疲労困憊

■零細企業ゆえ
いやはや少ない人数で何かとやりくりくるには、周りがあまりにも非協力というか他人まかせにいい加減頭にきまして、まあ直上司には言えないのだが(へたれなんで)、まともに電話の用件も聞けないような所員に散々文句たれてしまった。
歳も上、入社も先なので本来ならばむしろ指導してもらうような立場の人なのだが、あまりにも個々の仕事だけで融通が利かないというか、旧来の面倒なやり方に固執する無駄な作業とか、目にあまる部分が多々あったので出張中机の上のメモの山に、呆れると同時に改めて使えない人材だと感じましたね。
1を1しか出来ない(下手すると下回る)作業効率では、こんな小規模所内ではてんで話にならないし、過去一度社長に辞めてもらうよう(立場的にはすでに自分が上なので)直訴までしたんですが、所詮作業内容の分かんないトップに話したところで無駄だったので、こうなったら意地でも1を1.5くらいまで出来るレベルの引き上げ計画に取り組み中。
先は長そうだが、今の会社にはPCオペが自分ひとりというのが過業務の原因と同時に入社以降電算化が急激に進んだ結果、自分の変わりがいなくなってしまったというもあって、とにかく人まかせが横行させてしまったのは、今更ながら問題だったなと個人的に反省しつつ、目下先輩に向かって教育してるという本来逆だろうが。
っていうか社会人たるもの、覚えることはメモ必須でしょう・・・。
だから後でまた同じこと聞きにくるから腹立つんですけどね。
自分だって社会人としては若輩だが、教えられなくても基本的な部分が高校生以下レベルだから、自分が雇用責任者ならもうクビにしてるとこだけどね。
これで説教するの3回目ですよ、後輩から先輩に。(汗わら
いい加減懲りてほしいところなんだが、こっちの方が身と精神がもたない・・・。

近況

■アクセ小規模継続中
ま、何分本業が忙しいのでなかなか作業が進んでいないのが現状。
目下10月までにと思ってましたが、やはり無理そうです。
なるべく早く作りたいのですが、とりあえず俺に暇をくれ!

愛車入院

■全治・・・まだ不明
いや〜カマ掘られてしまいました・・・(泣;
出張先の帰りとはいえ、普段寄らないところにふと思い立って駐車場に止め、車降りた時にバックしてきた車がそのまま愛車のバンパーへ・・・。
まあこういう経験は初めてではないのですが(かといってしょっちゅうでもない)、「あ〜ぶつかるな〜」って思いながらただ見てるだけなんですよね。
スローモーションというか、ぶつかるの分かっていたなら急いで相手の車体叩くなり窓叩くなりすればいいんでしょうが、なぜかただ見てるだけしか出来ないんですよね。
というわけで警察やら修理工場やら面倒な手続き終えてきまして、当然こっちは駐車場のちゃんと枠に止めていたうえ、降りてますから完全停車中のため、100:0で向こう持ちなんですがとにかく精神的にはやっぱよろしくないですな。
これ、すごい偏見かもしれませんが、女性ドライバーって駐車場に止める時って大体前方止めしません?(つまりバックで車庫入れしない状態)
で、出るときバックだからかもしれませんが、後方不注意が多い気がします。
確か性別的にみて女性の方が男性よりも同時に物事が出来る(家事しながら電話とか)はずなので、こと運転でも手足はもちろん目・耳で周囲の状況を確認しながらなので、複数の動作が組み合わさって始めて運転できるのでむしろ女性の方が得意そうな気がするのですが、もちろん上手な方も大勢いるとは思いますが、やたら接触事故起こすのは女性が多い気がするのは、これって蔑視に当るのかな・・・(汗;
うちの所内の女性ドライバーも交差点で明らかに赤信号なのに突っ込んでいきましたからね。
あとで聞くと考え事してたみたいなこと言ってましたが、むしろ何かに固執していた場合、女性ドライバーは周囲への注意が散漫になるのかもしれませんね。
今回の相手も残念ながら女性ドライバーだったのですが、何やら子供を迎えにいかないといけないと急いでいたらしく、そっちに気を取られていたんでしょうね。
ま、お子さんには悪いけど、ちゃんと事故証明取ってもらえるまで迎えにはいかせませんでしたが(迎えにいってからまた来るみたいな話は通らないよ)、話聞いてると何回か同じような事故しているような人みたいだったので、まあとにかく自分にとっては運が悪かったとしかいいようがないです。
後からね〜普段使っているところに行けばよかったとか、地元に帰ってから用事済ませればよかったとか、1〜2分ずれただけで起きなかったはずなので、まあ今更後悔しても遅いのですが教訓になったのは、普段と違う行動をした時は気をつけるってことでしょうか。
とりあえず代車が不便・・・。

