事件は海外で起きてるんじゃない!

■国内で起きてるんだっ!!
かなり古いネタを今頃使うのは自分だけだろうな・・・(汗;

娘。のアジアプロモですが国内メディアはジャニーズみたいな報道はしてくれず、残念ながらスルーのようですが、こと海外メディアは大分報道していただけたようで、その可愛さは十分に伝えていただけたかと思います。
まあこれで来年への布石を打ってきたとは思いますが、国内が磐石でないのでそう楽観視もできないかなと。
特にも今年は明るいニュースなんて紺野の復帰くらいなもので、OGや先輩メンバーが色々やらかしてくれるもんだから、特にもハロプロを代表する娘。への風評は酷く、なにかと矢面に立たされたり割を食ってるのは現役メンバーという現状がこれまた残念でなりません。
こういう時だからこそ、現役メンバーや若いメンバーの奮起を期待するのは個人的には酷なような気がします。
これ書くと推しの方々からは怒られそうなんですけど、個人的に娘。のこれ以上の伸びしろは現状あまり期待できないし、かつて自分も夢見た黄金期への復活は夢のまた夢だと感じています。
誤解しないでほしいのは、全然自分の変な期待は裏切ってもらっていいんだけど(むしろ裏切っていただきたい)、上記に書いた理由として以下に感じていることもまた然りあるのです。

まずもって4期以前のメンバーのキャラクターが強烈すぎること。
まあいわゆる黄金期と呼ばれた時のメンバーですから、数々の番組やらヒット曲やらで知名度は抜群なうえ、歌以外にも非凡な才能やキャラクターを発揮していたため、5期以降のメンバーが埋没してしまった。
それと週末毎のライブ活動(収益優先)を中心としたことにより、週末収録のメディア露出が激減し、加えてメンバーの入れ替えが頻繁に起きてしまったこと。
これによりライブ参戦が容易ではない地方ファンや若年者のファンと、都市圏在住である程度お金が自由なファンとの格差、コア層をターゲットにしたイベント、大量のグッズ展開等、ライトファンを取り込むどころか結果的に排除してしまった形になったと思います。
メンバー自身も内輪に走ってしまったために(これに関しては外に発信する機会を与えなかった事務所が悪い)、自分たちのフィールドを狭くしていってしまったと思います。
とかく6期加入以降はアピールの場を対外というよりも、対内にシフトしていった感は否めず、CDに封入したイベント参加にしても、地方は完全に切り捨て、ファン層を広げるところか間口は狭くより深くしてしまったのは結果を見れば失策であったと思わざる得ません。
確かに人口比率からすれば、全国展開して経費かけるよりは都市圏に集中させた方が集客・販売率はいいのでしょう。
それは十分分かるんですが、結果的にファンをふるいにかけたことになってやしませんかね?
もちろんふるいの上に残っているのは、熱心でグッズを買ってくれて何公演もライブに足を運んでくれる上客に他なりません。
アーティストを育てることも大事ですが、合わせてファンを育てることも同じくらい大事なんだと思うんですが、とにかく最近の活動は内輪受けばかりが目につくのが歯がゆくて仕方がありません。(地方ヲタとしてのやっかみもありますが・・・汗;)
個人的には年間公演数減らしても、メディア露出を増やしてほしいし、個人もしくは少人数での外部活動を積極的にしてもらって、どんどん自分を売り込んでいってほしいし、また何かのきっかけを掴んでほしい。
最近ではまさに里田がその好例でしょう。
里田にとってはあまりいいイメージではないのでしょうが、ここ最近のメディア露出を見れば何かしらのきっかけにはなっていると思います。
モーニング娘。って誰しも知っている名前ではあっても、そのメンバーは分からないというのが現状で、それを招いているのは手堅いファンから搾取することばかりしている事務所に他ならないと思っています。
企業として利益を出すこと当然なんですが、売り込むことも企業のスタンスなんじゃないんですかね。
お得意様ばかりをターゲットにした商品開発は、売り上げは見込めるけどいずれ先細りしていくこと明白なはずです。
ファンならハロプロメンバーがそれぞれ持っているいい部分はすでに承知しているので、それを外にも向けてほしいなと願ってやみません。
個人的にはシゲさんの頭の回転の早さには、ある種の光明を感じるんですけどね。

