韓流エンタメの襲来

■怒涛の勢い
何だか分かりませんが、ここ1年足らずでK-POPユニットが相次いで日本音楽業界に進出しているようで、昨今自分自身バラエティよりニュースや情報番組を好んで見ているので、最近疎くなってきた自分でも芸能ニュースを見ていると、いやでもぞくぞくとK-POPの波が押し寄せてきているのが分かります。
昨日だったかな、宮根さんが出てる夜の情報番組で丁度K-POPについて現地から特集を組んでいたので何気なく見ていたのですが、まあその番組情報を鵜呑みにすれば、韓国の音楽市場は日本の30分の1なのだとか。(記憶が曖昧なので何十分の1だったと思います。)
しかも毎日14〜15時間レッスンを受けてデビューが3〜4年後だとかで(当然オーディションを勝ち抜いた精鋭でのようで)、まあ娘。の遍歴を知っている者なら昨日まで素人が、今日にはトップアイドルでデビューしているなんてことは周知の事実だったことから、いかに韓国で芸能という業界が厳しいのかが画面を通してわかりました。
事実、まだ本国でデビュー前にも関わらず、すでに日本進出の為日本語をレッスン中だというのだから、アジアの中でも日本のマーケットの重要性がうかがえます。
今は大分落ち着きましたが韓流ブームの時は、どちらかというと日本発信だったのが、丁度逆流しているかのようです。
ちなみに上記のようにちゃんとレッスン期間を設けて、スタイルも良く、歌唱力もあり、ダンスも抜群といったユニットが大挙として押し寄せているのに、肝心の日本の音楽市場は声優が歌手してたり、ちょっと勘違いしちゃった子がいたり、やる気があるんだかないんだかぱっとしないパフォーマンスだったりと、レベルは段違いです。
一応これ書く前にKARAと少女時代のPVは見たのですが、確かにパフォーマンスは凄い。
そこで思い出したのが先ほどの宮根さんの番組時に現地の年輩の俳優との対談した際の、韓国の俳優さんが言った言葉で「今は刺激だけが先行し、感動や感情が伝わってこない(のようなニュアンス)」と言っていたのはまさにこれだなと。
向こうも日本メディアを研究しているんだと思うけど、確かにメディアが食いつきそうな「ヒップダンス」や「美脚」といったファーストインプレッションに刺激の強いものを持ってきているなと感じたと同時に、完成されてしまっているので1・2曲はいいけどすぐ飽きられるんじゃないかなと感じました。
みんな美人だし、スタイルも抜群、同じアジア人だから親近感もある、日本市場には溶け込めやすいんだと思うんですが、いかんせん見た目の個性が薄い。
メディアの取り上げ方次第のような所もありますが、日本人アーティスト(大きい括りで)とは違い、パーソナルの部分が伝わらず、ライト層はすぐ付くとは思いますが、ストーリー性が見えないと日本市場ではグループでは成功しない(特にも女性ユニットは)と思います。
娘。(オーディション落選組からの〜加入・卒業等)然り、AKBの劇場から全国区や、Perfumeの下積み等、日本で女性グループが受け入れられる要素として、そのグループの歴史みたいなものが見えてないとディープなファンまではいかないのかもしれません。
可愛い・きれいだけだったら別に韓流である必要はないですからね。
日本の音楽業界で生き残っていくのは一過性は多々あれど、継続していくものは何かしら個性がある人やグループのような気がしますが、今のところK-POPに関しては一過性にしか見えません。
そういえばハロプロの韓国メンバーはどうなったんですかね?

日常が単調

■ビジネスマンなら当然か
平日は出社して仕事して遅く帰社して家着いて遅い夕飯食って風呂入って小一時間ほどネットや漫画見て寝ての繰り返し。
活字にしたら非常につまらない日常を送っているようですが、まあ実際多少の変化はあっても、劇的に何かが変わるわけでもなく、淡々と毎日を過ごすことに慣れてきているのがちょっと怖い。
必要最低限のコミュ力はあるけど、そう積極的ではないので特段友達の輪が広がるわけでもなく、むしろ年齢を重ねるにつれて希薄になってきた感じはするので、浅い友人はともかく濃い友人とはつるんでいたいなと。
あ、ちょっと今淋しい人生かも・・・。