秋眠暁を覚えず

■ね、眠い
日中、とにかく眠い。
異常とも思えるほど睡魔に襲われる。
基本、体調悪い時はやたらと眠い体質なので、おそらく肉体的な疲れというよりも精神的な疲れが取れないせいだと思うんですが、こればっかりは寝ても疲れ取れないしね〜。
まあ若干夜更かし気味のゲームのせい(コレか!)かもしれませんが、とかくストレス社会に生きていく身は肉体的なタフよりも、精神的にタフじゃないといけないのかもね〜。
久々にマッサージ受けにいくか!(アダルティーな方じゃないよ・・・わら)

受験か・・・

■勉強きらい
ふぅ・・・受験といっても学生ではないので、いわゆる資格試験を受けざるを得ないのですが、まあ社会人なら一度は二度経験あるかと思いますが、会社側から必要とされる資格を取らされる(本人必要なくても)ことがあるわけですよ。
ま、費用は会社持ちだからいいんですが、結果それなりのプレッシャーもあるわけで、ここ数ヶ月魔の受験勉強期間になりそうです。
個人的にはこんな資格取ってもこの先有利になるものでもなさそうだし、本当に経費掛けてもらってまで必要かと思うと甚だ疑問なんですが、上は資格はあればいいみたいな単純な考えみたいなので、お話しになりません。
いずれにせよ雇われ社員なんで、上からの命令は絶対ですから勉強しますけど、落ちたらグチが飛び交うのは必至なわけで、自分が本当に取りたい資格ならまじで勉強するんですけどね〜。
何にせよモチベーションが違うから〜、なるべく会社の期待に沿えるよう頑張るしかないか。

■レス
>みなみさん
何も変わらないと発言しているメンバーは、すでにある程度個々の活動を確立しているから言えることであって、それ以外のメンバーこそが不安要素なんでしょう。
個人的にはハローの冠がついた興行が打てなくなることによって、影響のあるなしがまさに生き残りだと思うし、何も変わらないと考えているは実はそこで自身の振り幅を止めてる証拠だしね。
リップサービスでも前向きなコメントを出している中澤姐さんやなっちの方が、ファンに対しても自分に対してもちゃんと考えているんだと思わせてくれるだけでも、その差は大きいと思います。
個人的にある方はハローから早く離れてほしかったので、そういう部分では御の字なんですが、なんか記者会見の映像見てても完全にバラドル路線だな。
丸くなってきてるし・・・。(苦わら

生き残りゲーム

■問題は来年の3月以降
まあ現時点での発表だけでは、何だかんだ言ったところで推測・憶測の域は脱しないので、結果的には戦々恐々しながらその日を迎えるだけ、いわばカウントダウン宣言をされただけなので、今後の活動については追ってなのか3月末以降なのか実際動いてみないと分からないという、いつもの悶々とした日々とそのスケジュール上にある興行類にプレミア感が付くという今までの卒業発表となんら変わらないわけで、結果振り回されるのはファンという・・・。
ただ今回の構造改革に関しては推進派であることを述べさせていただいていましたが、公式発表よりもまずFC会員に対して一番初めに報告すべきだったのではないかなと。
今までの単一的な卒業という経過ではなく、あくまで卒業という形をとったハロー枠の構造改革であるのは紛れも無い事実となったわけですから、少なくてもファンクラブという会に出資している会員に対して、次回の広報を待てというのはおかしいのでは?
いつも思うのは、FCが非常に事務的なこととそこに筋を通そうとする部分が欠けている事が多々あること、今回改めて所詮会員は金ヅル程度でしか見ていないんだなと、それに踊られされるのは承知の上で加入している自分、こうどんどん応援する対象への情熱(書いててちょっときもい・・・汗;)を削がれていっているのはひしひしと痛感しています。
やっぱさ〜応援している対象が人なんだから、それを支えるスタッフにも人情の欠片というか、人が携わってる感を感じさせて欲しいんだよね。
ま、とにかく今回の構造改革、行く末を見てから自分も去就考えたいと思います。
BBSへのレスは後ほど。