■レス
>みなみさん
相手の身になってみるっていうのは、社会でも大事なことですよね。
とにかくTPOが一部のファンには足らないんだと思います。
こう書いてる自分にも律したいと思います。

ヲタに国境はない?

■訪韓・訪台
本格的なアジア進出の第一歩として、韓国・台湾へのプロモ活動展開中の娘。さんたちですが、何を言っているのか分かりませんが現地のニュースを見る限り、歓迎されているようで何よりです。
親日の台湾では空港にかなりのファンが詰め掛けたようですが、こちらのサイトから空港での様子が報道された台湾の番組を見ることが出来るのですが、どこに国にも居るようで熱狂的を通り越してちょっといっちゃってるフーリガン*1(迷惑かけるやつ同じファンとは思いたくないので)が、面白おかしく取り上げられているようです。
ま、現地人の振りした日本人なのかもしれませんが、なんていうのか世界的にファンの低レベルっぷりを知らしめることは、絶対応援する対象のためにはならないと思うんだけどね〜。
個人的には亀井の引き笑いが全てを物語っているように思います。
まあ100人もいれば変な奴がひとり居てもおかしくないんでしょうけど、日本のみならずファンがアーティストの足引っ張るマネはいかんよね。
娘。に限らずアーティストの格を上げるも下げるもファンの姿勢次第だと常々思っているので、ライブ会場内で羽目外すならともかく、公共の場や他者の目があるようなところではファンの言動=アーティストのイメージに直結していることを自覚してほしいなと。
せっかく熱烈に歓迎してくれていることは、日本のファンとしてもうれしいのですが、本当に一部の自分の欲を満たすことだけを考えているフーリガンのために、アーティストまで好奇の目にさらされるのは非常に悲しいことだし、残念でなりません。
ま、メディアもそういう部分だけ面白がって報道するから余計変なイメージが先行してしまうんだろうけど、そういう隙を作っているのは紛れも無くフーリガンな人のせいだしね。
台湾でのプロモ活動はこれからでしょうから、とにかく何事もなく娘。の良さをアピールできるような活動をしてきてもらいたいし、ファンもなるべく自重していただければと思います。
やっと生で見れる喜びは痛いほど分かりますが、紳士淑女であってほしいと願って止みません。

*1:個人的に他者に迷惑かけることを厭わず、自身の欲に突っ走る奴は同属嫌悪以上に断固許さないし、ファン・ヲタとも思いたくないのでフーリガンと表記。

未来行きの切符

■・・・
まずもってBBSの方、冷静だとか書いちゃってますけど少なからず動揺はしているようです。
愛の無い書き込みだったなと今は思うのですが、それも動揺の裏返しだったのかもしれません。
確かに最近はBBSでも書いた通り、推しとはいえ気持ちが薄らいでいたのは事実だし、多面性が売り(と自分は思っている)なのが、セクシー路線ばかり強調され、色が固定されたことにある種嫌悪感があったし、ライブ参戦の機会もなく、10年記念コンも本人の体調不良で生で見る機会がなかったこと、様々な要因が重なって縁遠い存在になってはいました。
とはいえ、自分を娘。ひいてはハロプロにどっぷり浸からせたくれたのは3期で加入した後藤真希という存在だったし、ある種今のハロプロの形成なり後輩たちに多大な影響を与えてくれたメンバーだったなとリスペクトする存在でした。
その彼女が、ハロプロという枠を外れることに正直メリットは見出せないのですが、とはいえ今の路線を継続することにメリットも感じないし、むしろデメリットの方が大きかったことが、「方向性の違い」という部分なのかもしれません。
後藤真希自身が自分の方向性をどうしたいのか、そういう明確なビジョンがあるからこそのハローからの卒業という決断に至ったんだと思いたいです。
ま、今回はあくまでハロー枠から外れるだけで、事務所移籍等はないようですが、先が見えないだけに不安もあるし、ハロー卒業といっても「元娘。」という世間一般の見解がなくなるわけでもなく、またセクシー路線の弊害が払拭されることもないでしょうから、とにかく新たな活動を見るまでは不安解消とはいかないでしょう。
いずれにせよ、歌手まで辞めたわけではないみたいなので、新たなフィールドで活躍する後藤真希を待ちたいと思います。

