復活!

■久住小春壁紙12
やっと公開というか完成したというか、素材自体はすでに卒業してすぐに決めていたのですが、形にするのに大分かかってしまいまして、とりあえずまだハロヲタ・・・いや、現場離れしたのでハロファンに位下げしましたが、ファンであることは証明できたかなと。
仕上げはここ1ヵ月くらいで進めていたのですが、昨今のPCのワイド解像度が大きくなってきていることから、今作からワイド解像度は1600×900に拡張しました。
WXGA++が一般的サイズかは、うちのアクセス解析見てもネット検索かけても正直よく分かりませんでしたが、Perfumeの公式壁紙のワイド版がこのサイズだったのと、ちょうど新調したうちのPCもこのサイズなので、とりあえずワイド版はこのサイズで今後作成していきます。
しかし今回素材を写真集からにしたので、ワイドサイズに調整するのに大分苦労しました。
もちろんワイド版から通常サイズへの転用も踏まえながらの作成なので、実作業サイズは前よりちょっと複雑です。
今後も写真集素材は何でもかんでもとはいかないと思うので、大分吟味が必要でしょうね。
とりあえず今回新しくした処理は、一眼レフで撮ったように対象にピントがあって、背景はボケているみたいな雰囲気に最終的に落ち着いたのですが、Photoshopを活かせていないので、おそらくフィルタ類で簡単に処理できるんだと思うんですが、対象=久住2層、背景=3層と重ねてやっと思い通りの画になったという見た目以上に手間かけてます。
その分ロゴ配置は最後まで難航して、画面からはみ出すパターンとかななめ表示とかグラデパターンとかフォントも色々試してはみたんですが、素材の青空と緑になかなかフィットせず、結局シンプルイズベストということで落ち着きました。
蛇足気味ですが、一応卒業記念版ということでご了承ください。

■今がピークか?
さすがに興味の無い自分でもメディア露出の激しいAKB陣営ですが、何やらソロだユニットだと次々発生しているようで、ちょっと前のハロファンならいやな予感しか漂わない既視感に襲われています。
今思うと、人気絶頂期のハローの再構築、ユニット乱発は、凋落の陰りでしかなかったなと思うのですが、あちらはハローと違って所属事務所が違う者の集合体、個人の名前が分からないからですが、今のAKB人気=認知は認めざるを得ないので、それが各自の所属事務所がAKBという看板を使ってユニット攻勢に出ているとしたら、歴史は繰り返すと言わざるを得ません。
当時ハローは各メンバーの世間一般への浸透を怠りました。
モーニング娘。という大きな看板と、特出したメンバーを各ユニットに配置し、ユニットを乱発しましたが、結果ファンが分散しただけで世間一般へは、マニアが追いかけるアイドルグループというイメージを植え付けてしまったことから、どんどんマニアックな道をひた走る悪循環を続け、今に至るという現実がまずもってあります。
確かにメディアへのプロデュース力では秋元Pには、つんくPは到底敵わないでしょう。
大手広告代理店がいたとしてもね。
ただユニット内ユニットの結成は、ハローも過去にタンポポやプッチモニ。・ミニモニ。といった成功例はあるので特に問題ないと思うのですが、ハローもでしたが大所帯だからこそ乱発してしまうのは、絶対成功しないといっていいと思います。
ハローにも言えるのですが、ユニット内ユニットやソロ活動はやった方がいいと思いますが、個々の知名度アップを最優先し、その策として安易なユニット乱発は自身の大きな看板の屋台骨さえ危うくする危険性が高くなるといっていいと思います。
個人的には興味がないので、どう転んでもいいのですが、アイドル産業は以前のハロー独断場というより、ちょっと混沌としていた方が絶対面白いと思うので、個人的にはいい競争相手として、ハローここに復活という機会を見てみたいと思います。

アクセ近況

■久々に真剣モード
やっと時間とも精神的にも余裕が出てきたので、久住卒業記念版を鋭意作成中。(いつまで言っているのかというのは置いといて)
大分形になってきており、久々とはいえ過去にない処理を改めてやってたり、試行錯誤を繰り返している現在ですが、あとはロゴ周りをデザインできれば完成というところまで進んでいます。
いっそのことロゴ入れないという選択肢もあったのですが、今まででも入れていたという姿勢を崩すことに何かしら抵抗があったので、半分意地でも入れようと、これまた試行錯誤を繰り返しています。
今現在はちょっと凝ったフォントをいじって配置しているのですが、いまいちバランスが悪いので、いっそシンプルにしようかと模索中。
すでに卒業してから1年以上経過してますが、まあ久住小春単体モノとして捉えてもらったらと、寛大な心でよろしくお願いします。(汗わら