■Sweet Vacation
TSUTAYAでDVD物色していたら店内で流れている曲が気に入りまして、まあ前々から続いていますテクノ・ハウス系の非常に好みな楽曲だったので耳すましてDJがアーティスト名を言うのを聴いていたんですが、Sweet Vacationというタイの女の子と日本人男性とのユニットらしいのですが、Perfumeや元気ロケッツとはまた違ったテクノ?ハウス?まあそこら辺は疎いのですが、基本電子音と当然ながら包括的なクオリティにちょっと気になるアーティストです。

■GAME TOUR DVD
Perfumeのファーストツアーの模様がDVDになったということで、最近ハロ系でも前程買わなくなったのに買ってしまいました。(汗;
ま、一応参戦したツアーだったのですが、肝心の仙台のライブハウス激狭なうえに、明らかに収容人数以上詰め込んだだろという2時間半の満員電車状態、熱気と酸欠になりかえねない(実際何人もの退場者が自分の脇を通っていった)過酷な現場だったうえに、ステージの段差が公式では40cmしかないので、正直人込みの隙間から顔が僅かに見えた程度でPA席直脇だったこともあり、上で書いた通り人の出入りも激しかったのでライブに集中できたかと言われれば嘘になりますが、とはいえ変なテンションで楽しかったのは事実。
でDVDでやっとどういう衣装でどういうパフォーマンスをしたのかが分かったという、ホントに同じツアーを見てきたのかも怪しいのですが、まあどうしてもハロ系ファンサイトやってる手前、比較してしまうのですが現娘。とPerfumeとは最古参いわゆる5期とはほぼキャリアは一緒なわけでして、まあ比べること自体ナンセンスなのも重々分かっていますが、ライブパフォーマンスとしてはどちらも一長一短があると思うんです。
問題は、ステージングが金掛ける掛けないの部分ではなく、センスがあるかどうかなんだと思うのですが、一昨年の娘。コンのステージングは見事だなと感心したんですが、今年の春には何とも簡素というかセンスを感じられない構成に、去年の間に何があったんだろうと思うほどの変わり様に凋落とか斜陽とかの問題以前に、スタッフの質が大分落ちているんじゃないかなと思うんですよ。
パフォーマーの良さを引き出すのがスタッフの仕事だと思うので、ライブ以前にもCDのジャケット然りもうちょっと頑張ってセンス出して欲しいですね。
ま、万人受けっていうのは絶対無理でしょうから、せめて「Ambitious!!〜」みたいな愚行は二度と起こして欲しくないですね。
もし内々のスタッフだけで動かしているなら、やはり外部でも有名じゃなくていいから確かな腕のプロを使ってアートワークするべきでしょ。
贔屓目に見てもPerfumeの方がアートワークに関してはハロより上ですよ。

■レス
>みなみさん
まあFCに関しては現行システムに移行して間もないというのに、また大きな変化を生じるような真似をするUFAお得意の行き当たりばったり感ですでに諦めムードなのですが、いずれにせよまたFC系統の見直しは掛かるのでしょうね。
まあすでに興行面においては東名阪ばかりで地方切り捨てな部分はあるので、特にも片田舎の自分にとってはFCでチケを取るメリットさえ無くなりつつありますし、元々グッズ買いあさるわけでもないので、個人的にもすでにFC会員の意義さえ見失いつつあります。
別にネガティブキャンペーンを展開しているつもりはないのですが、今のハローに明るい材料が無さ過ぎるのが痛いところです。
またご指摘されてる通り、ワンダ組の今後についても当然ながらハロー枠という後ろ盾の無い状態からの再出発になるかとは思いますが、いわば娘。とかキッズといった受け皿があった中で一夜にしてスターの仲間入りみたいな、本人のバックボーンが希薄な分、一番不安なのはワンダメンバーなのかもしれませんね。
ま、つんく♂Pも自分で立ち上げた方が今は楽しそうだから、外部発注はどんどんしていった方がぬるま湯に浸かりきった現メンバーにとっては、いい刺激になるんだと思いますけどね。