個人的に一番ネックなのは、事務所の見解。
過去いろいろあったけれども、事務所のコメントは実現しないことが多いので、当然信じれることができません。
何より本当にハロプロからの卒業だけなのか、ソロ活動継続は本当なのか、信じたいけどどうしても疑心ばかりが頭をよぎります。
頼むからあんまりファンを失望させないでくれと切に願いたい。
個人的に弟の件はきっかけのひとつにはなったろうけど、理由の第一ではないはず。
何となく政治家の答弁みたいで非常に印象が悪い。
それと、とにかくこれに追随するようなメンバーが出てほしくないですね。
確かにハロプロの印象は過去例にないくらい落ちているのは事実でしょう。
ファンの姿勢もさることながら、メンバー内でも問題があったことによる起こるべくして起きた昨今の取り巻く状況だと思います。
個人的にはハロプロという温室から飛び出す勇気は買いますが、どこか心の片隅では敵前逃亡と感じている部分があって、後藤真希の行く末を案じると同時にハロプロの衰退をひしひしと感じます。
中にはハロプロという括りが足枷になっている部分もあるのかもしれないし、それに対して外に出たいと思うメンバーを留めておくことは、ファンのエゴでしかないのは重々分かっているつもりです。
がハロプロという縁も軽視して欲しくない気もあるんですよね。
わがままですよね。(汗;
非常に悲しいことなんですがこれも現実だし、自分自身も特にも今年は揺さぶられっぱなしに疲弊してきています。

とりあえず一報から頭の中では「Do it! Now」がリフレイン中。
後藤真希の未来行きの切符がどこまで続く切符なのか。
自分も未来行きの切符持てるのかな?

みかん

■娘。35枚目
秋コンで初お披露目されたそうで、なにやら評判がいいようなのでタイトルが?な分期待してたんですが、ラジオで初聴きした感じでは正直微妙かな。
確かにライブ向きな感じはなんとなく分かるんですが、少なくても曲単体ではイマイチというか、娘。らしいといえばそういう楽曲なんだろうけど、インパクトに欠けるというか、耳に残るフレーズがあまりないというのが第一印象。
ま、娘。の場合はダンスや衣装含みでの曲評価(自分の中でですけどね)なんで、PVを見てどう変わるかな。
しかし、「You Gotta Chance」というフレーズ、なぜか吉川の曲が出てきてしまうんですけど。(汗わら