アーカイブシリーズも復活させないと。

民主化の目覚め

■対岸の火事とはいえず
強権政権を維持してきた中東の各国がデモで騒乱している中、一党独裁の共産圏でも他人事ではなさそうで、言論封じやメディア規制の限界をいい加減感じるべきだろうと。
いまや残念ながらGDP、日本を抜いて経済大国となったからには、国際社会の目を意識しないといけないと思うんですよね。
まあ、中東の方はまだ根が深そうだし、民主化となっても国として確立されるにはまだまだ時間がかかるだろうから、目に見えて影響出そうなのは石油でしょうか。
何かじわじわ値上がりしているようにも感じるんですけどね。

■アクセ近況
ちゃんと作ってます。
遅くに遅くなっていますが、久住の卒業記念版を制作中ですが、今作品からワイド版のサイズを1600×900に拡大します。
横に長くだけなんで余裕って思ってましたが、意外と調整が大変そうです。
また自分で首絞めている状態・・・。

フェチにはたまらん

■外交官黒田
前にドラマは見ない方だと書いた記憶があるのですが、昨今刑事モノやサスペンスモノの面白さが分かりまして、今季ドラマでいうと「CONTROL」・「相棒」・「外交官黒田」・「LADY」を毎週見ております。
で相棒はシリーズ物なので今更感想などは書くほどのことはないと思うので割愛。
「CONTROL」は初回に本当に犯罪心理学をベースにしているのかと思うほど、教授の存在意義が皆無だったのですが、回を重ねる毎に教授の位置づけは、あくまで結果に至るサポートに徹しているところが、同期の「LADY」とは違ったところですかね。
ま、個人的な見所は松下奈緒の何気にナイスバディにタイトな衣装ですかね。(照;
逆に「LADY」に至っては、初回多角的な犯罪心理学からのアプローチという場面が多く、警察組織の中の異質な集団が事件解決に導いていくといった印象だったんですが、こちらは回を追う毎に犯罪心理学の描写が薄くなってきています。
かえって意味深なラストカットばかりで、サスペンス色が出てきてしまい、多角的な犯罪心理のロジックがドラマに活かされなくなっていってないかと思いますね。
で毛色のちょっと違う「外交官黒田」ですが、織田の演技は賛否あるみたいですけど、個人的にはやっぱ「踊る」の印象が強いから、ポーカーフェイスな演技は返って新鮮ですけどね。
アマルフィも見ていたのでTV版はすんなり入っていけましたが、こちらは謎解きメインなので、毎週明かされる各々の人間関係や背景にあるものを想像しながら見るには申し分なし。
で、何といってもOLスーツフェチとしては、目力の強い柴咲コウ演じる役が、今までのドラマの印象と違って非常に弱気な刑事というギャップと、腰から下が強調されるタイトなスーツに限る。
オヤジ目線なのは重々承知、だって男だもん。
やっぱドラマはヒロイン次第だな。(わら

生存なう

■twitterしてないので書きたかっただけ
〜なう、ってもしかしてもう時代遅れだったりします?
もうSNSとかtwitterとか、Facebookやれ、ネットの情報発信するためのコミュニケーションツールブームに全く乗ってないわけですが、実際ブログすら停滞してる有様ですからね。
というわけで、まだサイト活動はしているつもり。
すでに半年以上もアクセ公開してなからな〜さすがに閉鎖したと思われても仕方ないかも。
まあ半分維持でも閉鎖はしないと決めて、ちゃんとサーバーの更新もしていますので、気長にお待ちください。
一応作りかけはあるんですが、完成になかなか至りません。
やっぱ飽きてきてるのかな・・・いやいや忙しいにも事実、まだ頑張るぞと。

Profile

image
MIB
しがないアクセ作者

現在コメント受付
停止中

コメントはBBSまで

New Entries

Comment

Categories

Archives(4208)

Link

Search