ハロー構造改革推進派 Part2

■噂話もバカになんない
え〜結果的に10/7付けで書いたことが現実になった訳ですが、とはいえおそらく多くの方が同じ様な空気を感じていたはず。(と勝手に解釈)
タイトルにも書いているし、前にも書いたのですがあえて実現しちゃったので自分の中で再構築と今後の展望なんか書いてみたりしたり。
個人的に今回のエルダーメンバーのハロー枠からの卒業はもろ手を挙げて大歓迎とまではいきませんが(これは後述にて)、概ね歓迎したいと思います。
確かに先行きの不透明感はありますが、少なくても現時点で考えられる最も大きい変化は、夏冬のハロコンが無くなるということだけで、正直地方ファンとしては元々蚊帳の外のライブなので全く痛みもない改革だということ。
事務所コメントを安易に受け止めれば(何回騙されてきたことか・・・)、現時点でのエルダーメンバーの去就は、ハロー枠からの卒業というだけであって、UFA所属という部分は残るってことですよね。
ハロー創成期から現状を見れば、大風呂敷を広げすぎた結果、半分たたむことにしたという解釈なのですが、ハロー枠は単なるライブパフォーマンスをする集団という位置付けよりも、モーニング娘。というヒエラルキーを頂点にしたネームバリューを笠に活動していた側面も無きにしも非ず、しかも一時は松浦がヒエラルキーの頂点に取って変わる寸前まで行きつつも、その後結果的には娘。を越える存在は育たず、そのネームバリューの威光が小さくなった今、広げすぎた枠を小さくしてより密度を濃くしていく、ないしは「モーニング娘。」という成功例を再び再現すべく、パワーバランスを考えた結果だと思っています。
逆に言えば、UFAはアイドルというカテゴリーでは「モーニング娘。」というのが唯一の成功例で、ある程度年齢が高くなったアイドルないしは歌手というジャンルに対しては、いまだ手探りな状態なんだと思うんですよ。
ようはノウハウが少しでもある部分に今後は力を入れていこうとする姿勢が見て取れる中、残念ながらエルダーメンバーでは興行が成り立たないと考えたのでしょう。
であれば、ハローという枠を外し、つんく♂P以外の外部ワークやアイドルに捉われない活動をメインに据えた方が動き易いと考えた結果が今回のエルダーメンバーの卒業に至ったのではないかなと勝手に解釈しています。

ただやはり不安材料はたくさんあります。
まずもって実際に枠外になった後のそれぞれの活動ですよね。
当然移籍問題や下手すると後ろ盾(ハロプロメンバーあることの活動)がなくなった分、解散や引退ということも十分考えられるでしょう。
でもそれは実力と運の世界でしょうから、彼女たちに頑張ってもらうしかありません。
それこそファンは応援することしかできないですからね。
あと個人的にもろ手を挙げて大歓迎できない理由がFCにあります。
娘。のハコ推しとはいえDDに近いのでハロー枠でのSP会員は、OG以下他のユニットに関してもチケ予約など色々重宝できた部分だと思うのですが、今後の扱いがどうなるのかが個人的には不安な部分であり、これが個別FCに移行ということになるのであれば、これだけ細分化してしまったメンバーへの移行がスムーズに行くわけがないし、よほど思い入れが強くないと複数にまたがるような加入しなければならないシステムになるようでは、正直ファン離れは一気に加速していくと思います。
ただでさえハローが斜陽とはいえ、わざわざFCまで入って応援しているファンに対し、どんな回答をしてくるのか、回答次第では自分もいよいよ青封筒とはおさらばかもしれませんね。

個人的にはワンダも含んだハロ枠撤廃の方がスッキリするんだと思うんですけどね。
現状ハロー枠は、夏冬の合同コンのためだけのようなもんだし、だったら別に娘。は娘。、キッズ連中らはキッズそれぞれのユニットでのライブ活動でいいんじゃないのと。
そう遠くない内にハロー枠自体無くなると予想しますが、果たしてどうかな?