ひねくれモノ

■健常者として
まあ最近ハロプロがいちゲストでしか来ないので、ほとんど見なくなったのですが、以前から「可哀想だな」と思ったら、それはメディア操作にまんまと乗ってしまっていると感じていて、ある種嫌悪感すら感じている部分もあり、本当にボランティアでやっている人や献身的な介護をされている方、障害を持っている方がメディアを通して訴えることに疑問を持っているのですが、確かに自分の知らない世界がテレビを通して病気への関心や障害者への理解は多少あるんだと思うけど、それが世の中を変えるほどのうねりがあったかと思えば、そう多くないと思います。
うちの田舎でも24時間テレビ寄贈車が走っているので、全国的にもかなりの寄贈車が走り、それを必要とされる方の役には立っているのかなと思って見ているのですが、かといって障碍者の方が理解され、住みやすい世の中とは言えないと思います。
今やバリアフリーや車イスへの対応はこと公共施設においては標準仕様のようですが、もっと必要なのは臓器移植法や新薬の認可、難病とされるものへの研究費投資を国を挙げてやらないと悲しい思いをする人がただ増えていくだけのような気がします。
メディアがただいたずらに同情心を煽るような番組を作るよりも、健常者がやるべき事をやる事を喚起させるような番組が必要なんじゃないかなと。
どこかで募金という名の免罪符を振りかざしてはいませんかね。
ま、そういう自分もエラそうな事は出来ないので、募金で社会貢献しているという悦に浸るくらいと、障碍者を障碍者として見ないし接しないのを心掛けているくらいなので(友人にいるからね)、ちゃんとボランティアなりチャリティーで活動している方々には敬意を払いたいと思うし、病気や怪我で苦しんでいる方々には、もっと頑張れと言いたい。

国民無き民意

■解散総選挙
小沢出馬表明で民主党の内紛が表面化、それを打ち消すかのように親小沢・反小沢などないとのたまう幹部もいるようですが、絶対深い溝はできるだろうし、なにより支持率は派閥においても現首相は不利だからね。
脱小沢を掲げて首相になったんだから、いざとなったら首相権限で解散総選挙でしょうね。
民意を反映したと言って解散すれば、国民への言い訳も効くだろうし、自分の無策からの支持率低下も多少なりとも収まるでしょうし、仮に野党に戻ってもそれなりのポストは維持できるでしょう。
代わって小沢はここしかないというタイミングでの出馬ですね。
本当はもっとダークな面を隠しつつタイミング見てたんだろうけど、むしろ今回の代表選出なければ、民主での要職はもちろん派閥の力の低下、民主党内で大きな力を振るうことすらできなくなるだろうし。
ただ敗戦すれば党分裂を起こしかねないし、ここで出なければ今後政権政党として首相という地位には立てないでしょうから、首相になるラストチャンスなのかもしれません。

ま、個人的にはいい加減経済対策とか、一年議員つかまえて講釈述べるより、やる事あるんじゃないのと強く言いたい。

THEコミックタワー

■消化できない
睡魔に襲われてたり体調不良以外のほぼ日課として寝る前にコミック、まあ漫画なんですがそれを読みながら眠気がきたら寝るみたいな感じなんですけど、ここ数か月怒涛のコミックリリースによりベット脇がエライ事になってます。
前にもちょっと書きましたが、自分新刊が出たら前の巻に戻って読み直すのが一種のルール、物覚えが悪いだけなんですけど、巻と巻の流れが大概不明瞭なのでそうするんですけど、そういうことで結果買った本の倍読む形になっちゃうという悪循環。
ま、新刊買うの控えればいいだけ、できないからこういう状態なんですけどね。
目下2日で2冊(新刊と前巻)ペースで進捗中。

始動

■今更は無しで
ようやく重い腰を上げて(実際は手か)久住卒業記念版のアクセの作成を開始しました。
現時点ではPCがWin7になってソフトの環境も変わったことから、ちょっと作業スピードはかなり遅いですが確実に動いてはいます。
まあ問題はソフトよりもデザイン案というか、素材の活かし方が全く思い浮かばず、いろいろエフェクトやら色調やらで試しては削除の繰り返しで、素材からアクセまでの完成形が見えていません。(汗;
まあ、意外と繰り返していけば形にはなるのかなと以前の経験からはあるのですが
とりあえずちょっと初心に返って、本や広告なんかから良さそうなものあったら、パク・・・いや参考にさせてもらおうと思います。

THE 睡眠

■土・日は完眠日
ま、土曜日は頭痛持ちの方なら分かるかと思うのですが、休日ならではの頭痛による体調不良により朝昼晩風呂以外は寝ているというもったいない休日の過ごし方で、日曜は前日のあおりもあって完全回復とはいかずも起きてはいたのですが、朝遅く起きて、昼寝が夕方までと結局ほぼ寝て終わってしまいました。
これで夜も普通に寝れるから、体調悪い時はいやでも眠くなるから困ったもんです。