ベスト盤

■10年という月日
10年という歳月を経て築き上げたモーニング娘。という歴史。
傍から見れば「ただのアイドル」なんでしょうけど、「ただのアイドル」であってもここまでの知名度とある程度の人気を継続できているのは、明るく元気な面はもちろん、そこに至るまでのドラマをファンは知っているからに他ならないと思っています。
今では残念ながらテレビを通じて彼女たちの努力・葛藤を見る機会はありませんが、自分がハマル原因となった3期後藤真希が、合格からすぐさまエンターテイメントの世界に放り込まれる様、1週間に10曲(だったかな?)覚える試練、その後の緊張・重責から開放され思わず号泣する姿など、普通の少女が歌手として成長していくドラマをリアルタイムで追体験できたことが他のアイドルとは大きくかけ離れた点だと思います。
ま、そういう手法にまんまとはまった口なんですが(わら)、その10年を記念して発売されたベスト盤、古いファンほど過去に発売されたベスト盤やシングルを持っているので、目新しさはないのかもしれませんが、このベスト盤こそ10年を振り返るためのキーアイテムなんだと思います。
メンバーはもちろんなんですが、ファンにとっても初めて生でライブを体験した感動然り、今一度振り返るべきなのかもしれません。
あの初めてメンバーを見た時の鳥肌が立つような感覚忘れてはいませんか?
レスもらうこと、振り真似することに必死になってはしませんか?
初めて娘。を見た時の純粋な気持ちには戻れないと思いますが、次のライブ見れる機会があったら、出来るだけ気持ちをまっさらにしてライブ楽しめたらなと思います。

■レス
>みなみさん
WMPよりもWinampは軽いとは思いますが、それでもまだプレーヤーとしては重い部類なんでしょうけど、自分もスキン使いたいがために使っているようなもんです。
現在ちょっと仕事が忙しいので作成自体は停滞気味ですが、なるべく早いうちに公開して皆さんのご意見いただきたいと思います。

ま、天狗の鼻はいずれ折れるということで。

近況

■相変わらずスキン作成
一週間振りの更新になりますが、先週プレ公開したWinamp5用のモダンスキンを集中作業してました。
プレーヤー部分以上に作業が困難だったプレイリスト等のコンポーネント部分のデザイン及び調節が非常に難航しまして、完成したのは19日でしたかね。
今は本公開に向けてデフォルトのメイン画像をせっせと作っています。
正直需要も大して無いと思いながらの作業なんですが、かねてからWinampのクラシックスキンの作成手間が足枷となって、なかなか更新頻度が高まらなかったのですが、今回あえてガワは統一仕様にして画像だけ入れ替えることで、作成手間の軽減と画像作成の集中化を果たせるんじゃないかなと思っています。
もちろん今回の作成におけるノウハウも今後新たなスキンを生み出す糧になるかと思います。
なお、Winamp5用スキンということで従来のクラシックスキンはそのまま公開継続し、メッセのアイコンをコンテンツより外したいと思います。
もしまだご入用の方いましたらお早めにDLしてください。

■アジア進出〜序章〜
いよいよおそらく来年本格的に動くであろう娘。のアジア進出に向けて、韓国・台湾それぞれイベントがあるようで。
ま、肝心の国内が芳しくない状況下では、メンバー各位には何かしら自身の糧となるような経験をしてきてほしいと思うのですが、ひとつお願いがあります。
帰国してきた後は、ことあることに「韓国は〜」とか「台湾は〜」とかの発言をなるべく控えてほしいです。
今思えばなんですが、自身の推しでもあったごっちんへの言い知れぬ距離感を感じたのは、後藤が韓国でCDデビューしたあとの、テレビ・雑誌・ラジオ等々で盛んに「韓国」の話題に上がっていた当時、非常に寂しい思いをしました。
行って帰ってきた辺りはいいんですが、できれば何ヶ月にも渡っての話題にはしてほしくないかなと。
ま〜エゴっちゃ〜エゴなんだけどね。

■画に描いたような転落人生
バカだね〜。
沢○然り、亀○然り、コメンテーターが言う「まだまだ若いんだから・・・」というのは免罪符にはならんぞと。
善悪の判断くらいつく歳だろうに、自分の行動に責任なりけじめつけれないなら初めからするなと言いたい。