以下ちょっと毒吐きの為追記へ

■ハローの癌、野に放たれる
さてさて、個人的にはハロー凋落のきっかけとなったハローの癌。
これにて接点は大分薄れると思いますが、ハローは後ろ盾であったと同時に、足枷でもあったはずなので、どう動いていくのでしょうか。
バラエティで食ってけるとは思いますが、絶対余計な話までするタイプだよな。
移籍も十分可能な人材でしょうから、かえって過去話をネタにトーク番組出まくりみたいな状況はいやだな〜。

空腹?怒り?

■枠外活動歓迎
正体を明かさないHANGRY&ANGRYなるユニット、まあハロヲタなら夢に見たカップリングだと思うのですが、どうも展開が外部ワークみたいなので、アップフロントが絡まない部分でちょっと期待しています。
あくまで正体を明かさないという部分で、まあメディア露出はあるかどうかは分かりませんが、日記で書いたエルダメンバーの去就が先遣隊としてある程度の実績を上げられれば、外部ワークでの活動部分では光明が見えてくるのかなと。
企画物とはいえ、いわゆるアイドルというカテゴリーで競合している他アイドルに、少しでもアドバンテージを残せるなら、今後にも繋がると思うし、相乗効果に期待したいところです。
個人的には音楽業界自体が斜陽産業なので、CDリリースとか楽曲発表はあまり効果が薄い部分だと思っているので、ビジュアル面で強烈なアピールをとにかくしていって欲しいかなと。
でもこういうコラボはやっぱりお姉さんチームじゃないとなかなかオファーもない話だと思うので、エルダメンバーの活かし方はそれこそ外部枠にこそ求めるべきなのかなと。

■アクセ近況
まあ気にしている方は少ないかと思いますが、一応作成継続中。
っていうか9人分の切り抜きはホントめっちゃ単調な上に面倒、といっても好きでやってるんでちまちま作業進めてます。
まあ6周年記念と気張って作成していますので、なるべくクオリティアップに繋がる様、妥協のない切り抜きというか消し作業というかをドット単位で行っているので、もし万が一楽しみにしている方いましたら、しばしお待ちを。
これを終わらせましたら折角PSPも液晶の綺麗な新型出たので、PSP壁紙周りもやりたいし、待ち受けも少し増やしたいし、何よりimgStyleの黒バージョンを作りたいのですよ。
今現在WinampのFreeformスキンであるimgStyleは白バージョンのみ作成しておりますが、当初からモノトーンの構成で考えていまして黒バージョンは後回しにしていたんですけど、最近公開してから段々とDLカウントも無きにしも非ずなので、色違いもあった方がいいのかなと。
ちなみにWinamp2.**以降のいわゆるクラシックスキンですが、要望のない限り作成はしませんので、今後当サイトのWinampスキンはこのimgStyleを中心としたFreeform型に移行しています。
ちなみにimgStyle以外でデザイン案が浮かんだ場合は、今後も改造・改変を続けていこうと思います。(確約は出来ませんが・・・)