逆に不眠で悩まれているような田中さん。
ブログで書くあたり、皆さんが騒ぐほどじゃないと思うよ。
典型的なカマッテちゃんだと思うけどね〜。
そもそもファンが読んでいるブログに心配させるような記述を書く自体、本人もだけど事務所はノーチェックなのかね。
精神的に深刻ならむしろ伏せる案件でしょ。
公にすることで、ファン心理を煽るようにしか感じないだよね〜って一応まだ娘。ファンですからね。(汗;
ただ何事もやり過ぎ書き過ぎは問題だなと。

残暑見舞い

■夏期休暇終了
お盆しか休めないって例年通りなんですが、今年はやたらと短く感じましたね。
ただ暑い中仕事しなくて済むってだけでもありがたい。
とはいえ、すでに仕事が始まっている現状、残暑の真っただ中で作業は、休み明けには体調管理が大変です。
さて、いい加減アクセ回りも作業進めなければならないし、すでに卒業メンバーの発表とカウントダウンが始まっていることから、とりあえず早く再開したいと思うだけで終わっている現状、まずは行動だなと。(汗;
卒業記念とかアーカイブ物とか、当然温めすぎてアイディアがどっかいってしまった物なのど、やりたいことはあるんですが、ま、言い訳に終始してしまうので、ちゃんと形にしないとね。

破壊と創造

■亀井・ジュンジュン・リンリン卒業
一報にあまりショックを受けなくなったのは、ヲタよりファンになったことが大きいと思われ、また娘。は卒業と加入という循環を繰り返さなければならないユニットだと改めて感じた次第。
まあ元々留学生という冠は公然とあったわけで、中国が国を挙げて行うオリンピックと万博も特段大きく絡むわけでもなく、まあ時期的には妥当かなと。
この二人に関しては加入当初から時限式だと思っていたし、中国発のイベント関連に何か絡むのかなと思えば、特段中国人メンバーということを利用するわけでもなかったので、この二人には事務所の無能っぷりの犠牲者なのかなと。
ま、本国で日本の芸能活動が何か活かされるとは思えませんが、いい思い出になってくれればと思います。
ん〜ちょっと冷めた文面だな。(汗;
亀井に関しては、個人的には今の高橋・新垣のように、期という括りで考えれば最後まで残るメンバーだと思っていただけに意外でした。
まあ病気治療に専念ということであれば仕方がないのかもしれませんが、歌・ダンスでは要所を押さえる要だと思っていたので、同じポジションのガキカメコンビが見れなくなるのは残念ですね。
それにしても、娘。自体卒業ばかりが続いていた中で、今回9期メンバーオーディションが発表されたわけですが、やはり閉塞感漂う現メンバーに新しい風を入れてくれることを望みたいと思います。
個人的予想ですが、オーディション3名、エッグから2名の計5名が加入、現メンバー5人と新メンバー5人という構図がちょっと見てみたいです。
やっぱり寂しいというのもあるけど、変化があってこそ娘。のような気もするので、いずれにせよ気持ちよく送り出し、またいい意味で新メンバーには化学反応を起こしてもらいたいなと思います。

メインストリームか?

■認めざるを得ない
久々にファンサイトらしくハロプロネタ。
娘。のフランスでの活動が報道されないまま、国内メディアではハロプロの次世代ともいえる真野やスマイレージの活動が目に見えて分かる現状、緩やかではあるが世代交代はしつつあるのかもしれません。
かくいうアンチキッズを公言している自分ですが、エッグ出身者に関しては非常に寛容というか、むしろ活躍をおおいに期待しています。
キッズもエッグも年齢的には同じくらいだし、当然ながらキッズの方が現役でもあり経験豊富な部分もあるのでしょうが、やはり成り立ち(キッズの合格発表と当時小学生をハロプロ入りさせる抵抗感)がいまだ気に食わないので、ちゃんと研修生としてレッスンを受け、デビューするという手順の方が自分は納得できるな。
そんな訳で、スマイレージに関しては知名度もアイドル戦国時代らしいですが伸びてきているように思うし、自分も抵抗はないのでいずれアクセに登場するかもしれません。
やっぱ、当時娘。の傘の元、スムーズにハロプロ入りした子らよりも、レッスン積んでちょっと(かなりなのか)苦労してデビューしてきた子らの方が、まだ応援できるってもんですよ。
なんだかんだでストーリー性のある方がいいし、興味も湧くってもんです。
あ〜その前に久住の卒業記念アクセ作って、ちゃんと区切りつけないと・・・(汗;
だんだん筆無精ならむアクセ無精になってきちゃってるしね〜。
いかんいかん。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search