プレ公開

■Winamp5モダンスキン
かねてからスキンの構成等々勉強を重ねていたWinamp5用のモダンスキン、なんとかプレーヤー部分までは動かせるようにはしてみました。
当然まだブラッシュアップかけますし、プレイリスト等のコンポーネントのデザインがあるので、スキンとして完成するまでもう少し掛かりそうですが、しばらくはプレ公開として幅広く皆さんのご意見を聞かせていただきたいなと。
あんまり不具合報告は聞きたくないのですが(汗;)、お使いの環境での不具合、もちろん完動報告もいただけると助かります。
ちなみに既知の不具合としては、曲タイトルが本来表示されている部分から下にずれる時がありますが、本来表示されるべきタイトルバック上部をクリックしますと、元の位置に戻ります。
なお上記不具合は現在原因が全く分からないため、解決方法知ってる方いましたらぜひ教えてください。

ちなみに本スキンのメイン機能でもある画像のチェンジ機能ですが、過去この日記でも紹介したiChangeスキンの作者様からスクリプトの使用許可をいただき、当スキン用にコンパイルし直したスクリプトを使用しています。

【selfstyle prever】
ss_prever.jpg

ダウンロード

【使用方法】
このスキンでは全10枚の画像をお好みで入れ替えできます。
現在はプレ版なので、当サイトで公開中の壁紙から、このスキン用にリサイズしてPNG形式で同梱しています。
mainimageフォルダに入っている画像をファイル名変えずにそのまま上書きして入れてください。
(デフォルト画像残す場合はリネームしてね)
使用できる画像はPNG形式で200×150サイズ、一応1024×768サイズの壁紙がそのまま縮小できるサイズにしています。
PNG形式なので上記サムネイルのようにアルファチャンネルを含む画像も使用できます。
プレーヤー上での画像チェンジは、操作パネル左上部の四角に三角ついたボタンで変えることができます。
他操作パネルについては通常のWinampに準拠しています。

とりあえずプレ公開までこぎつけましたが、コンポーネントデザインで大分苦労しています。
伸張部分があるため、座標指定が結構シビアでなかなか合ってくれません。
ノウハウ貯めるためにもトライ&エラーの毎日です。(汗わら

■レス
>みなみさん
交通事故は他人事じゃないからな〜。
自分も襟を正したいと思います。
最近何かと国民はバッシングで憂さ晴らししているような気がしますね。
ま、自分もその一人なんですが。(汗;

ストイックたれ

■影響力
一報から数日経ちましたが、相変わらずバカみたいに擁護する派と否定派、だんだんと責任云々から処罰云々と、ぶっちゃけファンサイトでファン同士が意見ぶつけたところで意味なくね?
社会的制裁なら、告発自体の着地地点は分かりませんが、刑法による罰なり、示談で済むなりしても本人・当事者間及び報道されたことで少なくても社会的制裁は受けたと思うんですけどね。
それに輪をかけて活動自粛云々はどうかと思いますが?
確かに芸能人である以上、社会における影響力は、一般人の比ではないでしょうが、活動自粛したからといって被害者の怪我がすぐさま治るわけでもなく、活動自粛をファンへの責任の取り方にするのではなく、被害者に誠意を持ってあたることこそが責任の取り方だと思いますけどね。

一部ファンサイトさんでは、こういう時に「被害者が軽傷でよかった」とか「なっちに怪我がなくよかった」(これは前文があってこその書き込みであって、被害者に配慮なしでは書いてはいけないと思います。)と書くファンに向けて、ファンからも被害者に誠意をもって謝るような一文を書くべきみたいなものを見ましたが、それって違くね?
「軽傷でよかったですね」というのは、被害者への十分な気遣いではないでしょうか。
被害者が加害者の関係者(ファンを含む)から謝られたところで何か心情的に働くものってあります?
まあ相手もどうとるかによると思いますが、やはり何よりなっちが謝罪すればいいだけの話で、ファンは出る幕ではないと思います。
それこそ越権行為(別に権利はないんですけど)でしかないのでは?
何にしてもファンは叱咤激励しかできないはずです。
相手を気遣う言葉も大事ですが、それこそ余計なお世話、善意の押し売りのような気がします。