大丈夫か〜日本

■女性蔑視ではないという前提
消費者のために活動してくれるのはありがたいのだが、特定要因だけで安易に規制するのは問題じゃないのかね〜。
今回社会的なニュースの槍玉に上がっているこんにゃくゼリーにしても、確かに事故が発生するのは痛ましいし、それを防ぐことが製造元なりそれこそ消費者大臣が率先して動くのは当然なんですが、ただ売っちゃだめとか買っちゃだめ、果ては作っちゃだめだけの規制、しかも食物による窒息死亡事故のトップである餅については、つまる事が常識になっていると発言するようでは、果たして消費者庁のトップとしての発言でいいのか激しく疑問なんですが。
問題の争点は、こんにゃくゼリーによる窒息死亡事故を無くすための規制ではなくて、それを含む食品全般の窒息死亡事故を無くすための法案なり規制なんじゃないのかなと。
餅はつまることが常識として皆が共有してるから規制外って、逆に餅をつまらせるのは当たり前なので問題ないってことでしょ。
どう考えたって道理に合わないことを言ってるとは思わないのでしょうか。
ここで勘違いしないでいただきたいのだが、過去大臣職でなくても選挙活動の度に主婦目線だとか何とかでやたらと規制や制限をマニフェストに盛り込んだりする女性議員の方々が多いですが、女性蔑視と捉えてほしくないのですがほとんどの方が規制の対象に上げる物を特定していたりと視野がせますぎやしませんか。
今こういう時代だからこそ食の安全に女性ならではの目線は必要だと思いますが、あまりの視野狭窄振りにまあ性別ではなく、そういう人が今の大臣なんだなと思うと日本って国はいくらいい大学出て国政に上りつめたとしても、所詮一般常識の無い人達が国を動かしているんだなとほとほと情けなくなります。
ま、総選挙までの大臣でしょうけど、本当の主婦目線に立つには一度一般人になられた方がいいんじゃないでしょうか。
っていうか、極論だけど何か問題が起きる度に規制しまくってたら、家でじっとして何も食うなって選択しかなくなってしまうじゃないか。
個人的にね、消費者の頭の上で、えらい方々がこんにゃくゼリーの規制云々で時間と人件費を無駄に使っていることに腹が立つ。
包括的な話し合いなら分かるが一品目に限って話し合うなんて愚の骨頂だ。
そんな端から見ればアホな会議をしている今日もどこかで、問題のある中国産の食品や偽装された食品が世に出て消費されていくんだろうな・・・。

嫌な風向き

■売り出し方間違ってない?
すでにハローじゃない人をどうこう言ったところで、過去は戻らないし、事実は変わらないのですが、なんかさ〜再活動ってもっと大人しめに動いていくものだと勝手に思っていたのだが、なんだかんだで話題に上るのはネームバリューと言動なんだよな〜。
個人的には前向きに活動するには文句もなければ、いわゆる暴露的な話さえしなければ関係のない存在だと思っていたのですが、ことここに来てどうしてもOGにはつきまとう「元娘。」という冠の呪縛から脱却できていないのか、あえて利用しているのか活動と言動が活発になってきたように思います。
今はね〜まだ禊の段階なんだと思うんですよ。
それがさ、反省の言葉も最初だけで今では開き直りと捉えられかねない事を平気で言っちゃう(書かれているだけかもしれないが)のとか、未成年に物申すとかまだ早いって感じるわけですよ。
例えが適任ではないかもしれませんが、ヤンキー先生こと義家氏(言動は立派だが個人的にはあまり信用できない・・・個人的認識です)が、過去の自分の過ちと今の若者に対して発信するのとはまたちょっと違う気がします。
多分今の事務所?の売り出し方が方向性はヤンキー先生になぞった形でより年齢が近い方が説得力あるだろうと踏んだんだろうけど、上記の通り禊が済んでいない根拠として辞めたと言いつつもいまだ喫煙者な点、もちろん年齢的にはもう問題ないのだろうが今に至る経過を自ら話していったところで、果たして説得力があります?
むしろ白けるだけなんですが。
多分、ほとんどの人が「お前が言うな」と思うことでしょう。
そこにきて娘。時代の話をされるのは、当然ながら現役で活動するメンバーと同時に当時のメンバーであるOGに対しても、変な風評が付きやしないかというところ。
ここにきてハローの癌を野放しにしているUFAが、ハロー枠から出さないのが何となく分かってきましたね。
多分あの人を外に放出したら、オイルショックならぬハローショックが起きかねない為、在籍という足枷をさせているのかなと邪推してしまいます。(個人的に暴露本出すならこの人)
ま、素直に捉えればバラエティ適性が高いので事務所的にはお金になる存在ということもあるでしょうけどね。
とにかくここ最近活動が活発化の兆しのある方ですが、まあゴシップ記者が喜んで飛びつきそうなネタ出してくれそうだから、かえって立ち悪いですね。
あんまり自虐ネタだしていくと周囲が引いていきますよと勝手に忠告。

