帰り弾丸ツアーを決行したんですが、今年は完全に見送り。
レポ自体は軽く他サイトさんで見てはいるのですが、行く気まではさせてくれません。
まあ悪い意味じゃなく、高橋が主役の時点で娘。サイドの完成度っていうのかな、読めてきてしまったのが最大の原因で、2年前のような吉澤・藤本という好演者を欠いているうえ、現メンバーを俯瞰的に捉えても正直前作越えはどうなのかなと思っ(ている現在進行形)たのが、そもそも個々のメンバー目当てではない自分にとっては、あまり魅力を感じないのが正直なところ。
だったらDVD待ちでいいかな〜と思っているのですが、多分暮れまでに出ますよね。
生の良さは2年前に経験したので、とりあえず今年は家で観劇したいと思います。

あ〜夏休み〜

■あと1日
北島選手の金もすごかったが、とりあえず後1日出勤すればようやく5日間の夏休み突入!
まあ、学生さんから比べればとんでもなく短いようですが、社会人になれば分かるって。
3日以上休みがあるありがたさがね。
そんな訳で夏休みといっても、これだけガソリン代高騰してると、ドライブして遊ぶなんてこともちょっと躊躇してしまうところなんですが、実際問題遠出はさすがに出来ないな〜。
ま、無理して遊ぶ必要もないので寝正月ならぬ寝お盆でもいいのですが、とりあえず身体もですが精神的に休まないといけないと身体が悲鳴を上げてますので、目下精神療養に努めたいと思います。
っていうか、マジで会社辞め時かも・・・。
来年の年度末が潮時かな。

歳を感じる・・・

■スポーツ観戦
いや〜北京OP興味なかったんですが、いざ競技始まると見ちゃいますね。
しかも結構マイナースポーツみたいな競技でも日本人選手が出てると余計見ている自分がいます。
何だろ、年々スポーツ観戦が面白くなってると感じるなんて、なんか歳喰った感じがして嫌なんですけど、とにかく内柴選手おめでとうございます。
攻めの姿勢が終始見ていて気持ちよかったです。
まあ一流選手になれば、それこそ組み手ひとつで有利不利が出てくるのは分かるのですが、やっぱさ〜柔よく剛を制すみたいなのが柔道でしょ。
最近の谷選手はとかく組み手争いに終始している感じで見る側としては面白くないし、やっぱ全盛期の組んでからのスピードと切れはなかったよな〜。
近年体躯・パワーのヨーロッパ勢に圧されているとはいえ、「技」で勝っていく小気味よさっていうんですか、特にも軽量級の柔道の面白さはそこになるような気がします。
ま、なんだかんだ言ってもスポーツは一喜一憂の楽しさみたいなのがあって、ついつい見ちゃいますね。
さて、アクセ作りも続けようか。(汗;

色彩はさすが

■北京OP
何かと開会前から穏やかではない雰囲気を醸し出していたオリンピックですが、リアルタイムで競技が見れるのは時差1時間のおかげか、競技よりも注目していたチャン・イーモウ監督演出の「HERO」や「LOVERS」の原色に近い色を巧みに演出できるのは、映画監督としてはこの人だけだろうなと思っているので、オリンピック演出もちょっと楽しみにしていたのですが、中国らしい人数に物を言わせたある意味お得意のマスゲーム風の数々の演出、特にも衣装関係はチャン・イーモウ監督らしい色彩感覚はお見事でした。
まあちょっと説教くさいというか偽善っぽい子供や環境問題を演出に入れていたのはらしくないような気もしましたが、巻物辺りの演出の数々は個人的には好きな演出でした。
今現在も出場国の入場見ながら書いているのですが、日本地味っ。(わら
まあ色々デリケートな部分に配慮したんだと思うのですが、オリンピックはこれからが本番。
共産圏でどういうオリンピックになるのか、ある意味見物です。(わら

だる・・・

■体力半減
8月はお盆休みもあることから、かなり前倒しでの作業を続けております。
まあ予定組んで仕事するのは当然ながら、いかにロスを少なく有効的な時間の使い方をしようとも、残念ながらまあいつも帰る頃は真っ暗なわけでして。
おまけに急な猛暑のおかげで著しく体力・・・デスクワークだからむしろ精神力かな、それが大分消耗してますね。
暑さに慣れた頃に涼しくなってくるもんだから、四季のある日本もこれ考えもんですよ。

やっと本格的な暑さかな

■ライブ終わったら
とうとうライブの予定が無くなったら、地元も本格的な夏になったみたいで、夏特有の湿度の高い暑さが襲ってきております。
かろうじて夜は寝る前までエアコンかけて、寝る時切って窓開けて寝れるぐらいで済んでいるのですが、これからは窓開けたくらいでは済みそうにもありませんね。
とりあえず寝苦しいのだけは勘弁なので、地球に厳しく自分に甘いので、文明の利器をフル活用したいと思います。
っていうか最近色んなタレントがエコ語りだすのが非常にうざい。
それ何アピール?って思いしかないんですが、大体環境問題は確かに人間のせいが多々あるでしょうが、気候の変動まで影響を及ぼしているとは思ってません。
そもそも地球の歴史上温暖な時代や寒気の時代と周期的に巡っていたのは、学術上証明されているはずですし、人間が害を為したうえで絶滅した種に関しては、それこそ自然の摂理から逸脱した行為であったとは思いますが、気候の変動によって絶滅する種があれば、それに適応する種もまた出てくるのが地球のいわば「リ」ではないサイクルなんだと思うんですけどね。
所詮人間なんて自然の驚異に対処しようとする考えがおこがましいです。
個人的には丁度地球は気候の変換期に入っているんだと思うんですけどね。
バビロンの塔の逸話みたく、神の領域まで踏み込めば(そういう自分は無神論者ですが)、いずれ淘汰ないしは自滅の道を歩むのは人なんでしょうね。

■美勇伝08
とりあえず美勇伝というユニットでの壁紙作成はこれが最終です。
足跡を残したユニットというコンセプトで、グラビア素材からの流用ですが、元がバックショットでの3人という時点でほぼ形は出来ているものだったので、自分なりに味付けをした程度で抑えてみました。
とはいえ影の演出を前提に作成していたのですが、元画は左右からの光源が最も強く出ているので、影の処理に大分違和感が出てしまっていたのですが、部分的な明度調整を重ねてなるべく自然な感じに仕上がるようにしてみました。
これで自分が作ってきた美勇伝の壁紙はラストになってしまいましたが、やはり自分が求めていたユニット像と、本体の活動が後期色モノになってしまったのは今思っても残念の一言に尽きます。
ま、個々に活動する場面は少なからずあるようですが、こうある程度セルフプロデュースできるような人材がほしいですね〜。

■ハロ劇団
ホント今更ですが、ハローの今後はどこへ行こうとしてるんですかね。
どうも劇団というか舞台メインの活動にシフトしようとしているのでしょうか。
となれば完全に地方は置き去りな訳でメディア露出は減るばかり。
まあ昨今の音楽業界事情をみれば、生き残るべき手段のひとつなんでしょうが、ここにも淘汰の波が押し寄せてきているようにも感じます。

しかし、キッズ関連であれだけ撮られてもスルーなんでしょうか。
事務所側が完全に放任主義になったのか、管理しきれないのが現状なのか、先輩メンバーにそういう輩を残して置くから一向に後を絶たないんだと思いますよ。
っていうかとりあえずバレないように付き合え!
バレたらそれなりにペナルティを受けるべき。
一考にハロに明るい兆しが見えてこないな〜。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search