また事務所批判、自動車運転の是非までもが事故の原因にあるように考えるのはナンセンスです。
むしろ問題なのは、いわば自分自身、身体・顔・声などが資本である仕事をしている中で、どこまで自分に厳しくなれるかだと思うのですが、あるアスリートは怪我を起こす原因を極力排除するために自分では運転しない、というのをどこかで聞いた覚えがあります。
車というものを使う以上いくら同乗していても安全とは限りませんが、とはいえ疲れている身体で無理をして運転しないという姿勢は、ストイックなまでの自己管理を伺えます。
まあそこまで徹底しろとは思いませんが、少なくても現役で活動している以上は、自分に厳しくするべきではないかなと。
昨今のハロプロは黎明期のようなプロ意識は大分薄れているんじゃないかなと、これが今年になって色んな形で噴出しているんじゃないかなって思います。

車を運転している人は当然ながら誰しも事故を起こそうと運転している訳でもないし、自分では気をつけて運転しているつもりでしょう。
ただ人間が関わる全ての事象において完璧でミスがないというのは絶対に存在せず、ヒューマンエラーは誰にでも起こりうることなはずです。
起きない為の措置、起きた後の処置、リスク管理が大事だということをなっちは身を持って勉強したんだと思います。
誰だって起こりうること、それが今回はなっちだったということです。
自分も運転しない日はないといっても過言ではないので、常に運転に掛かるリスクは背負ってるつもりなんですけど、自分も過去カマほったりほられたりはしてきたので、幸い大きな事故は経験していませんが、それでもいい勉強(非常に苦い経験ですが)にはなってると思います。
もちろん安全運転で無事故が望ましいのですよ。(わら

災厄再び

■なっち交通事故
よくある事故っちゃ事故ですよ。
車側から車道に出る際の右方向のバイクや、間に歩道があれば両側からの歩行者や自転車など、自分も普段運転する身としては何より気をつけるケースなんですが、若葉マークのなっちさん、やっちゃいましたね。(苦;
ラジオでも免許取った話してましたが、よくなっちで免許取れたな〜と思っていまして、事務所もよく許可したなと(この経緯も長年社長に言い続けたとか)、結果的には怪我された方は災難でしたが、まあ大事に至らなくてよかったと思います。
これでなっち以下、年長組のメンバーが免許取りの許可は下りなくなったことでしょうね。
可哀想ではあるけれど、車って便利(自分にとっては生活の一部ですが)な反面、いくら自分が気をつけて運転しても、もらい事故等危険と隣り合わせは変わらないので、特にも身体が資本なメンバーの方々には少し自重していただければなと思います。
ま、どの程度なのかは分かりかねますが、軽症で済んだなら示談で済みそうな気もするんですが、有名人が仇となるのかな〜。
なっちに非があることは間違いないようなのですが、自身の秋ライブやら控えてる中で結構痛いことですよこれは。
なっちの場合、過去云々を振り返っても無自覚で先を考えない行動で何かとやらかしてしまうのですが、とはいえもういい大人なんだから、自分の置かれている立場・ポジションを鑑みて行動してほしいな〜。
事務所的にはどういう判断下すのかな。

願わくば、今年一連の災厄はこれにて打ち止めになってほしいと切に思います。

消滅の危機

■更新忘れ
結構早めにレンタルサーバーから、ドメイン更新の案内来ていたんですが、ものの見事に忘れてまして更新期日から5日経ってしまってまして、いや〜あせったあせった。(汗;
急いでサーバーサポに電話して何とか更新手続きできないか交渉して、即日振り込み手続きして何とかドメイン更新でき(と思う)ました。
実際有効期日は来月初めまであるので、それまではドメイン動いていると思いますが、もし仮にアクセスできなくなったらそういうことです。(わら
ま、サポのお姉さんが大丈夫ですよって言ってくれたんで、無事更新手続きは進んでいると思いますけどね。
一時再度新しいドメイン取って、URL変更のお知らせしないととあせってしまいました。
電話で確認しといてよかったです。