■レス
>みなみさん
まだハローにおける人気におけるヒエラルキーの頂点は娘。でしょうが、とはいえ単推し傾向が強まった昨今ではいずれバランスが変わるのは必定、すでに兆候も見えていると思っています。
アンチキッズを公言している自分でさえ、全員ではないがキッズの顔と名前がフルネームじゃなくても分かってきたこの事実、ハローの情報を追っかけると少しづつ浸透されているのは避けられないので、ハロー解体することで知りたい情報だけを知るというような、今のハローの弊害を取り除けれるのであれば個人的には推奨していきたいですね。
個人的にはとにかく各ユニットなりメンバー間での色の違いをはっきりさせることが、改革の一歩のような気がします。
もう何年もファンをやっている方にはメンバーのキャラクターを把握した中で見ていると思うのであまり感じないのかもしれませんが、一歩下がった目線で見ると特にもユニット(メロンは除く)間の曲なりでの色の違いをあんまり感じません。
まあ娘。は薄まってはしまっても娘。イズムみたいな雰囲気はまだ感じますが、まあアンチだからかもしれませんが興味のない自分がキッズの2組を比べても、色の違いが分かりません。
これに関してはすでにファンの人よりも、一般目線であることに自信があるので、今一番取り込まなければならない一般層への請求はあまりにも低いと思います。
ま、娘。自体もすでにブランド力で保っているに過ぎないので、各ユニット間の明確な棲み分けと同時に個人のユニット外活動が重要かつ必要なんだと思うんですけどね。
でエルダメンバーですが、個人的にはうまい活かし方が思いつきません。
ソロ歌手として継続できるのは安倍・松浦・藤本(今のまま歌謡曲でいくなら長山洋子という前例もいますが彼女は小さい頃に民謡だかの下地があったはず)だけでしょう。
バラエティはあの人にまかせるとして、正直現状のクイズ番組の人気がなくなればエルダメンバーは大量のソロ人材を抱える事態になるので舞台・演劇方面しかないのかな〜。
なんか事務所の苦慮が分かる気がして、段々事務所批判できなくなってきました。(汗;

ハロー構造改革推進派

■巷でうわさのメガベスト
ん〜こうラインナップを見ていく限り、言葉は適切じゃないと思いますが在庫一掃セールという文句には非常に納得させられる。
これまたリーク情報のあったエルダメンバーのハロー枠からの卒業という話(あくまで噂話なので信じる信じないはあなた次第)も、年始のツアータイトルや今回のメガベストの発売等、実際にどうなるにせよ何となくハローで大きな動きがありそうな雰囲気ではありますよね。
っていうかいずれにせよ、現状のままというのはただジリ貧になっていくだけなのは目に見えているので、ワンダの革命元年というツアータイトルを真に受ければ、やはり年齢層の低いメンバー・ユニットへ本腰を入れていくのではないのかなと思います。
ま、すでにそういう状況ではあるのですが、キッズ・エッグが中心となって加速していきそうな感じですね。
過去いっそのことハローという枠を無くしてしまった方がいいんじゃないかみたいな事を書いた記憶があるのですが、個人的にはむしろハローという括りに縛られない方がソロメンバーの多いエルダにとってはいいことなんじゃないのかなと。
興行的な面でもこれだけソロだらけでライブをするという現状も無理が出てきていると思うし、アイドルという色が強いハローから外して、アーティスティックな活動であったり、バラエティだったり、アイドルというフィルターを外した活動がより大きくできるんじゃないのかなと思うんですが、とはいえ一度付いた色を払拭するまでも変えるまでには時間は掛かると思うんですが、やっぱ現行の興行システム然り、特にも事務所のエルダーメンバーの登用の下手くそ加減にいい加減あきあきしているので、実は噂はかえって実現してほしい一人です。
ただあくまで移籍とかという話ではなく、ハローという括りから一歩外に出た方が個々に動き易いと思うので、ハローの見直し時期は今しかないと思っています。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search