■近況
現在目下作業中なのは、Winampのモダンスキンのデザイン。
ガワを作ってしまって、そこに画像組み込むタイプを模索しているのですが、どうしても以前出会ったiChange x240スキンに似通ってしまうんですよね。(汗;
どこかでオリジナリティは出したいので現在も模索中です。
また同スキンの作者様からスクリプトの使用許可(一応お断りしてからと思って問い合わせしておいた)いただいたので、どうしても実装したかった画像ファイルを自分で好きに組み込める仕様が固まってきましたので、現在ノリノリで作業中。
ただxmlとか素人も甚だしいので、いずれサイト上でテスター募集かけたいと思います。
基本的にハロ系サイトな手前メイン画像はハローのメンバーになってしまいますが、画像は自分が好きなものに入れ替えられる予定ですので、それこそ萌え系だろうが風景だろうがペットの写真とか他のアーティストで飾られるWinampスキンにするつもりです。
一応そういうことも踏まえて、ガワ自体は極力シンプルにしたいし、デザイン含め今後もバージョンアップできるような育てるスキンにするつもりです。
そんなわけでテスター募集の際は、ぜひとも協力をお願いします。

ちなみに他アクセも並行して作業中。

縁の切れ目が・・・

■加入している意義
郵便局が民営化なったおかげか、心なし配達が遅くなった気がしていた矢先に届いていた青封筒。
すでにネットで情報仕入れているので確認程度で見るだけなんですが、今回も参加申し込みも購入するのも全く無し。
今年に入って10年記念コン以外はFC利用していないんじゃないかな〜。
正直加入している意義を見失いかけているところで今回の会員改訂だったでしょ。
え〜もうSP会員なる気満々ですよ。
例え地方公演が削られようと、かすかな期待に賭けている部分もあるし、何よりおとめコンみたいな最前引き当てる可能性も無きにしも非ずでしょ。
一度あの空間を体験してしまうと、なかなかそう簡単にはヲタ辞められませんな。
いい匂いだったのは言うまでもない。(わら
EX席という甘美な誘惑もあるし、こういう下手なところでヲタの袖引っ張るのが上手いんだからな〜。
悔しいけれど、FCの思惑通りに動いてしまいます。(わら

しかし、ただでさえFCまで入ってくれて、ほぼ無条件で金落としてくれるファン相手に待遇改善してくれるのは、そうとう会員離れが進んでいるんじゃないかなと邪推してしまうんですが、とにもかくにもライブを見たい人が見れるようなFCであってほしいですね。

■レス
>みなみさん
現状維持が今は精一杯なんじゃないですかね。
それと少なくてもマーケティングはほとんどしていないと思っています。
もしちゃんと市場調査をした上で、奇をてらったものを展開しているのであれば、もう少し真っ当なものが出来ていたはずです。
どうも昨今のUFAの特にもデザイン部門(があるかどうか知りませんが)、もしくは最終決定を下す人物のセンスがあまりにも酷い。
パフォーマンスは全く落ちていないのに、肝心のガワが陳腐では非常にもったいない。
企業だから目先の利益重視も十分分かるんですが、とにかく流行りに乗れとは言わないが、世間では何が望まれているのか、マーケティングはしっかりやってほしいと思います。

PSP壁紙ですが、流用ばかりで新鮮味がないですよね。(汗;
前にPSP専用で作ったこともあるのですが、作っているうちにPC用にもしたいなという欲が出てくるんですよね。
ま、あまり写真集素材からPC用壁紙作らないので、PSP用にどんどん投入していっていきたいとは思っています。

別に・・・(わら

■個性っていえば個性だが
前々から高圧的なキャラクター(かどうか分かりませんが)で注目されてきた沢尻さん、今までマスコミにネタ提供して面白おかしく取り上げられていたのに、さすがに度を行き過ぎたのか今度はバッシングの嵐のようで、まああの初日挨拶はさすがに駄目だろうね〜。
個人的には調子に乗るタイプは好かん人なので、むしろ今まで散々調子づかせたマスコミ・関係各社にも問題あるだろうと思うのですが、個性押すにしてもキャラクターにせよ、最低限テレビに出る影響力のある人としての線引きはあってしかるべきだと思うし、自業自得なうえ同情の余地なしといったところですかね。
ま、謝罪文にしても諸悪の根源なんて引用使ってましたが、諸悪といってもアンタ一人が引き起こしたことだろうと、ちょっと日本語の使い方間違ってるんじゃないのと軽くツッコミ入れながら、ことキャラクター戦略について、ハロプロも例外ではないような気がします。

調子乗ってるとか勘違いしているメンバーがいるということではないのですが、ことあけすけに話したり、自分を包み隠さず表現する(それ自体がキャラクターかもしれませんが)タレントさんの多くは自由奔放な言動や行動が共感されると同時に、時にそれが仇となって自己破滅する方々が多いような気がします。
越えてはならない線を越えてしまった時、友好的な記事を書いていたマスコミはバッシングの記事になり、ファンの声は怒号・罵声へと変わる、マスコミに扇動されている感も否めませんが、我が強いキャラクターで活動することは絶大な人気を得ると同時に、ちょっとしたことで急転直下する危うい戦略だと思います。
共感と反発(嫌悪)がまさに紙一重なんだな〜と、でも線引きさせ間違わなければと思うので、ハローにも自然体で活動しているメンバーには、ある種生きた教材にしてほしいかなと思いましたね。
個人的には「別に・・・」が今年一番の流行語になりそうです。(わら

■ハロプロという足枷
前回の記事にもちょっと書いたんですが、今年上半期の様々な出来事は、UFAにとってもファンにとっても大打撃を与えるものばかりだったんですが、本来慶事であるはずのものまで、結果的には色々やり玉に上がる始末で、プラスになるどころかマイナス要素ばかりが出てしまった感があります。
普段アイドルというカテゴリーで活動しているメンバーにとっては、事務所との契約以外にもファンとの不文律なるものが存在していると思っているのですが、ことハロプロにとっては10年という歳月もあって、ハロプロという囲いに収まらない部分が出てきてやしないかなと思う部分もあり、また足枷になってやしないかなと思っています。
年齢の若い下からの底上げも確かにしていると思いますが、こと冬ハロのエルダーメンバーを見れば、ハロプロという縛りを解いてもいいんじゃないかなと思うんですけどね。
ハロプロという大きな枠の存在理由が、夏冬の合同コンサートするためだけなら、むしろファン自体が細分化している現状全く意味がないし、かえって単体ライブをしてくれた方が地方にとってもいいと思うんですけどね。
上半期のようにハロプロという枠のせいで、違うユニット・ソロ間で干渉し合うようでは、お互い何にも得にならないし、マイナス面だけが強調されてしまうと思います。
いまだ娘。OGに元娘。という冠が外れないのは、そういう枠内で活動している以上無理なんじゃないかな。
歴史の継承も確かに大事だが、新しいことをするには何かを壊さないといけないように思うんですけどね。

■レス
>みなみさん
まあ、ジャニーズと違って女性アイドル集団が10年以上も存在し続けることが過去の芸能界にも無かったと思うし、もちろん事務所にとっても未知の領域なんだと思います。
手探りでやってる感は何となく分かるんですが、ほんとにマーケティングしてんのと疑いたくなるようなリリース群(各タイトルやジャケ写等)や、グッズ攻勢にはファンをなんだと思っているのか甚だ疑問だし、そういう部分が所属タレントに対しても出てるんじゃないかなと思います。
結構ネット回りしているような雰囲気も感じるので、ファンサイト巡ってたらファンの声がどんなものか分かっているはずなんですけどね〜。
信者サイトしか見ていないのだったら話は別ですが・・・(汗わら

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search